2018年07月04日

<PRO100БУРГЕР>(プロスタブルゲル)を“ダブル”に…(2018.07.03)

近所のハンバーガーの店が気に入って、寄る頻度が何となく高くなっているような昨今…「お好み」で色々と中身に追加も出来ることが判り、それを幾分試行して試している。

↓「言葉遊び」で<PRO100БУРГЕР>(プロスタブルゲル)と命名されたモノが気に入っているのだが…「肉をもう1枚」というのを試行した…
03-07-2018 (1)
↑言わば「<PRO100БУРГЕР>の“ダブル”」という訳だ…

友人によれば、この店はロシア国内ではなかなかに評価が高い肉を使ったハンバーグを使ったハンバーガーを供しているらしいとのことだが…確かに美味い!

ハンバーガーに入っているハンバーグは「котлета(カトリェータ)」と呼び習わされているのだが、それを追加する訳だ…

↓なかなかにボリューム感溢れる感じになる…
03-07-2018 (6)

<PRO100БУРГЕР>(プロスタブルゲル)を頂く場合、他にもう1つハンバーガーを頂いてしまう場合も無いでもないのだが…“ダブル”にすると「2個頂く場合に近い満足度で、2個求めるより少し安価」ということになる…これから“お気に入り”になって行きそうだ…

>><PRO100БУРГЕР>(2018.06.12)

>>Питербургер(ピーチェルブルゲル)(2018.06.04)
posted by Charlie at 15:28| Comment(0) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レーニン広場:灯りが入り始めた頃…(2018.07.02)

↓この辺りで「夏の黄昏」という風情を感じたのは、少し御無沙汰であったような気がする…
02-07-2018 (11)
↑車輛の通行が途切れる一瞬にシャッターを押す…

画の右側の奥が西寄りに相当するが…沈んでしまって尚余燼が残っている光が創る“グラデーション”が感じられ、何となく面白い…

↓こういう時間帯の空は、「数分間」眺めている程度でも、様子が複雑に変わって面白い…
02-07-2018 (16)
posted by Charlie at 07:14| Comment(0) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<ムーミー・トローリ>(2018.06.11)

↓ウラジオストクでは、少し名前が通ったバーである…
11-06-2018 Vladivostok vol06 (14)
↑ソ連時代末期に色々なロックバンドが注目されたのだったが、その中でも異彩を放った「ウラジオストク出身」のバンド、<ムーミー・トローリ>に因む店名…聞けば、バンドのリーダーが経営会社に関与しているらしい…

↓渋い店内だ…
11-06-2018 Vladivostok vol06 (10)
↑遅めな時間帯の賑わいの前に、一寸だけ立寄った…

↓昔のレコードが、壁の上にオブジェ風に飾られていた…
11-06-2018 Vladivostok vol06 (11)

↓カウンターに陣取って、スコッチをロックで…
11-06-2018 Vladivostok vol03 (6)

↓そして<ロングアイランドアイスティー>も…
11-06-2018 Vladivostok vol06 (12)

また、ゆっくり寄りたいような雰囲気だ…
posted by Charlie at 04:07| Comment(0) | HDR/2018年6月の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする