2020年12月16日

海側から望む中央地区…:稚内(2020.12.15)

↓左側に稚内駅と周辺の建物…真中、丘陵の上が<稚内市開基百年記念塔>…右側には背が高い宿泊施設の建物が目立つ…
15-12-2020 morning (10)
↑少し前の積雪が凍ってしまっている上に「吹き散った…」という感の薄い積雪のコンクリート面…そんな場所の向こうに稚内の中央地区が拡がっている…

中央埠頭辺りを少し眺め、引揚げようと振り返った時に視た様子だ。丘陵の向こう、日本海側からやや強い風が吹き込んでいたのか?身体の正面に刺さるような冷たい風が当たった…

「稚内の…“冬”…」というのは、概ねこういうようなイメージかもしれない…そんなことを考えながら、手が酷く冷たくなってしまったことが気に懸っていたのだった…
posted by Charlie at 06:05| Comment(0) | HDR/稚内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

稚内港中央埠頭を望む冷えた早朝…(2020.12.15)

拙宅の玄関前で戸外の様子を伺ってみた。その段階で「酷く冷えた状態が続いている…」というのは判った…

それでも或る種の「怖いモノ視たさ…」にやや近い感覚で、「極々短い散策」と称して戸外を歩いてみた…

↓中央埠頭を望んでみた…
15-12-2020 morning (5)
↑出航に向けて待機中である2隻のフェリーの手前に、大きな貨物船―セメント会社の船と見受けられる…―が停泊していた…

↓埠頭上に薄目な積雪は在るが、「強風で吹き散っている」という感だ…佇んでいても、やや強い冷たい風が身体に刺さるかのようだった…
15-12-2020 morning (6)

↓「曖昧な明るさ」とでも呼べば好いか?雲がやや多い中に、早朝の光が漏れるような感である…そして風が海面に波紋を造っている…
15-12-2020 morning (9)

こういう風情を眺めるのは好いが…冷たい風が厳しいので、正しく「極々短い散策」というもので、直ぐに引揚げた…
posted by Charlie at 06:03| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

稚内港北防波堤ドーム(2020.12.15)

↓正直、こういう様子を眺めて佇むことが少々キツいと思った…氷点下5℃程度で冷たい風が吹き抜けている。その風が身体に突き刺さるかのような感だったのだ…
15-12-2020 morning (3)
↑稚内港北防波堤ドーム手前の広場は、積雪が斑になっている。これは降って積もるべき雪が、吹き抜ける風でランダムに「吹き散らされる」ということが続いていた結果として発生する状態である…

この辺りでは、「降雪状態」のことを「吹く」と呼ぶ場合が在る。「(雪が)降ってきた…」ではなく、「吹いてきた…」という人が存外に多く見受けられる…

未だ積雪量は然程でもないように見受けられるが…段々と“冬季”が進んでいるような感だ…
posted by Charlie at 05:59| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月13日

早朝の月と稚内港北防波堤ドーム…(2020.12.12)

↓早朝に「月が未だ視える…」という状況に出くわすのが、個人的には何となく好きだ…
12-12-2020 morning (3)

↓海岸部から陸側へ廻り込んでみる…
12-12-2020 morning (7)

↓この辺りでも月は視えた…
12-12-2020 morning (8)

とりあえず積雪が少なく、凍った箇所がやや広く見受けられるような感じだ…少し「天候が悪い期間」が近付いているとの説も…

そんな様子に想いを巡らせ、冷えた朝の景色を何となく愉しんだ休日だった…
posted by Charlie at 06:46| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月12日

稚内港中央埠頭を望む…(2020.12.12)

特段に降雪が在った気配―些かの積雪らしきもの…―は感じられず、風は微弱であった他方、「空気が冷たい…」とややハッキリ意識したくなる「0℃を割り込んでいるらしい気温?」という早朝…

↓ふらりと戸外に出ると、こういう様子が視られた…
12-12-2020 morning (18)

↓待機中のフェリーは順次出航する筈だが、今の時季、フェリーが出た後になってから日出であると見受けられる…
12-12-2020 morning (14)

こういうような様子…何か眺めていて愉しいのだが、0℃を切る気温では手が冷たくなるので、然程の長居はせずに引揚げた…
posted by Charlie at 19:53| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

早朝に稚内港北防波堤ドームを望む…(2020.12.11)

↓日出の時刻に少しばかり間が在ると思ったが、空が明るい感じになっている…
11-12-2020 morning (4)

少しばかり冷えた感じながら、時季としては穏やかな朝だと思った…
posted by Charlie at 08:54| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月08日

朝の海を望む…:稚内港中央埠頭(2020.12.07)

雲が少し多めな感じであった他方、多目な雲の隙間から朝の光が洩れているのが判るような朝だった。然程風は強くないと思ったが、それでも1℃というような次元なので酷く寒いことに疑念の余地は無い…

↓海を望んだ…上空から沿岸に掛けて、或いは海面の感じが面白く見えた…
07-12-2020
↑朝に稚内港に入り、貨物を積み込んでサハリンのコルサコフ港を目指す予定の船が中央埠頭に接近しようとしている様子も見える…

何か「冬の稚内港」という風情が溢れる画で、こうして写真で観るとなかなかに好い感じだと思う。が…埠頭の辺りに佇んで眺めるのは、時間が長くなるとややキツい場合も在ることは否定し悪い…
posted by Charlie at 06:22| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月07日

稚内港中央埠頭を望む…:早朝(2020.12.06)

早朝に、明るい感じになる時間帯が遅めになっている…

↓稚内駅から旭川駅へ向かう特急列車が発車する音が聞こえていたような時間帯…6時36分を少し過ぎた辺りの様子だ…
06-12-2020 morning (8)
↑未だ朝陽は上らない…静かな海面に空の感じや沿岸の灯り等が映り込む…フェリーは出航に備えている…

こういう「何時もの静かな朝」が酷く愛おしいような気がする…
posted by Charlie at 07:23| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月06日

路面が凍る中…:稚内港北防波堤ドーム(2020.12.06)

前日の日中は気温が「プラスの側」に少しだけ出ていたようだ…

その気温と、些かの陽射しの故に積雪が若干溶け、硬い雪が柔らかくなっていたようではあったが…

↓早朝に気温がまた「マイナスの側」になった中で、柔らかくなった雪の水分、或いは溶けた箇所の水気が凍ってしまった様子だ…
06-12-2020 morning (3)
↑凍った箇所の氷が光を跳ね返すような感じが見受けられる…

ぼんやりと眺めるには悪くない景色かもしれないが…戸外を動き回る際には要注意だ…
posted by Charlie at 09:03| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月04日

早朝…:稚内港北防波堤ドーム(2020.12.04)

何時の間にか「1日を通じて気温が0℃を超えていない…」という状況も見受けられるようになった。降水が在れば、それは確実に“雪”という状況で、充分に冷えているので、降った場合にも積もり易い…

↓そんな状況下の早朝、何となく戸外に出た…
04-12-2020 morning (3)

↓酷く「冬らしい…」という感じになっている…
04-12-2020 morning (7)

こんな様が「常態化」して行く訳だが、それでも未だ気温が些か上昇して雪が不意に少なくなる場面も在るのかもしれない…もう…“冬”から後戻りし悪い感じだ…
posted by Charlie at 08:05| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月02日

散っている蔦の葉…:<サッポロファクトリー>(2020.11.29)

旭川駅からの列車で札幌駅に到着後、若干南下してやや東に寄った辺りに在る、地下鉄のバスセンター前駅を目指して歩いてみた。

↓<サッポロファクトリー>の建物を眺めてみたかったのだ。
29-11-2020 Sapporo (7)

↓煉瓦の壁が蔦に覆われていて、秋には蔦の葉が色付く。その葉が殆ど落ちたような感だが、未だ残っていて、なかなかに趣が在ると思った。
29-11-2020 Sapporo (6)

↓少し引くと、こういう感じに見える…
29-11-2020 Sapporo (10)
↑この時は雪や氷は殆ど見受けられない状況だった…

札幌都心部で視られる、気に入っている様子の場所の一つである。
posted by Charlie at 06:57| Comment(0) | HDR/札幌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<本日のオムライスセット>…(2020.11.22)

日曜日の昼…「何処かでランチを頂きたい…」と御近所をフラフラとしていた…

↓出くわしたのはこういう一皿…
22-11-2020 lunch (1)
↑<本日のオムライスセット>と称し、日替わりで決めたオムライスと小さなサラダが添えられ、他のオムライス等よりも若干安価な「ランチタイム限定」のモノであるらしい…

↓この日は「ホワイトソースのオムライス」ということで、なかなかに手が込んでいるように思えたソースが、トロトロの卵焼きに乗った感じのオムライスだった…
22-11-2020 lunch (2)

時にはこういう感じが酷く好い…
posted by Charlie at 06:53| Comment(0) | HDR/稚内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月01日

路上の落葉…:<サッポロファクトリー>周辺(2020.11.29)

↓大きな街の都心部の歩道で、こういうように落葉が溜まれば、大きな建物の間を抜ける風で拡散するか、さもなければ直ぐに片付けられる…
29-11-2020 Sapporo (9)
↑そういうように思うと、こうやって歩道に何となく落葉が溜まっている様子を視ると、少し愛おしくなる…

札幌の都心部は「秋の終焉」と「冬の始動」とが混在しているような雰囲気であったと思う。積雪らしい積雪は辺りに見えなかったが…
posted by Charlie at 18:00| Comment(0) | HDR/札幌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする