2021年01月28日

冷えた空に輝く月…(2021.01.28)

「0℃からプラス1℃」というような次元の気温帯と、「氷点下5℃を割り込み、時には氷点下10℃を伺うような…」という次元の気温帯とが「短い周期」で入替るような感…最近の当地の状況だ…

今日はその「氷点下5℃を割り込み、時には氷点下10℃を伺うような…」という状態の側だ…俄かに温度が下がってしまったが、同時に「荒天への注意喚起」ということも為されている…

↓そんな夕刻に、何となく戸外に佇んだ…
28-01-2021 evening (2)
↑空気は冷えている…が…とりあえず風は弱く降雪も無い…天候は「本当に下り坂?」と思いながら見上げれば、何やら月が眩しい…月は「冷えている夜空」というものが殊更に似合うのかもしれない…

こういう様子に心が動いた時、愛用の<X100F>は非常に頼もしい存在だ…「一寸…」と引っ張り出して写真を撮ってみるのだ…
posted by Charlie at 20:10| Comment(0) | HDR/稚内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥居…:早朝の北門神社(2020.12.11)

↓凍る路面…未だ消えない街灯の列…薄明るくなった東寄りの空と雲…そして佇む大きな鳥居…
11-12-2020 morning (2)
↑「この時季の空気感」とでも呼ぶべきモノを感じる眺めだと思った…

時には、こういう様子を何気なく眺めるべく、一寸だけ戸外に出てみることも悪くはないと思う…

そして、こういう「氷…」という感じが「少し違う様相…」になって来ていると振り返っていた…
posted by Charlie at 06:34| Comment(0) | HDR/稚内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする