2018年06月16日

“リラ冷え”の中でライラック…(2018.06.15)

↓花が西日に透ける感じで美しい…ライラックが咲いている…
15-06-2018 (5)
↑午後7時前位の様子だ…

方々にライラックが美しい時季を迎えているが…「上昇していた気温が不意に落ちる」という、ライラックの花の時季に見受けられる“リラ冷え”という現象の中に在るユジノサハリンスクだ…その“リラ冷え”から、なかなか気温が上がらない…
posted by Charlie at 17:39| Comment(0) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

“ガーゴイル”が飾られた建物:オケアンスキー通(2018.06.11)

<中央広場>が視える辺りから、北寄りな方向への上り坂が在り、交通量も多い…オケアンスキー通だ…

↓オケアンスキー通の上り坂に入って程無く、不思議な飾りの在る建物が眼に留まる…
11-06-2018 Vladivostok vol06 (6)
↑“ガーゴイル”と呼ばれる想像上の動物だ…

↓坂の上の側、建物の側面の感じだ…
11-06-2018 Vladivostok vol06 (7)
↑欧州で流行った経過が在るような感じの造りで、色々な飾りが面白い…

この建物…嘗ては「日本総領事館」であった建物なのだそうだ…

1876年に当時の日本政府はウラジオストクに「貿易事務館」を設置し、それが1907年に至って「領事館」ということになったという。その後「総領事館」に格付けが上がっている。そして1914年に最初の木造の建物が取り壊され、現在は博物館になっている建物に総領事館が入居し、1916年に画の建物が完成して総領事館になったのだという。そして1946年まで、この建物が総領事館であったのだということだ…

因みに…この建物は、現在は裁判所になっているそうだ…

不意に古くからの経過が覗く建物に出くわす…こういうのが、他所の街を散策する楽しさである…
posted by Charlie at 14:08| Comment(0) | HDR/2018年6月の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

“宇宙飛行士”のグラフィティー(2018.06.12)

↓何時の間にか登場したグラフィティーである…
12-06-2018 (13)
↑宇宙飛行士が宇宙ステーションのハッチから外に飛び出すかのような感じだ…

宇宙ステーションのハッチのように見立てられた円…何処となく「洗濯機?」のようでもあるが…「宇宙飛行士を洗っているのではなく…宇宙飛行士は飛行中なのです…」というような意味合いの言葉が添えられている…

一寸面白い…
posted by Charlie at 08:49| Comment(0) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レーニン広場:クール(過ぎる)朝…(2018.06.15)

↓朝の街を歩く際、空の蒼が覗いている…これも「暫らく振りだ…」と思った…
15-06-2018 morning (1)
↑雲がやや多い他方、「蒼」が確り覗く空である…

広場の緑も濃くなり、画でもそれが鮮やかではあるが…気温は5℃程度…広場のレーニン像はコート姿だが、多少は“防寒”を意識した上着が必要な感である…
posted by Charlie at 04:34| Comment(0) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする