2019年03月31日

青葉横丁…<静岡おでん>…:静岡(2019.03.30)

ユジノサハリンスク空港からウラジオストク空港での乗換を経て成田空港へ上陸…安価で居心地の好さそうな一夜の宿を求め…何気なく「例えば静岡?」と調べると…週末、月末、年度末でありながら…希望していた感じの場所が見付かった…

というだけのことで静岡に辿り着いた…着いた時点で、小雨が交じったが、曇天の夕べという感で静岡である…列車での移動に際して通り過ぎてばかりいた静岡駅で初めて下車し、街に出た訳だ…

↓こういう場所が在る…
30-03-2019 at Shizuoka (1)
↑青葉横丁と称する…小ぶりな感じの、おでんの店ばかりが集まっている。静岡では「一寸した、立寄りたいスポット」になっているようだ…

↓満席または混み合っている店が目立った中、とりあえず座れる感じだったので御邪魔した店だ…
30-03-2019 at Shizuoka (5)
↑何処もこういうような感じの入口で、カウンターが設えられていて、おでん等を頂く…

↓静岡県内で醸されているという<正雪>という清酒を一杯頂きながら、おでんを摘んだ…
30-03-2019 at Shizuoka (2)

こういう場所は好い…地元の方達…店主氏や居合わせた方と色々とお話しをしながら、一人で立寄っても存外に愉しく過ごすことが叶うのだ。

↓見た目が「黒!!」という出汁で煮るおでん…店主氏によれば、静岡の流儀では「出汁を啜る」ということはせず、串に刺した具を皿に盛ってドンドン頂くということなのだ…
30-03-2019 at Shizuoka (4)
↑“牛すじ”、“しのだ巻き”、“しらやき(しろ)”、“ちくわ”…色々と在る<静岡おでん>から…“出汁粉”と呼ばれている調味料をやや多めに振掛けるのが静岡の流儀らしい…(他にも色々頂いたが…居合わせた方と話しが弾んでドンドン頂いていたので、写真は撮っていない…)

「黒!!」という出汁の見た目だが…色々な具材の内容物の味が混ざり合った、存外にマイルドな感じの味わいで、ドンドン頂くことが出来てしまう…

静岡県内でも「富士川と大井川の間」という位、静岡市を中心とするエリアで普及していて親しまれているモノで、年中愉しむモノなのだそうだ…青葉横丁の各店は冷暖房完備で、夏も冷房を利かせて、中でおでんを肴に飲むのが普通らしい…そしてこれは「駄菓子屋の定番」だったという経過も在るという「おやつの替り」で子ども達も頂くモノだというのだ…

ここへ寄る前に道草した店で流れていたテレビに県内の天気予報が流れていた。東部、中部、西部、伊豆というように地方を分けていたが、静岡県は東西にかなり広く、加えて伊豆半島も在って地域毎に天候等も違う…そして東京電力のエリアと中部電力のエリアが県内に混在しているというように「東京圏寄り」なエリアも「名古屋圏寄り」なエリアも在る。旧国名で言えば駿河、遠江、伊豆と3国が合わさっている…伝統や文物も、人々の嗜好や性格も、その他色々も多様な県なのだという…

↓それにしても、この<静岡おでん>は好かった!!30-03-2019 at Shizuoka (3)

↑「一寸…」と一定頻度で立寄って愉しむことが叶うような、手頃な感じのモノでもある…

折角に設けてみた“時間”を過ごそうとしている「初日の夕べ」…なかなかに好い感じで、縁がやや薄かった静岡県と出会ったという感である…
posted by Charlie at 04:03| Comment(0) | HDR/2019年3月-4月の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月30日

レーニン広場(2019.03.29)

雪、吹雪、雨、霧、晴天、曇天…暑い、寒い、酷く寒い…色々な状況が在るが、広場の巨大なレーニンと背後の空は通り掛る都度に異なる表情を見せてくれた…そしてそういう様子を時々愛でていた…

↓そういう…勝手に縁のようなモノを感じていた光景…「2019年3月19日の夕刻」…“当然”とも言い得るが、「少し似た感じ」にはまた何時か出くわすかもしれないが、「全く同じ感じ」は多分二度とは無い…
29-03-2019 in evening (10)
↑少しばかり見入ってしまった…

どういう場所にも、各々の景観に各々の好さが在る訳で…「最も好いのは?」とでも問われれば回答に窮してしまう…が…ユジノサハリンスクの都心で「最も気に入っている様子の一つ」としてここを挙げることは出来ると思う…

当分…この場所の様子を眺める機会も減ってしまう…
posted by Charlie at 05:39| Comment(0) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月28日

<プロスタブルゲル>にハンバーグ1枚追加…(2019.03.27)

↓御近所の一寸気に入っている店で…
27-03-2019 evening (13)
↑どのメニューも悪くはないのだが…結局この「<プロスタブルゲル>にハンバーグ1枚追加…」が酷く気に入っている…

暫し…こういうモノとも御無沙汰する羽目に陥ってしまうのが残念…
posted by Charlie at 16:53| Comment(0) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

“真冬”の後に“早春”?:レーニン広場(2019.03.27)

3月下旬に至り、「今更?」というように「シーズンで最も酷い吹雪模様?」というような朝を迎え…昼までに降雪や風が落ち着くと…穏やかで陽射しが心地好い感じになり…いきなり積もった雪も融け始めている状況だった…

↓穏やかな晴天の日に見受けられるような夕暮れの空模様…足元に残雪が目立っている箇所が見受けられ、朝の雪の痕跡を伝えてはいる…
27-03-2019 evening (15)

ベチャベチャと雪が融け、変に大きな水溜まりが見受けられた…更に、多少低めな気温の故に「融けた箇所の水や、雪が水気を多く含んで緩んでしまった箇所が凍り付く」という「嫌な感じ…」も見受けられた…

それにしても…目まぐるしく変わる天候の中…着実に「明るい時間帯」は長めになっている昨今だ…
posted by Charlie at 16:37| Comment(0) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月27日

“ブハンカ”の在る風景:吹雪のレーニン広場…(2019.03.27)

“時季”としては…雪でも降れば「名残雪」というような表現も思い浮かぶが…それにしては「激しい!」という感じの雪に驚かされる…

↓大きなレーニン像が吹雪に霞むような中、街を行く車輛は普通に行き交う…レーニン通がコムニスチーチェスキー通と交差する辺りで、車輛が信号停止している…
27-03-2019 morning (8)
↑手前のワンボックスな車輛…ソ連時代以来のデザインを未だに留め、“ブハンカ”(「パンの塊」という意味の語だそうだ…)と呼び習わされる車輛…視る都度に何となく注目だが…思わず写真に収めてしまった…

「防滴」を謳う<X-Pro2>と<XF35oF2>との組み合わせを持っていたので撮ることが出来た画でもあるように思うが…大変に気に入った画となった…
posted by Charlie at 10:25| Comment(0) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アムールスカヤ通(2019.03.27)

吹雪で視界が悪く、足元も不規則な積雪―降る雪と風に舞う雪が混在し、積雪した地面の様子が複雑だ…―の中、慎重な足取りで歩道を進む…一部に「雪を漕ぐ」という状況も生じる…

↓歩道に柵が設けられている辺り…学校の前で、柵が途切れる辺りに、児童生徒等も利用する横断歩道が在る…
27-03-2019 morning (4)
↑この画では「吹雪に霞む」という感で視悪いが…横断歩道を懸命に除雪している作業員が見受けられた…

雪が降れば…何処かで誰かが一仕事である…労い、感謝という念を忘れずに居たい感だ…
posted by Charlie at 10:24| Comment(0) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

少し時季が遅め?吹雪模様な朝…(2019.03.27)

居室の窓から戸外を伺った…白かった…

↓戸外に出てみた…
27-03-2019 morning (3)
↑存外な量の積雪…粒子がやや細かい雪が、若干の強風に舞うような感…

朝、言葉を交わした人が言った…「眠っていた“冬”が、今更のように起き出したのかもしれない…」とである…面白い!

こういう中…さり気なく、首から提げたカメラを上着で覆うようにして、歩きながら思いついた時に写真を撮った…「防滴」を謳う<X-Pro2>と<XF35oF2>との組み合わせなので、「大丈夫であろう…」と試みることでもある…
posted by Charlie at 10:23| Comment(0) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月25日

大きなイチゴの乗ったチーズケーキ…(2019.03.23)

↓珈琲を頂こうと立寄った店で見付けて…思わず頂いてみることにした…
23-03-2019 vol01 (5)
↑頼んだ珈琲は1杯が150ルーブルで…ケーキは220ルーブルだった…が!大きなイチゴが乗っているというのは、「危険な誘惑」めいている…

↓暫し眺め入って、写真まで撮ってしまう見栄えのケーキだ…
23-03-2019 vol01 (7)
↑或る程度定評が在るようなチーズケーキに、大きく甘酸っぱいイチゴ…なかなかに悪くない組み合わせだと思った…
posted by Charlie at 04:43| Comment(0) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

排雪作業:夜のアムールスカヤ通(2019.03.23)

夜…居室の東寄りな窓の側…アムールスカヤ通側から、何やら物音が続けて聞こえていることに気付いた…

↓こんな様子が視えた…
23-03-2019 in night (2)
↑前方に凸型が着いて回転する機構の装置を備えた車輛が、通の真ん中辺りに集めた雪の辺りを進む…回転する機構の装置で雪を巻き込み、後方のベルトコンベア状のモノに雪を流し込む。雪は後方に待機のダンプカーに順次積まれる。ダンプカーは前方の作業車輛をゆっくり追尾して、雪を受け続けているのだ…

↓ダンプカーは何台か待機していて、先のモノの荷台が満載状態になると、次のモノが進み出て、また雪を受け始める…
23-03-2019 in night (4)

こういうような感じ…北海道内でも見受けられる…

↓こうした冬季の道路での作業…ユジノサハリンスクでは、以前に比べてかなり盛んに行われるようになったと言われている…
23-03-2019 in night (6)
↑ところで…雪を巻き込んで集めている作業車輛…北海道内では余り視掛けないような型だと思った…
posted by Charlie at 04:39| Comment(0) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月24日

灯り…:レーニン広場(2019.03.23)

↓灯りが点くのが、午後8時過ぎというような頃になった…
23-03-2019 in evening (13)
↑未だ「夕暮れの雰囲気」が些か残るような中、灯りが刻々と輝きを増して行くような感である…

暗くなって行く時間帯が着実に遅くなり、画のような雰囲気に出くわす時間帯も遅めになって行っている…他方…こういう感じは、少し「眼に馴染んだ」という雰囲気でもある…
posted by Charlie at 09:27| Comment(0) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

染まる雲…:レーニン広場(2019.03.23)

↓もう少々で午後8時になろうかというような頃だ…
23-03-2019 in evening (9)
↑西の空に沈んだ夕陽の残照で雲が色付く…

暗くなって行く時間帯が着実に遅くなった…そして…3月20日から3月22日の積雪が車道から消えてしまっている…
posted by Charlie at 09:21| Comment(0) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冴える月…(2019.03.23)

↓早朝…居室の窓から…
23-03-2019 vol01 (1)
↑月が冴えていると思い、暫し眺め入っていた…

朝は低温な傾向で、3月20日から3月22日の雪も存外に多く残っていた…

日中になれば「この3日間は何だった?!」というような晴天で陽射しが心地好くなった…殊に建物の屋根に視えていた雪は消えた…
posted by Charlie at 09:19| Comment(0) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<SUBWAY>:雪の朝に…(2019.03.22)

↓24時間営業のカフェは…降雪や積雪にも負けずに営業中だ…
22-03-2019 morning (5)
↑積もる降雪や若干の吹溜りが見受けられる中、店舗辺りの清掃や除雪をする係の方が出て作業に勤しんでいる様子も見受けられた…

雪が降り積もれば…「何処かの誰かの一仕事」というようなモノが必ず生じる…労いや感謝の念を忘れないようにしたいものだ…

↓こういう中…店に入って朝食…
22-03-2019 morning (7)
↑気に入っている、ソーセージが入った<アルピースキー・サブ>をゆっくり頂いた…
posted by Charlie at 09:16| Comment(0) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月23日

<スフェーラ・ツェントル>:雪の朝に…(2019.03.22)

↓辺りの目印になるような、やや変わった形状で硝子張りな部分を有する<スフェーラ・ツェントル>が視える…
22-03-2019 morning (4)
↑遠景が降雪でやや霞む中、降り頻る雪と共に街の灯りに浮かび上がる風情が面白い…

カメラをバッグから取り出し、首から提げて、さり気なく着ていた上着で覆いながら移動し、素早く写真を撮る…この程度の雪であればやることだが…「防滴・防塵・耐低温」を謳う<X-Pro2>と<XF35oF2>なので、殆ど躊躇せずにそういうことをするという側面も在る…
posted by Charlie at 06:30| Comment(0) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月22日

ポポヴィチ通の歩道:雪の朝に…(2019.03.22)

↓積雪が多くなる前に除雪作業を行った痕跡が認められる…そんな歩道だ…
22-03-2019 morning (3)
↑が…除雪作業後にも雪は降り積もっている様子である…

今季は積雪が少なかったので、こういう「シーズン終盤(?!)」な雪で、歩道脇に堆い雪が見受けられない…

何か「積雪期が始まる頃」を繰り返しているかのような、変な気分である…
posted by Charlie at 20:17| Comment(0) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴミ収集車:雪の朝に…(2019.03.22)

「どうやって歩こうか?」という程度に雪が積もっていた朝…既に通り過ぎた車輛が残した轍を歩くという具合に進んだ…

何やら灯りが目立ったので様子を伺った…

↓大き目なトラックが現れ、ゴミの収集作業を行っていた…
22-03-2019 morning (2)

回収の時間帯や曜日が明示されているのでもないが…このトラックに出くわすのは朝が多い…

雪が降っていても、生活に必要な様々な作業は滞りなく行われている…それにしても…写真に撮ってハッキリ判る程度の量の降雪だった訳だ…「吹雪いている」という程に酷いのでもなく、特段に問題無く作業を進めているように見えた…
posted by Charlie at 20:10| Comment(0) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雪の朝…(2019.03.22)

朝に戸外へ出て…ふと佇み…「どうやって歩こうか?」と考える…

↓久し振りにその「どうやって歩こうか?」と考える程度の積雪だ…
22-03-2019 morning (1)
↑恐らく、夜遅くから降り続いたのであろう…朝に至っても未だ雪が交じり続けている…

今季は雪が少なく、3月20日の早朝までは「積雪期がもう直ぐ終わる?」という雰囲気だったが…3月20日の1日を通じて雪が断続して積雪が俄かに増え、低温で積雪が残って、更に降雪で積雪が増えた…

何となく「積雪で景色が一変して行く時季」を「アンコール!」という雰囲気で不思議だ…
posted by Charlie at 15:22| Comment(0) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

除雪作業の車輛…(2019.03.20)

↓トラクターを改造したと見受けられる車輛だ…改造と言うより、装備を着けたという感か?除雪作業をしている様子を時々視掛ける…
20-03-2019 (2)
↑然程大型でもない車輛で、色々な場所に入り込んで動いている…

↓ユジノサハリンスク市行政府本庁舎の前の少し広くなっている辺りを除雪していた…
20-03-2019 (1)

1日で積もった雪…存外な量だったかもしれない…週末に掛けて、雪が少々強く降る場合も在り得ると、注意喚起が為されているようだ…
posted by Charlie at 00:20| Comment(0) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月21日

雪と看板…(2019.03.20)

前日まで…と言うより朝早くに積雪は殆ど無い状況であったが…「雪が降り始めた?」と思えば1日を通じて降雪が断続し、やがて積もり始めた…

↓夕刻に視掛けた状況…
20-03-2019 (5)
↑殆ど毎日視ている、ハンバーガーの店の辺りに出ている看板だが…雪を被って内容がよく視えない感じになってしまった…

0℃を少し割り込んだ程度の気温で見受けられる湿った雪に辺りが覆われ…急速に「積雪期」が戻ったような感だ…
posted by Charlie at 17:24| Comment(0) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

還って来た雪…:レーニン広場(2019.03.20)

↓不意に…「積雪期が始まった頃?」というような感じになってしまった…
20-03-2019 (14)
↑雪による景色の変化は急速である場合が多いかもしれない…

早朝は曇天で、明るくなって暫く経ってから雪が交じり始め…1日を通じて降雪が断続…存外に積もった…
posted by Charlie at 05:16| Comment(0) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

未だ暗い朝…:レーニン広場(2019.03.19)

↓午前7時台…未だ灯りが残る感じ…
19-03-2019 morning (1)
↑積雪が他のシーズンより早く消えた感な中、湿った路面に灯りが跳ね返っている感じ…

何か急速に「最も眼に馴染んだ感じ」になって来たような気がする…他方、朝に一寸戸外に出た時に「未だ灯りが…」という具合になる時季はもう少しで終わるような気もしている…
posted by Charlie at 02:05| Comment(0) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月20日

滲む夕陽…:レーニン広場(2019.03.18)

↓夕刻…午後7時の少し前…
18-03-2019 evening (1)
↑レーニン像の背後、西寄りな空に夕陽が滲んでいる…

急速に「最も眼に馴染んだ感じ」になって来たような気がする…
posted by Charlie at 05:06| Comment(0) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月19日

霧の朝…(2019.03.17)

↓こういうような…やや深い霧に包まれた感じ…少し久し振りに視た気がする…
17-03-2019 morning (1)
↑川や湖沼の水温と気温との差が目立つような朝夕に、こういう霧が生じるということらしいが…そういう現象は「季節の変わり目」を思わせる…

例年より早く春が蠢動しているのか?或いは「冬将軍の最後の大攻勢」とでもいうような妙な状況が在るのか?何となく気になりながら、「こういう霧も美しいかもしれない…」と思いながら様子を視ていた…
posted by Charlie at 13:31| Comment(0) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月15日

雪が…少ない…:サハリンスカヤ通(2019.03.14)

ユジノサハリンスクへ着き…一寸だけ外に出た…

↓24時間営業の花屋が在る辺りだ…
14-03-2019 (6)
↑未だ、周辺の店も灯りが入っている状況だ…

↓0℃を少し下回るような気温帯…風は微弱で、特段に寒さが酷いとも思わないが…少しばかり雪が舞い始めた…
14-03-2019 (7)
↑それでも…何か「少なかった雪が更に少なくなった…」という感じだ…

↓灯りが漏れるこの店の感じが面白く、少し近くで写真も撮ってみた…
14-03-2019 (8)

とりあえず雪は少ないが…時々、水溜まりや変な氷が貼り付く箇所に出くわす…辺りを動き回る時は気を付けよう…
posted by Charlie at 21:36| Comment(2) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月14日

<あべのハルカス>を見上げる…(2019.02.26)

↓JR天王寺駅前…近鉄の大阪阿部野橋駅の上…交差点の上で環を描くかのような歩道橋に佇んでみた…
26-02-2019 Osaka vol02 (3)
↑実際に眼で視た以上の“巨大感”を覚えてしまう、“広角ズーム”の画だ…

何か「夜空に聳え立つ硝子の巨塔」というイメージだ…
posted by Charlie at 08:56| Comment(0) | HDR/2019年2月の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする