2020年03月27日

稚内港北防波堤ドーム(2020.03.27)

早朝に「極々短い散策」に出て、稚内港北防波堤ドームの辺りへ…

↓「3月下旬」という時季に関して、当地では「未だ積雪期」と認識しているのだが、今季に関しては既に積雪は見えない…
27-03-2020 morning (3)
↑広場に石板の世界地図が埋め込まれている。この眺めが気に入っている…

↓近寄って、屋蓋の下を眺めてみた…
27-03-2020 morning (5)
↑この独特な雰囲気が好い…

↓やや雲が多めに見えるような天の下に佇む感じ…見掛ける機会が多い状況で、或る意味では非常に「らしい」という感じの眺めだと思う…
27-03-2020 morning (7)

↓風浪が弱めな朝だ…
27-03-2020 morning (9)

「極々短い散策」と称して、こういうような味わい深い光景に容易く出会うことが出来るというのは、非常に好い…
posted by Charlie at 18:36| Comment(2) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝:稚内港北防波堤ドームを望む…(2020.03.27)

早朝に戸外の様子を伺ってみれば、特段に東の空が明るいということでもなく、と言って雨が降り出しそうな感でもなく、加えて降水の場合に雪となりそうな低温という程でもない様子だった。と言って、温かく快適とも言い悪いことに変わりは無いが…そういう状態な中、思い付いて「極々短い散策」に出てみた。

↓稚内港北防波堤ドームが視える辺りに至った…
27-03-2020 morning (14)
↑今朝は静かだ…離岸堤の上で翼を休める海鳥が、何か長閑な雰囲気を醸し出すような気がする…

前日の様子を思えば、風が微弱で、手に冷たい風が当たるのでもなく、佇んで景色を眺めるには悪くない感じであると思った。

↓「緞帳の裾から奥の光が漏れる…」というような感で、朝陽の光による干渉で色付いた空が覗いている…
27-03-2020 morning (17)

↓風で雲が複雑に動き回っているようで、雲に滲む光も色々と表情を変えるようだ…
27-03-2020 morning (18)

↓多少、光が強くなって来た…
27-03-2020 morning (19)

↓雲は複雑な形状の生物のようだ…低空からの光で雲が複雑な色合いになっている…
27-03-2020 morning (21)

↓そして光が弱まった…
27-03-2020 morning (22)

↓風は弱く、然程寒くはないとは思うが…やや寒々しい色合いだ…
27-03-2020 morning (23)

風浪が強めであった前日の様子から大きく変わっているのだが…辺りに佇み始めてからの「極短い時間」で、随分と雰囲気が変わることに驚く…

こういう手近な様子に「少し立ち止まって眼を向ける」というようなこと…存外に愉しいものだ…
posted by Charlie at 18:19| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

稚内港北防波堤ドームを望む…:朝(2020.03.26)

早朝に「東寄りな空が明るい感じ?」ということに気付けば、「極々短い散策」と称して戸外に出てみたくなる。

現在の時季、早朝は概して気温が低い…と言って厳冬期のような氷点下は免れている。寧ろ「風の強弱」で「感じ方」が随分と左右されるような種類の寒さと言えるように思う。

戸外へ出てみれば、歩行が困難に思える程度というような酷い状態ではないが、何か「風が少々強い…」という感がした。身体に風が当たると「寒い…」という呟きが口を突いてしまう。

↓沿岸部が近付けば、過ぎる程に静かな街に波音が少し聞こえていたが、ややダイナミックに海面が畝っている感だ…
26-03-2020 morning (3)

↓海側に向けては「傾斜が在って、曲面を帯びた壁」という感の稚内港北防波堤ドームの屋蓋に浪が当たって飛沫が散っている様子が視える…そして上空では海鳥が舞う…辺りを眺めていた間に、東寄りな天の明るさが増して来た…
26-03-2020 morning (5)
↑こういう浪(場合によっては更に強い浪…)から沿岸の人や鉄道軌道等を護る意図で築かれた筈の稚内港北防波堤ドームだ。或いは「本領発揮」に近い状態かもしれない…

↓日出時刻を少し過ぎ、画の奥側、東寄りな宗谷丘陵の辺りで朝陽の放つ光が強めになって来た…が、どういうものか、低空に雲が多く、上る朝陽そのものは視え悪い…
26-03-2020 morning (8)

殆ど「浪の音」だけが聞こえているような、朝陽の光が解き放たれようとしているような時間帯…音を聞きながら、逆に寧ろ静けさを味わう感だった…

少しの間、海岸に佇んで景色を愛でたが…マダマダ冷たい感の風が身体に少々刺さるような感でもあった…
posted by Charlie at 04:35| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<串盛合せ>…(2020.03.17)

「あそこの店なら…アレ!!」という程度の“お気に入り”というのは好いものだ…

御近所の店にもそういう程度の“お気に入り”は散見する。そういうモノに関しては、「立ち寄れば九分九厘は頼む…」ということになるので、何度か店で御願いしている間に…「あの…」と口を開けば「アレですか?」と店の方が応じて下さるという場合も在る…

↓これがその「あそこの店なら…アレ!!」という程度の“お気に入り”の一つである…
17-03-2020 dinner (4)
↑左から鶏肉…上に載っているのが豚肉…下はモツと砂肝だ…

↓モツや砂肝を先に、後から鶏肉や豚肉…というような順番で頂くことが多いような気がしている…
17-03-2020 dinner (3)

愛と敬意を込め、思わず写真に収めてしまった…「毎度、御馳走様です…」という感である…
posted by Charlie at 04:33| Comment(0) | HDR/稚内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

稚内港北防波堤ドーム:早暁…(2020.03.25)

最近は、好天な日の早朝に「明るい感じ…」となる時間帯が「少し早めに?」というように感じられるようになった。そういう中で「極々短い散策」に出てみた…

↓稚内港北防波堤ドームの屋蓋の下だ…柱列の向こうに早暁の天が覗き、未だ“消灯”ではない灯りが眩しい…
25-03-2020 morning vol01 (9)

↓全灯が点いているのではない様子だが、早朝に眺める機会が多いので見慣れた感じだ…
25-03-2020 morning vol01 (7)

↓早くも「積雪期は終焉?」というような様相だ…
25-03-2020 morning vol01 (3)

何か「早暁に早春の予感」というような感の朝だったが…気温は0℃を多少超えるような程度で、少し戸外で時間を過ごせば手が冷たくなってしまうような感じだ…
posted by Charlie at 04:29| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする