2018年11月07日

輝く…:<黄金橋>を望む夕刻…(2018.11.05)

「夜らしい」というような空気感が支配的になり、高台から少し下へゆったりと下りる…

↓早朝には雪の中で橋を眺めたという辺りだ…
05-11-2018 Vladivostok vol01 (32)
↑日没からやや時間を経た独特な空の色を背景に、各種の照明に浮かび上がるような具合で、橋が輝いている…

こういう状態まで…粘って<黄金橋>を視たというのも、結果的に初めてかもしれない…この頃ともなれば、何気なく持っていた手袋が非常に有難かった訳だが…
posted by Charlie at 11:29| Comment(0) | HDR/2018年11月の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする