2020年07月07日

日出の頃に…:稚内港北防波堤ドーム(2020.07.07)

久し振りのような気がしたが、日出を待つような頃に「ハッキリと天が明るい…」という状況であった。

↓早朝の恒例という感だが、「極々短い散策」に出てみた…
07-07-2020 morning (3)

↓風浪は殆ど見受けられず、鏡面のような海面で光が仄かに揺れるような様相だった…
07-07-2020 morning (13)

↓高い位置の雲は刻々と流れて姿を変え続けていた…その様が鏡面のような海面に映り込む様子が面白かった…
07-07-2020 morning (17)

↓海に手を入れると「天を掴む」ことが出来そうな気がしてしまう程度に、天の様子が鮮やかに海面に映り込んでいた…
07-07-2020 morning (24)

↓朝陽が上る…朝陽の姿が鮮明に見えた…このところは「見え悪い…」が少し続いていた感だったので、何か気持ちが好かった…
07-07-2020 morning (29)

↓朝陽が少々高度を上げると、海面に「光の路」も形成され始めた…
07-07-2020 morning (35)

こういう風景を、他の人が全然見えないような中で「独占?!」という感の早朝…非常に気に入っている。
posted by Charlie at 17:54| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中央埠頭から稚内港北防波堤ドームを望む…(2020.07.06)

「よく晴れた」と言って差し支えない状況ながら、酷く風が強い朝だった。身体の正面の側、進もうとしている側から風が当たると「歩行を妨げられる?!」というような気さえする程度に風が強かった…

↓「風が…キツい…」と思いながら、中央埠頭を歩いた…
06-07-2020 morning (1)
↑“光”は「夏の趣」というように思うのだが…強風の故も在って、海面が大きく畝っている感じだ…

↓中央埠頭から見える稚内港北防波堤ドームの「柱列」が美しい。そして防波堤で囲まれた辺りの出口に近い側に、海上保安部の大きな巡視船が停泊している…
06-07-2020 morning (4)

↓海面を見詰めていると…「揺れている?」と錯覚してしまいそうだった…
06-07-2020 morning (5)
↑海面が酷く揺れている様に驚いた他方、海や天が美しく輝いていると思いながら眺めていた…

この場所は中央埠頭と北埠頭との間で、構造物に囲まれている関係上、相対的に海面が穏やかだと思った。場所によっては浪が埠頭に当たり、多少の飛沫が沿岸に見受けられる場合も在った…

気温は「もう直ぐ20℃に届く」という次元だったが…風除けに上着を引っ掛けて辺りを歩き回っていた朝だった。
posted by Charlie at 17:47| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする