2018年04月15日

霧深い早朝:レーニン像の背中とウラジオストク駅舎(2018.04.15)

実質的に「初めてゆったり眺めたウラジオストクの風景」ということになる、レーニン像越しに視えるウラジオストク駅という景観が酷く気に入った…

空港からのバスで駅前に到着した際、下車する場所がレーニン像の直ぐ前で、レーニン像の背中側に坂を上がった道を進めば予約した宿への道筋だ…そんな理由で「ここにもレーニンが居た…」とも思いながら背中側に向かって行ったのだった…

↓早朝に一寸戸外へ散策に…こんな様子を眺めた…
foggy early morning at Vladivostok 15-04-2018 (3)
↑未だ灯りが随分と残る感じだが、駅舎の向こうに覗く筈である巨大な橋梁が深い霧で視えない…

↓もう少し退いた感じな画である…
foggy early morning at Vladivostok 15-04-2018 (2)

「雨が少々交じる」という按配…とりあえず継続中だ…
posted by Charlie at 08:39| Comment(0) | HDR/2018年4月の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウラジオストク空港ビル外観(2018.04.14)

「到着」ということで「建物内を動き回った」のは「3回目」だが…

↓「3回目の到着」で「初めて!」こういう様子を眺めた…
Vladivostok AP 14-04-2018 (1)
↑鏡のような硝子に辺りの様子が映っている他方、高い辺りは建物内の様子が透けている…何か「不思議な質感」のように視える…

画をクリックしてFlickr.comに在る画を開き、更に拡大すると…「密かに映り込んでいる撮影者」が判る…

とにかくも、無事にウラジオストクに入った訳だ…
posted by Charlie at 02:42| Comment(0) | HDR/2018年4月の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする