2020年04月01日

<祇園枝垂桜>三態…(2020.03.29-31)

京都に入り込んだ…

<祇園社>こと八坂神社に近い宿に陣取ることとなった…

↓到着した日曜日の夕刻である…近くの<祇園枝垂桜>を眺めに出た…
29-03-2020 Kyoto, 'Gion Shidare-Sakura' vol01 (3)

↓日没の周辺の時間帯…刻々と変わる空を背景に、何か「妖艶」な表情を見せる<祇園枝垂桜>であった…
29-03-2020 Kyoto, 'Gion Shidare-Sakura' vol02 (3)

この日は関東地方の、「真昼間に雪へと変わった…」という冷たい雨に酷く濡れた後に京都に移動し、草臥れて早寝を決め込み、翌朝は日出時刻の前から戸外に出ていた…

↓早朝…今季はライトアップを取り止めたのだというが…或いは「昔の人が眺めていたような感じ?」などと思った…
30-03-2020 Kyoto, 'Gion Shidare-Sakura' vol01 (5)

↓微かに明るさを増した後の様だ…「幽玄」な表情を見せる<祇園枝垂桜>であった…
30-03-2020 Kyoto, 'Gion Shidare-Sakura' vol02 (5)

この日出前から動いた翌日、祇園の宿を離れることになっていたが、出発前の朝の時間帯にまた<祇園枝垂桜>を眺めに寄った…

↓時間が経つに連れて雲が薄くなり、光が溢れ始めた朝の天に<祇園枝垂桜>が映えていた…
31-03-2020 Kyoto, 'Gion Shidare-Sakura' vol01 (2)

↓何か<祇園枝垂桜>が「快活」な表情を見せているように思えた…
31-03-2020 Kyoto, 'Gion Shidare-Sakura' vol02 (1)

時間帯や天候で異なる表情を見せる、咲き誇っていた<祇園枝垂桜>…酷く愛おしい存在に感じた。去り際に「再会を期す!」と念じた。

何か「それでも花は咲く」というようなことを強く思った…
posted by Charlie at 01:14| Comment(4) | HDR/2020年3月-4月の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする