2021年01月23日

永代橋(えいたいばし)…(2020.12.26)

↓隅田川に架かる永代橋の辺りに至った…
26-12-2020 Tokyo (1)
↑これは「江東区佐賀」という住所の側、東岸である。隅田川に沿って設けられた遊歩道に下りて眺めてみた…

永代橋は橋長が184.7mで幅は25mであるという。

1698(元禄11)年、徳川綱吉が将軍であった時代に初めて架橋されたが、20年程を経て幕府が財政難を理由に維持補修を止めてしまった。しかし住民の嘆願で橋はそのまま在った。その橋は1807(文化4)年に祭に集まった人達が大勢殺到したことが契機になって“落橋事故”ということになってしまい、転落、死傷者、行方不明者が1400人以上にもなったと伝えられているという。そしてその後、橋は再建された。

明治時代には鉄橋化された。1897(明治30)年のことである。頑丈であったことから、1904(明治37)年には路面電車も橋を通った。そういう頑丈な鉄橋であった他方、橋底の基部や橋板に木材を使用していたことから、1923(大正12)年の<関東大震災>で拡がった大火災の中で橋が炎上してしまった。

そういう経過を辿った永代橋は、<関東大震災>の後の復興という流れの中、1926(大正15)年に現在の姿で登場している。

↓辺りの遊歩道を歩いて、橋の下を通り抜けた…
26-12-2020 Tokyo (2)

思い付いての散策で、こういう歴史在る橋梁を眺めるというのは実に愉しい。
posted by Charlie at 02:32| Comment(0) | HDR/2020年12月の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする