2018年06月04日

大阪城天守閣:西の丸側から望む(2018.05.20)

大阪城には「大坂城」と呼ばれていた、明治維新の頃までの遺構が幾分残っていて、「明治150年」というようなことが在って、そうした貴重な遺構の期間限定公開が行われていると聞いた。

天候が好転して、“北国”からやって来た自身にとっては「少々暑い…」ようにも思えたのだが、ゆったりと遅めな昼食を摂っていた関係で「時間に間に合うのか?」と少し焦りながら大阪城公園を速足で動き回った…

公開時間には無事に間に合い、大手口から西の丸辺りを主に動き回った…

↓西の丸から見上げる天守閣が美しいと思った…
Osaka Castle on 20-05-2018 (10)
↑緑が鮮やかな時季…それを引き立てるかのような空の蒼…些かの白雲…素晴らしい!

↓天守閣の真下辺りの広場へ通じる側に進んだ…こういう「濠と石垣と建物」という感じが「城らしい」感じでなかなかに見栄えが好い…
Osaka Castle on 20-05-2018 (15)
↑辺りは、何やら元気なカラスが居て、やや危なっかしい感じがした。注意喚起の看板も在った…

今般は天守閣へは入場しなかったが…入場しなくても、こうやって「眺めて画になる」というのも好い…
posted by Charlie at 22:19| Comment(0) | HDR/2018年5月の旅(2回目) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大坂城焔硝蔵(2018.05.20)

大阪城には「大坂城」と呼ばれていた、明治維新の頃までの遺構が幾分残っている。

↓そういう遺構の一つである焔硝蔵(えんしょうぐら)だ…
Osaka Castle on 20-05-2018 (13)
↑概ね2.5mもの厚さになるという石の壁で囲まれた蔵(=倉庫)である。足下の辺りに何箇所か、通気口も開けられている。しゃがみ込んで覗くと、本当に2.5mと言われる石壁の厚さが判る…

「大坂城」は1615年の戦いで豊臣秀吉が築城したとされる城が落ちてしまい、その後に徳川幕府が改めて城を築いていて、その徳川幕府の時代の建物等の一部が残っている。焔硝蔵もその一つだ…

江戸時代を通じて、火縄銃や大砲も使われていて、そのための火薬類を蓄えておく必要が在った。大坂城は「西日本での有事に備える」という位置付けで、武器類も蓄えられていた訳で、その一環として火薬も蓄えられていた。焔硝蔵は、火薬を蓄える倉庫である。

↓焔硝蔵の扉は、非常に堅牢な感じに設えられていた…
Osaka Castle on 20-05-2018 (11)

大坂城は明治以降に大阪城ということになり、敷地は陸軍が利用していた。昭和の初めに一部が公園として整備される訳だが…この焔硝蔵に関しては、明治期以降も軍が火薬等を保管する目的で利用していたらしい…

今般、たまたまタイミングが好く、興味深いモノを視ることが叶った…
posted by Charlie at 22:18| Comment(0) | HDR/2018年5月の旅(2回目) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大坂城多聞櫓(2018.05.20)

大阪城には「大坂城」と呼ばれていた、明治維新の頃までの遺構が幾分残っており、それを見学する機会を設けることが叶った…

↓大手口に近い多聞櫓の内部だ…
Osaka Castle on 20-05-2018 (2)
↑石垣に沿うように設えられた、戦時には将兵が詰めて防衛の任に就く場所で、平時は関係者が行き交う通路となっていた場所だ…

「大坂城」は1615年の戦いで豊臣秀吉が築城したとされる城が落ちてしまい、その後に徳川幕府が改めて城を築いていて、その徳川幕府の時代の建物等の一部が残っている。この多聞櫓もそうしたモノの一つだ…

最近のテレビドラマではCGを使って見せているようだが、豊臣秀吉の時代の大坂城には壮麗で巨大な天守閣が築かれた。その落城後、徳川幕府も大坂城に天守閣を築いたと伝わるが、その天守閣は火災で焼失し、永く再建されなかった…

幕末期、14代将軍の徳川家茂や15代将軍の徳川慶喜が大坂城に入った経過が在る。その時代の大坂城は、幕府が軍事行動をしていたが故に軍勢の総指揮を執る司令部、本営であり、将軍の政務の一部が執り行われた政庁であり、将軍自身や幕府の高官達が滞在する公館というような様々な機能を担っていた。広大な敷地に“御殿”と呼び習わされた建物等が在った訳だ…

大手口の多聞櫓だが、城の敷地の外と出入する際、御殿へ移動するために通らなければならない場所であったらしい。ということは…画の多聞櫓の屋内に在る通路は、2人の征夷大将軍や、彼らに従った幕閣が歩いた場所ということになる…

「大阪城」は、昭和に入って「“大大阪”のシンボル」として天守閣が登場して公園として整備もされた場所であるが…間違いなく「大坂城」であった場所で、こういうモノのような「確かな歴史の痕跡」が在るのだ…

大坂城と聞けば…戊辰戦争が始まった鳥羽伏見の戦いの直後、徳川慶喜が何時の間にか城から抜け出してしまっていて、それに気付いた大勢の人達が「大樹公は何処におわす!?」と大騒ぎした挿話が伝わるが…この多聞櫓の様子を視ながら、「大樹公は何処におわす!?」と血相を変えて、唾を飛ばしながら行き交う関係者の様子を想像していた…

今般、たまたまタイミングが好く、興味深いモノを視ることが叶った…
posted by Charlie at 22:12| Comment(0) | HDR/2018年5月の旅(2回目) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウラジオストク土産のTシャツ(2018.05.21)

↓日本国内、殊に関西方面で着ると「(野球の)タイガースファン?」という感じのTシャツだ…
from Vladivostok, 21-05-2018
↑ウラジオストク空港の中、成田空港へ飛ぶ前に売店で求めたTシャツである…大阪の宿で広げて、戸外に出る際に着ていたTシャツだ…

ウラジオストクでは、虎が地域のシンボルとなっている。日本国内では、方々の動物園で“アムールトラ”に出くわすと思うが…ウラジオストク辺りで、嘗てはその“アムールトラ”と出くわすことが多かったのだそうだ…

Tシャツには…虎のイラスト、ウラジオストクの名、建都が1860年とされていること、自動車のナンバープレート等に使われる地域コードが25であることが記されている…

早速「お気に入り」になってしまっている…
posted by Charlie at 03:29| Comment(0) | HDR/2018年5月の旅(2回目) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<D51 1072>:神戸(2018.05.21)

神戸市内…高速神戸駅に着いて、湊川神社に立ち寄った後、ハーバーランドの辺りを目指した。遊覧船に乗船してみたかったからなのだが…途中、元町の端辺りを通り抜ける…

↓こういうモノが置かれていた…
Kobe on 21-05-2018 vol01 (3)
↑D51!!日本国内では最も多く製造され、各地で活躍した経過が在る蒸気機関車だ…

このD51の1072号機は昭和19(1944)年に製造され、昭和50(1975)年まで運用されていたのだという…昭和53(1978)年に神戸市内に鉄道の歴史を伝えるモニュメントとして置かれるようになって、最近の辺りの整備で現在位置に据えられたようである…

↓除煙板の形状等が「北海道仕様?」という感である…長さが19mで重量が87トンというD51…なかなかに見栄えが好い…
Kobe on 21-05-2018 vol01 (4)

何か「歩道脇で唐突に蒸気機関車が現れる」という雰囲気で、然程注目されているようなモノでもないように見受けられた…が、この種の静態保存の蒸気機関車としては悪くない状態であるように見えた…

この辺りというのは、東海道本線と山陽本線とが繋がるような場所で、日本の鉄道の歴史でも重要な地区ということになるのかもしれない。そういう場所に、D51…好いことだと思う…
posted by Charlie at 03:28| Comment(0) | HDR/2018年5月の旅(2回目) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今津灯台(2018.05.21)

兵庫県の西宮市…阪神線の西宮駅の少し東側が今津である…その今津地区に久寿川駅が在る。各駅停車のみが停車している駅であるようだが…

↓久寿川駅から高速道路の高架を潜って海側へ進むと、こういうモノに出くわす…
Imazu, Nishinomiya in morning on 21-05-2018 (3)
↑少し不思議な形をしている…

↓こんな具合に海辺に佇んでいるモノだ…
Imazu, Nishinomiya in morning on 21-05-2018 (7)
↑これは…江戸時代の灯台である…そして現在でも航路標識として、海上保安庁に登録されているのだという…

酒造で知られる灘は、現在の西宮市から神戸市の沿岸部に広がる場所で、今津もその一部である。今津の海岸も、酒の輸送に携わる船や漁船が多く行き交っていた。そこで、現在でも今津に本拠地を構えている大関酒造の創業家の御先祖が「灯明台」と呼ばれた灯台を設置した経過が在るのだという…

現在の今津灯台…これは1858年のモノを再現した灯台であるのだという。近在には、上架された状態でトレジャーボートが多く見受けられたが…現在もこの今津灯台が航路標識としての、一定の役割を担っているということなのだ…

↓少し地味かもしれないが…酒造や海運という、辺りの産業の歴史を静かに伝えている、少し貴重な存在だ…
Imazu, Nishinomiya in morning on 21-05-2018 (6)

大変な好天に恵まれた中でこれを視られて好かった…
posted by Charlie at 03:27| Comment(0) | HDR/2018年5月の旅(2回目) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする