2018年11月15日

雪と献花…:ムラヴィヨフ・アムールスキー総督像前(2018.11.05)

「(自身として)今季初の雪」をウラジオストクで経験することとなった朝…

宿から高台まで雪の中を歩き廻り、巨大な<黄金橋>が雪に霞むような様子を眺めて愉しんだが…「やや冷えた…」とスヴェトランスカヤ通へ下りて、前日に“24時間営業”らしいと確かめていたカフェにでも入って休もうとしていた…

スヴェトランスカヤ通へ下りる際、ムラヴィヨフ・アムールスキー総督の像が在る辺りを通り抜けるのが近道と考えた。雪で湿った階段を慎重に下りながら、この地に港と都市の建設をすると号令し、「東方を征する」と“ウラジオストク”の地名を与えたとされる総督の像の辺りに至った…

↓こんなモノを眼に留めた…
05-11-2018 Vladivostok vol04 (11)
↑誰かが総督の像に献花をしていた…多少の降雪の中、そして風も冷たかったが、暫し様子に見入ってしまった。

白い大きな花と赤い少し小さい花を組み合わせた花束が献じられているのだが…粉雪が花束に付着して、何か「独特な風情」が醸し出されている…何処かのデザイナーや花屋さんが「演出」でやろうとしても、簡単にこういう具合にはならないのではないかと思った…殊に、「赤い花の上に散る白い雪」が好い!!

↓寒々しい空気感の中での艶やかさ…何か凄く好いと思った…
05-11-2018 Vladivostok vol04 (12)

些細な事物が凄く麗しく見える…こんなモノを見付けるのが、出先の「勝手知った(つもりになっている)他所」という程度の街を動き回る際の大きな楽しみである…
posted by Charlie at 17:07| Comment(0) | HDR/2018年11月の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月14日

<Слава>(スラーヴァ)の腕時計(2018.11.10)

↓“3”の辺りに「曜日+日付」のカレンダーが埋め込まれた腕時計はよく在ると思うが…曜日が「ロシア語」になっている…
10-11-2018 my watch (2)
↑少し「昔風…」というのか「クラシカル…」な感じの腕時計…ロシアのモノだ!

昨年、それまで少し永く使っていた腕時計が不具合を来たしてしまって「不便…」ということになった時に求めた腕時計が健在で、新しいモノを入手しなければならない必然性は高くは無かったと思う…が…曜日が「ロシア語」になっているカレンダーが付いているというのに魅せられてしまい…入手に至った…

時々「手でネジを巻く」ということをしなければならないタイプの、本気で「昔風」または「クラシカル」な腕時計である…
posted by Charlie at 17:54| Comment(0) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月13日

<СЫРБУРГЕР>(スィルブルゲル)=チーズバーガー(2018.11.10)

↓「半ば溢れている…!?」という程度のチーズが入ったハンバーガー…これが好い!!
10-11-2018 lunch (2)

「これを食べて腹ごしらえ…」ということでバスケットボール観戦に出掛けると…応援している<ヴォストーク65>が勝った!縁起が好いメニューかもしれない…「だから、どうした?」と言われそうな話しの最たるものではあると思うが…

因みに…こういうテーブルの写真がやや撮り悪い感の、「75o相当画角」という50oレンズ装着の<X-Pro2>で撮ってみた画だ…
posted by Charlie at 04:52| Comment(0) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月12日

朝の空…:レーニン広場(2018.11.11)

↓午前8時で未だ灯りが消えない…
11-11-2018 in morning (1)

↓灯りが消えた…
11-11-2018 in morning (2)

↓低い空の色が変わり始める…
11-11-2018 in morning (5)

↓雲が流れ、高い空に蒼が濃くなる…
11-11-2018 in morning (12)

朝の空の様子…一寸面白い…
posted by Charlie at 21:37| Comment(0) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月11日

早朝のウラジオストク空港(2018.11.06)

早朝のフライトを利用すべく、都心部の宿でタクシーをお願いし、静かな街や郊外を“ノンストップ”な感じで駆け抜けてウラジオストク空港に到着…「少し馴染んだコース」ということになった…

↓日出の時刻は、確か7時50分近くだった筈で…マダマダ暗く、「夜中」にやって来たような錯覚を覚える…
06-11-2018 VVO (3)
↑外壁を照らす灯りと、硝子張りの壁面から漏れる屋内の灯り…何か独特な雰囲気が在る…

このターミナル…1階に在るカウンターで手続きをし、上階に上がると登場待合室となっている。適当に広く、機能的で、なかなかに感じが好い空港だと思っている…
posted by Charlie at 13:43| Comment(0) | HDR/2018年11月の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月10日

スヴェトランスカヤ通:中央広場前(2018.11.05)

↓日中から夕刻は何時も賑やかなバス停の辺り…静かな休日の朝で雪交じり…それでも路線バスは律儀に運行を始めていて、何台か通り過ぎた…
05-11-2018 Vladivostok vol01 (3)
↑雪でやや強めに濡れている路面には、街の灯りが跳ね返り、色々なモノも路面に映り込む感じだ…

↓ベンチや、花壇を囲っているモノの上には確り雪が被っている…
05-11-2018 Vladivostok vol01 (5)

「(結果的に自身にとって)今季初となった雪の朝」の「らしい…」と思える様子だった…
posted by Charlie at 00:56| Comment(0) | HDR/2018年11月の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月09日

アレウツカヤ通とスヴェトランスカヤ通との交差点(2018.11.04)

↓夕食を摂って、宿へ引揚げようとした時に、何気なく足を停めて眺めた様子だ…
04-11-2018 Vladivostok vol02 (13)
↑右側手前の沿海地方政府本庁舎ビル、画ではやや左に中央広場の銅像が一寸視えて、奥に建設中の大聖堂が建ち、更に奥は<黄金橋>だ。行き交う車輛の灯りを視ると、スヴェトランスカヤ通は東寄りへ向けて少し上り坂になっているのが判る…

この場所に関しては…本当の深夜早朝、或いは何らかの規制が行われているということでもなければ、「とりあえず賑やか」という感である…最近は、広角ズームの御蔭で、こういう場所を歩き廻って何となく写真を撮るのが非常に愉しい…
posted by Charlie at 03:07| Comment(0) | HDR/2018年11月の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月08日

スヴェトランスカヤ通:<GUM>前(2018.11.05)

↓「上り坂」であることが少し強めに意識出来る箇所に、百貨店の<GUM>が建っている…19世紀末の建物…照明に浮かび上がる感じが好い…
05-11-2018 Vladivostok vol01 (6)
↑スッカリと雪で濡れてしまっている路面…飛沫を上げながら車輛が行き交っていたが、マダマダ静かな時間帯だ…

↓正面から建物を眺めてみた…
05-11-2018 Vladivostok vol01 (7)

多少濡れながら…暗い路をドンドン歩いてしまった朝だった…
posted by Charlie at 13:16| Comment(0) | HDR/2018年11月の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月07日

輝く…:<黄金橋>を望む夕刻…(2018.11.05)

「夜らしい」というような空気感が支配的になり、高台から少し下へゆったりと下りる…

↓早朝には雪の中で橋を眺めたという辺りだ…
05-11-2018 Vladivostok vol01 (32)
↑日没からやや時間を経た独特な空の色を背景に、各種の照明に浮かび上がるような具合で、橋が輝いている…

こういう状態まで…粘って<黄金橋>を視たというのも、結果的に初めてかもしれない…この頃ともなれば、何気なく持っていた手袋が非常に有難かった訳だが…
posted by Charlie at 11:29| Comment(0) | HDR/2018年11月の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月06日

目立ち始める灯り…:<黄金橋>を望む夕刻…(2018.11.05)

↓「金色のライン」のような橋の道路面が薄暗く、不思議な色の空に浮かぶかのようになると、方々に灯りが入り、辺りの雰囲気がドンドン変わる…
05-11-2018 Vladivostok vol01 (31)
↑こういう「変化」というのが、夕景を眺めるというお楽しみの最たるものなのだと思う…
posted by Charlie at 21:21| Comment(0) | HDR/2018年11月の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日没後…:<黄金橋>を望む夕刻…(2018.11.05)

↓日没の時刻を少し過ぎ、様子を視ていた…
05-11-2018 Vladivostok vol01 (28)
↑空が不思議な色合いを見せ始める…この「色の変化」を視るのが面白い!!
posted by Charlie at 21:16| Comment(0) | HDR/2018年11月の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

傾く西日…:<黄金橋>を望む夕刻…(2018.11.05)

朝の雪…昼前迄に止んだ…そして空が次第に明るい感じになって行った…

↓夕刻に空が明るい感じなので…また高台に行ってみた…
05-11-2018 Vladivostok vol01 (26)
↑上空の強風で雲が流れている中で、傾く西日の光線で空が染まり始めている…

前日の夕刻や朝に比べると、「冷たい風がやや強い…」という感ではあるものの、キツいという程でもなかった…6月や9月のように「多くの…」という程でもないが、訪れている他の人達の姿も見受けられた…
posted by Charlie at 16:34| Comment(0) | HDR/2018年11月の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

灯りは消え、雪は続いた…:<黄金橋>を望む早朝…(2018.11.05)

↓薄暗い感じだった中、街灯等は決まった時間に、普通に消灯した様子だ…
05-11-2018 Vladivostok vol01 (20)
↑休日故に交通量はやや少ない感だが、行き交う車輛のライトばかりが目立つ感じだ…

「こういう様子」を視ることになるとは…事前には想像していなかった…
posted by Charlie at 03:19| Comment(0) | HDR/2018年11月の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雪の中に灯り…:<黄金橋>を望む早朝…(2018.11.05)

↓前日の夕刻も立寄っている高台に辿り着いた…
05-11-2018 Vladivostok vol01 (13)
↑雪の中に灯りが霞んでいたが…写真に撮ると、灯りが、殊に橋を含む道路面が「金色に輝くライン」のように浮かび上がっている…

辺りを見回すが…カメラを手に佇むというような人影は見当たらなかった…
posted by Charlie at 02:54| Comment(0) | HDR/2018年11月の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月05日

「雪ニモ負ケズ…」:<黄金橋>を望む早朝…(2018.11.05)

起き出して…薄暗い戸外に出れば雪交じり…若干の積雪…それでも「雪も風流…」と嘯き、慎重な足取りを強いられはしたものの、街を歩き始めた…

↓歩く身体の正面に風を受けると「ややキツい…」という程度に強めな風で、雪が交じる状況…そういう中で<黄金橋>が視える辺りに…
05-11-2018 Vladivostok vol01 (8)
↑何か…風に舞う雪の粒子が膜状になっている中に灯りが透けているかのような感じだ…

広角ズームを装着した<X-Pro2>はトートバッグに入れて運び、撮る時だけ取り出すという按配で使っていた…

画を視て…「こんな中で、こういう写真?撮った人は?ややオカシイ?」と思ったのだが…撮ったのは私だった…
posted by Charlie at 22:35| Comment(0) | HDR/2018年11月の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月04日

<黄金橋>:夜へ…(2018.11.04)

海を渡る風がやや強めで冷たく…“寒冷地仕様”を嘯いてはいても、戸外での時間が長くなると、多少キツい感じになった…

↓そういう状況で<黄金橋>を高台で眺めた後、下の方へ向かって歩いて行く途中に視た様子である…
04-11-2018 Vladivostok vol01 (6)
↑道路の灯りで、夜空に橋が浮かぶかのようで、方々の様々な灯りも目立つ感じになって来ている…

とにかくも「<黄金橋>を視る」ということをすると、「ウラジオストクへ来た!!」と実感出来るような気がする…
posted by Charlie at 22:23| Comment(0) | HDR/2018年11月の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

紫…:レーニン広場(2018.11.03)

↓雲が適当に散っていて、夕刻の空が面白い感じになっていた…
03-11-2018 evening (6)

↓紫系の色味がドンドンと変わる…
03-11-2018 evening (18)

↓暫し見入ってしまった…
03-11-2018 evening (21)

こういう様子を眺めるのが愉しい!!
posted by Charlie at 05:14| Comment(0) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月03日

コムソモリスカヤ通:早朝(2018.11.03)

↓日中から夕刻は交通量が多目な辺りだが…休日の朝は静かなものだ…
03-11-2018 morning (21)
↑色々な運行系統の路線バスが行き交う通でもある…遠くに“テレビ塔”が視えている…未だ灯りが残っている…
posted by Charlie at 21:20| Comment(0) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月02日

夕暮れ…:レーニン広場(2018.10.28)

ダラダラと居室で過ごし、戸外に出て<ゴールヌィー・ヴォーズドゥフ>を訪ねたのだったが…思えば朝食を摂った後、昼食は摂っていなかった…酷く空腹を覚えながら、馴染んだ場所で何か頂こうと移動した…

↓レーニン広場の様子が美しいと、何気なく眺めて、直ぐに日没時刻が近くなった…
28-10-2018 vol01 (36)

↓午後6時半頃、灯りが点き始めた…
28-10-2018 vol01 (38)

夕暮れの、街灯の点灯時間がまた少し早めに…山の上を思うと、風は微弱で凌ぎ易い感ではあった…
posted by Charlie at 00:00| Comment(0) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月01日

“冬”へのカウントダウン…(2018.10.28)

↓早朝のサハリン州政府本庁舎である…
28-10-2018 morning (10)
↑庁舎の前に、少し変わったモノが在る…「104日」という表示が見受けられる…

この「104日」とは?<SAKHALIN 2019 - 1st Winter Children of Asia International Sports Games>(第1回 冬季国際少年スポーツ大会<アジアの子ども達>)の開幕への「カウントダウンタイマー」である。今年3月23日に除幕式が行われた。その除幕式の際には「323日」という表示だった…それが「104日」だ…

これを視ると…「“冬”へのカウントダウン」というようなことを思ってしまう…冬季競技の大会を催す2月までのカウントダウンを行っているのだから…最近は、戸外に出て「やや手が冷たい…」というような場面も増えている…
posted by Charlie at 04:41| Comment(0) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする