2020年11月05日

稚内港北防波堤ドーム:早朝…(2020.11.05)

「4℃」というような気温…計測した結果、見受けられる値としては何時でも同じなのだと思う。が、例えば「11月初旬の4℃」と「3月初旬の4℃」というのでは「感じ方」に大きな差異が在るように思う。

氷点下の気温も見受けられるような機関が続いた中で、「3月初旬の4℃」という状況に出くわすと「温かくなった!?」と感じる。

対して、秋が追い立てられるように風が冷たくなっていく中、「今日は一寸…気温も下がって…」という中で出くわすような、「11月初旬の4℃」は殊更に寒いような気がする。「少し寒くなった…」と盛んに使うようになった暖房が少々効いている屋内から、何となく戸外へ出てみた際の“落差”のようなモノに関して、殊更に大きいような気もしてしまう…

↓そういう「11月初旬の4℃」という早朝ではあったが、思い付いて「極々短い散策」と称して戸外へ出てみた。
05-11-2020 morning (2)

↓多少、雲が散って流れている感だが、天は少し明るいような気がする。
05-11-2020 morning (4)

↓冷えた空気の中に浮かぶような、この稚内港北防波堤ドームの感じが、何度眺めても好い…
05-11-2020 morning (5)

↓こんな景色を撮る場合には、<X100F>を提げてというのが心地好い気がする。
05-11-2020 morning (8)

↓海側に廻り込んでみた…
05-11-2020 morning (10)

↓何となく浪は強めだった…風は然程でもない…
05-11-2020 morning (13)

↓海鳥の動きも活発であったかもしれない…
05-11-2020 morning (17)

「健康のために歩く」というような趣旨であるなら、距離、時間共に少し足りないような気もしないではないのだが、近所の好い景色を愛でるべく、早朝に少しばかりの時間を割いて「極々短い散策」と称して戸外に出るのは悪くない。これからの時季は?気温が低くなり、風が冷たい場合も在るので、散策の時間はどうしても短めで終始してしまうのかもしれないが…

↓それにしても…今朝は「時季らしい」という風情に出くわしたような気がする…
05-11-2020 morning (19)
posted by Charlie at 18:02| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

早朝の中央埠頭を望む…(2020.10.28)

雲が非常に多い空が、日出の時刻辺りに「微妙な色合い」を見せた…

↓中央埠頭を望む辺りに出てみた…
28-10-2020 morning (4)
↑「緞帳の裾に見受けられる隙間」という感で、低空の雲が切れている辺りから光が漏れ、その光が雲の色に干渉しているというような様子だった…

↓奥の2隻のフェリーが出航に備えているらしい感である他方、手前の貨物船も何やら作業をしている風であった…
28-10-2020 morning (3)

防波堤で囲われた水域ではあるが、朝の海面は静かな感じだった…
posted by Charlie at 17:50| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする