2018年08月30日

海面の「光の路」…:稚内港北防波堤ドーム(2018.08.30)

↓丘陵の辺りに朝陽が姿を見せた…海面に「光の路」が現れる…
30-08-2018 morning (21)
↑雲に拡がった光が跳ね返って、不思議な感じに見えている…

多少雲は多めだが、明るく穏やかな朝だ…
posted by Charlie at 07:37| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝陽の光に色付く…:稚内港北防波堤ドーム(2018.08.30)

↓「日出の時刻」の辺りになったのだと思われる…光の感じが変わった…
30-08-2018 morning (10)
↑丘陵の向こうに朝陽の姿そのものが見えるのでもないが、朝陽が放つ光の影響が強まっている…

↓丘陵の側の雲に、朝陽の光が「滲む」ように見える…
30-08-2018 morning (12)

静かな感じ…こういう朝の風情が好い…
posted by Charlie at 07:36| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

黎明:稚内港北防波堤ドーム(2018.08.30)

↓東の空の明るさに誘われて、早朝の戸外へ…
30-08-2018 morning (6)
↑「日出の少し前」という辺りだ…

今朝は、雲の拡がりが少し面白い…海面はかなり静かだ…
posted by Charlie at 07:35| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月29日

夕陽が視え悪い夕空…(2018.08.29)

↓午後6時台に入った辺り…ノシャップ岬の辺り…
29-08-2018 (5)
↑やや雲が多く遠景も見え悪く、沈みかけている夕陽そのものも見えない…

他方で、静かな感じの海と空に浮かぶ雲の感じが…何となく面白いと思った…
posted by Charlie at 21:41| Comment(0) | HDR/稚内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月27日

チキンカレー(2018.08.23)

↓「稚内に在る」間に頂きたいお気に入り…
23-08-2018 evening (2)
↑焼いた鶏肉が載っているのが非常に好い…
posted by Charlie at 19:16| Comment(0) | HDR/稚内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビーフカレー(2018.08.21)

↓「稚内に在る」間に頂きたい!!
21-08-2018 dinner (1)
↑シンプルで「適度に辛口」な感じが好い…
posted by Charlie at 19:15| Comment(0) | HDR/稚内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やきめし(2018.08.20)

↓「他地域に在る」場面で思い出すことが多いモノ…
20-08-2018 (6)
↑色々と試行錯誤が在ったらしいが…具材が多めなのが素敵な<やきめし>!!
posted by Charlie at 19:14| Comment(0) | HDR/稚内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月23日

「光の路」…:稚内港北防波堤ドーム(2018.08.23)

↓宗谷丘陵側から朝陽が上った…久し振りに「稚内の日出」をゆっくりと眺められた感で嬉しい…
23-08-2018 morning vol01 (13)
↑海面に…「光の路」が浮かぶ!朝陽の光が拡がり、稚内港北防波堤ドームにも光が当たっている…

こういう状況から…稚内は「陽射しが眩しい朝」に突入して行った…
posted by Charlie at 07:36| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

暁の雲…:稚内港北防波堤ドーム(2018.08.23)

↓宗谷丘陵の向こう、オホーツク海では朝陽が輝き始めているのだろうか?
23-08-2018 morning vol01 (7)
↑稚内港北防波堤ドーム辺りの灯りが消え、空も明るさを増して来た感だ…

何処から来られた方か?旅行中らしい方も、辺りにカメラを手に現れて、「稚内の夜明け」を眺めて愉しんでいらっしゃる様子だった…こういう早朝の光景は、「稚内滞在で早起きした際、天候が好ければ是非!!」とお薦めしたい感である…
posted by Charlie at 07:34| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夜明けの目前…:稚内港北防波堤ドーム(2018.08.23)

「身体のリズム」が“サハリン時間”(日本時間+2時間)なるが故に…「夜は午後10時前に眠くなり、眼を醒ませば午前4時台」という、やや妙な状況で稚内に滞在中である…

↓午前4時台…「空が…明るい?」と戸外に出てみた…
23-08-2018 morning vol01 (2)
↑海面が「微風による漣」という按配だが…海も穏やかで晴れている…

稚内港北防波堤ドーム辺りの灯りは…未だ消えていなかった…ゆったりと宗谷丘陵側から朝陽が覗くまでに、些かの間合いが在る…

「眼を醒ませば午前4時台」というような場合…こういう好い景色が楽しめるというものである…
posted by Charlie at 07:33| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月22日

<ペンギン32>:稚内港…(2018.08.21)

↓前日に乗船した<ペンギン32>を眺めに、朝の稚内港国際旅客ターミナルに寄ってみた…
21-08-2018 port in morning (2)
↑雲が多く、やや弱い光の中で出航に向けて待機中であった…

前日の航海…サハリン南部のアニワ湾を抜けて海峡部に入る辺りから「風に抗い…浪に翻弄され…」という状態が若干見受けられ、速度が上がり悪かったようだが、それでも「概ね定刻」に稚内港に滑り込んだのだった…

↓こうして横から眺めれば…なかなかに精悍な感じの風貌だとも思う…
21-08-2018 port in morning (4)

この種の船に関しては…「乗船する人の数だけの“物語”」が産れるような気もする…今季のやや短い運航期間…あと1ヶ月間程度だ…
posted by Charlie at 07:28| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月21日

<くまたか>:海上自衛隊ミサイル艇(2018.08.21)

↓稚内港に入港中だった…
21-08-2018 port in morning (9)
↑海上自衛隊のミサイル艇である…背後の空の感じが何となく好く、この船に似合うような気がした…

↓艦尾側の艦対艦ミサイル発射筒が特徴的なのだが…艦尾側に寄り悪かったので、艦首側から何となく眺めた…
21-08-2018 port in morning (10)
↑この型の船の内部を公開した際に見学した経過が在るが、高速で航行するので指揮官やクルーが座る椅子にはシートベルトが付いていた…速度が出そうな艦首の形状だ…

稚内港は海上自衛隊が基地として利用している訳ではない…が、訓練航海の途次等に艦艇が寄港する例が存外に見受けられる…

posted by Charlie at 23:00| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月20日

<復活主教座聖堂>(2018.08.17)

↓久し振りに、やや遅い時間帯にこの辺りへ…
17-08-2018 in night (6)
↑庭園側の照明や、辺りの街燈の光等で聖堂が浮かび上がる感じが面白い…

日本風に設えたという話しの庭園の向こうに、ロシアの古い様式を採り入れている聖堂…気に入っている眺めの一つだ…
posted by Charlie at 05:29| Comment(0) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月19日

プルカエフ通とレーニン通との交差点:夏の午後…(2018.08.19)

思い立って買物に出掛けて…辺りを少し散策した…

↓曇ったり、晴れたりと変わり易い天候の中、晴れ間の時間帯に歩き回った…
afternoon on 19-08-2018 (2)
↑概ね頭上から光が射し込んでいる…

↓少し向きが変わると半逆光だ…
afternoon on 19-08-2018 (6)

こうして陽射しが強めであれば、歩くとやや汗ばむが…気温は20℃を挟む程度だ…何となく季節が移ろっている…
posted by Charlie at 23:14| Comment(0) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月18日

サハリン州郷土博物館(2017.08.17)

↓久し振りに、少し遅めな時間帯に辺りを通り掛かった…
17-08-2018 in night (5)
↑午後10時40分前後の感じだ…

建物そのものを照らし出す“ライトアップ”は消えているように見受けられたが、庭園内の灯りの御陰で、建物も少し明るく夜空に浮かび上がる感じだった…そして、「夜」の暗さの中で鮮やかな色彩が浮かぶ庭園や、街の灯りで不思議な色を帯びた夜空も好い感じだ…

↓未だこういう感じの眺めは「少し遅めな時間帯」というイメージだが…やがて夕方の早い時間帯からこういう雰囲気が視られるようになって行く…
17-08-2018 in night (4)
posted by Charlie at 10:41| Comment(0) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月16日

A.S.プーシキン像(2018.08.12)

↓曇りがちな天候から…一転して強い夕刻の陽射しという中で動き回った…出くわしたプーシキンである…
12-08-2018 vol02 (16)
↑光線の角度や周囲のモノの関係で強い光は見受けられないが…逆光加減な中で座っている詩人の像だ…

何となく趣が好い…
posted by Charlie at 21:58| Comment(0) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月15日

コルサコフ港:<ペンギン32>の到着(2018.08.09)

↓この日はなかなかの好天だった…
Korsakov on 09-08-2018 (8)
↑他方、海は少々うねっていたらしい…

8月8日から運航を始めたばかりの<ペンギン32>が稚内港からコルサコフ港へ着いた様子を視たのだった…
posted by Charlie at 18:03| Comment(0) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月14日

朝と夜…:レーニン広場(2018.08.13)

↓朝7時台…深い霧に包まれている…何やら「冴えない天候」という感だ…
13-08-2018 morning (1)

↓霧が晴れた後…青空が覗いて好天となったが、夕刻に俄かに雲が多くなり、強めな夕立が短めな時間…
13-08-2018 night (1)

↓雨上がりに夕食を摂り、何となく戸外でゆっくりした…
13-08-2018 night (2)
↑夕立で濡れた路面に雲までが映り込んでいる…

↓午後9時頃に灯りが点いた…
13-08-2018 night (5)

日中の最高気温が25℃に届くか届かないか…他方で、何処となく空気が湿っているような気がしている…が…「盛夏の酷暑」という状況の地域からサハリンを訪れている人達と言葉を交わせば…「爽やか!」ということになるユジノサハリンスクである…考えてみれば、ユジノサハリンスク辺りの気温は「酷暑に見舞われている地域の“冷房設定温度”?」というようなレベルだ…
posted by Charlie at 20:50| Comment(0) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チョコレートトルトとカフェモカ…(2018.08.12)

↓こういう組み合わせを楽しみながら一息…実に好い感じだ…
12-08-2018 vol02 (4)
↑この店は、店内でケーキを頂く場合、少し華やかに飾り立てた状態で供してくれる…

↓何時も「融けてしまわないように…」と、添えられているアイスクリームを先に頂く…
12-08-2018 vol02 (6)
↑アイスクリームを添えたケーキ…意外に好いものだ…

↓ケーキを頂いてから、飲物をゆったりと…
12-08-2018 vol02 (2)

こんな細やかなことが…酷く贅沢なように思える昨今だ…
posted by Charlie at 04:06| Comment(0) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月13日

西日の光と花壇と…(2018.08.12)

↓曇りがちだった日曜日の夕刻、不意に雲が少な目になって西日の強めな光が差し込んだ状況に…戸外に出て花壇を眺めた…
12-08-2018 vol01 (7)
↑レーニン通とパベーダ通の交差点辺り、プーシキン広場の入口辺りに在る花壇だ…

何処かのイラストレーターが“創造の翼”を羽ばたかせて大胆な配色を試みたにしても…ここまで華やかな色の花を描くだろうか?そんなことを思った…

↓こんなに鮮やかな花が眺められる期間…もう、然程長くもないのかもしれない…
12-08-2018 vol01 (5)
posted by Charlie at 19:41| Comment(0) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月12日

“САХАЛИН”(2018.08.11)

↓С(エス)
11-08-2018 vol01 (1)

↓А(アー)
11-08-2018 vol01 (2)

↓Х(ハー)
11-08-2018 vol01 (3)

↓А(アー)
11-08-2018 vol01 (4)

↓Л(エル)
11-08-2018 vol01 (5)

↓И(イー)
11-08-2018 vol01 (6)

↓Н(エヌ)
11-08-2018 vol01 (7)

↓7文字で「САХАЛИН」(サハリン)…
11-08-2018 vol02 (4)
↑なかなかに鮮やかで眼を奪われる…

ユジノサハリンスク市街の東側を南北に延びるゴーリキー通の南端辺りが、エセーニン通と交差する辺りに据えられている…ユジノサハリンスクで開催中の、ロシア全土から参加者が来ている催事に関連して据えられた臨時的な看板かもしれないが…「サハリンの自然」というような、野鳥や海獣や魚等のイメージを入れたアルファベットのデザインが美しい…

posted by Charlie at 10:03| Comment(0) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月11日

グラフィティー『サハリンの旅』(2018.07.29)

あの巨大な大聖堂のやや南…ゴーリキー通を歩いた…

↓長い塀にこんな画が在った…
29-07-2018 wall (1)
↑なかなか視る機会が設けられずに居る、アニワ岬灯台の画だ…

↓そのまま少し北側へ進めば、コルサコフ市域の入口に在る標柱の画が出て来た…
29-07-2018 wall (3)

↓北へ進むと…コルサコフ市域の入口から北上した辺りに在るユジノサハリンスク空港の画が…
29-07-2018 wall (4)

↓更に…ユジノサハリンスク市内のサハリン州郷土博物館やチェーホフセンターも…
29-07-2018 wall (8)

↓そして文字…『サハリンの旅』と、一連の画の標題が在る…
29-07-2018 wall (9)

↓海難慰霊碑にトドと石炭の船…ネベリスクだ…
29-07-2018 wall (11)

↓アレクサンドロフスク・サハリンスキーも出て来た…
29-07-2018 wall (14)

↓“三兄弟”も在る…
29-07-2018 wall (16)

↓更に進めば、古くからの油田が在るオハが出て来る…
29-07-2018 wall (18)

↓そしてサハリン島の北端部、エリザヴェータ岬…
29-07-2018 wall (19)

↓150m程度かと思うが…長い塀に『サハリンの旅』という標題の下、細長い島の各所に点在する方々の有名なモノが描かれていた…
29-07-2018 wall (20)

一寸だけゆっくりと、歩道を歩いて眺めたいグラフィティーだった…
posted by Charlie at 16:41| Comment(0) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<PRO100БУРГЕР>(プロスタブルゲル)の“ダブル”…(2018.08.06)

↓自身の中では“定番化”しているメニュー…
06-08-2018 dinner (4)
↑“カトリェータ”と呼び習わされるハンバーグを1枚追加…“ダブル”にしてしまう…

↓これに一品何かを添え、ビールを1本…最近、少し定着している夕食である…
06-08-2018 dinner (2)
posted by Charlie at 07:47| Comment(0) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月10日

<Бад>(バド)…(2018.08.07)

「一寸、食事を…ビールの一杯も序でに頂こう…」と夕食に立寄った店で…眼に留めたビールが好さそうなので頼んでみた…

「バドワイザーを…」と言えば…店員さんは、不思議そうな「??」という表情を浮かべた…目の前にバドワイザーが並んでいるのだが…

「それを…」と並んでいたバドワイザーを指し示すと…店員さんは「バドですね…」と直ぐに理解してくれた…

↓頂いたのがこれ…バドワイザーな訳だが…
07-08-2018 (8)
↑ラベルには<Bud>と略称のロゴが描かれている…

何気なくレシートを視れば…<Бад>(バド)となっていた…略称の方が固有名詞的に定着していて、<バドワイザー>という名が、やや知られていなかったようだ…或いは、店員さんは若い女性で、ビールが余り得意でもなかったのかもしれない…

↓日中が少し温かく、軽く汗ばむような状況なので、190ルーブルのビールを夕刻に一寸頂くというようなことが、実に心地好い…
07-08-2018 (7)
posted by Charlie at 17:41| Comment(0) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月09日

<Дарт Вейдер>(ダルト・ヴェイデル)(2018.08.04)

↓ユジノサハリンスク市内の大型商業施設の小さなテナントで見付けて…思わず求めてしまった…
04-08-2018 goods (3)
↑アメリカンコミックを綺麗にロシア語訳した代物…1冊450ルーブルだった…

<Дарт Вейдер>(ダルト・ヴェイデル)…あの『スターウォーズ』の“ダース・ベイダー”に他ならない…英語での綴り字にロシア語アルファベットの文字を宛てたのだろう…

↓本の裏側である…表紙も中も裏も、全て“カラー”である…
04-08-2018 goods (4)
↑「12+」と在って、「12歳以上の読者を想定し、発売が許可されている」ということが判る…

↓所謂“アメリカンコミック”そのものな画風、コマ割りで、本は“フルカラー”で紙の質も佳い感じだった…吹き出しに入っている台詞は、全てロシア語になっている…
04-08-2018 goods (5)
↑何処となく…「ペンで描いたというより…コンピュータ?」と思わせるような画風でもある…独特な雰囲気が漂う感じだ…

『スターウォーズ』に関する物語は、色々とコミックが創られているのであろう。立寄った店には、他にも色々と在ったが…個人的に“ダース・ベイダー”が好きなので、これを入手してしまったのだった…

ロシアの、それもサハリンで…世界的な展開を図っているようなキャラクターが登場するコミックに出くわしたのは、多少面白い経験だ…
posted by Charlie at 21:45| Comment(0) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする