2017年06月30日

新旧2本の児島ジーンズ KOJIMA GENES 18oz セルビッチ カウボーイ ストレートデニム(2017.06.30)

↓2015年12月入手のジーンズが下…2017年6月前半に入手したばかりのモノが上である…
my jeans 29-06-2016 (1)
↑全く同じ型でサイズも同じというモノなのだが…大きく趣が異なる…

↓新しい方は、ユジノサハリンスクで求めたサスペンダーを付けて着用している…
my jeans 29-06-2016 (3)
↑最近はこの新しい方を着用する機会が多いのだが、昨日の夕刻に雨の中を歩き回って湿ったので干してあったのだ…

双方共に、使い込んで行く中で様子は変わって行くことであろう…岡山県の児島で産れたジーンズは、サハリンで活躍中である…

【送料無料】" 児島ジーンズ KOJIMA GENES 18oz セルビッチ カウボーイ ストレートデニム "【国産 made in japan 日本製 岡山 児島】【ボトムス メンズ】【18オンス ボタン 青耳】【30インチ 〜 42インチ】【ジーンズ】【ハーレー】



posted by Charlie at 06:10| Comment(0) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月29日

雨の夕べに:バス停(2017.06.29)

↓バス停にバスが少しゆっくり停車していた…車輛の流れが瞬時途切れ、何やら濡れた路面がテカテカと鏡のようになっている…
29-06-2017 (6)

夕刻から雨…些か強くなりつつあった中で食事に出た…バス停の傍の店だが…乗るべきバスを待つ間に、ゆっくり歩いて直ぐ傍に至ってしまいそうな感じなので、何時もスタスタと歩いて行ってしまう店…硝子張りで外が視える辺りに陣取ってゆっくりしていた…

食事を愉しんで、ぼんやりしている間に、雨が多少弱くなってくれることを期待したが…「酷い?」感じがほんの少々和らいだ程度で、少し雨が強いことに何らの変化も無い…

土曜日辺りから曇りや雨ばかりで、水曜日に漸く晴天に恵まれ、木曜日は曇天から雨である…

「晴れない…」なら、それはそれで構わないが…歩き悪いので、雨は一寸嫌だ…
posted by Charlie at 20:53| Comment(0) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月28日

<セミョーラチカ>(2017.06.24)

何時までも肌寒く、時々強めな雨も交じるというような感じに些かの不満を覚えながらも、雨上がりの街を歩いていた時だった…

↓こういうモノを視掛けて足を停めた…
24-06-2017 (1)
↑集合住宅等の在る辺りの一隅に、小ぶりに視える建物…「1階がコンビニ、2階がカフェ」という感じ…日本の都市に在りそうな雰囲気だ…

↓1階の店…何やら「何処かで見覚え?」というような看板やデザインの店である…
24-06-2017 (2)
↑この店は<セミョーラチカ>という…

<セミョーラチカ>とは「7」の看板で判るが、数字の7に関して「7ちゃん」というように親しみを込めて言う表現だ。この語でネット検索をしてみれば、ロシア語圏の方々で商店や飲食店等の呼称に使われている例を視掛ける…

この「コンビニ風?」な<セミョーラチカ>に入ってみれば…「或る程度限られた店舗スペースに、極力多種多様なモノを置こうとしているスーパー」という感じだ。パンや缶詰の他方にペットフードが在って、アイスクリームや菓子も在れば、トイレットペーパーや石鹸も在った。乳製品の他方に酒類や冷蔵庫に入ったビールも色々と在った。そしてこの店は特段に何かのチェーン店というような具合ではないように見受けられる…

一寸面白いと思った場所である…
posted by Charlie at 04:33| Comment(0) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月26日

生け花(2017.06.25)

サハリンでは『国際日露文化フェスティバル 2017』というモノが催されていて、色々と催事が在るのだが…

↓生け花のデモンストレーションが行われていた…
25-06-2017 (11)

↓紫のアジサイは「日本独特な花」ということも、デモンストレーションでは紹介されていた…
25-06-2017 (10)
↑これは長崎の出島に在ったオランダ商館で活動した医師で博物学者として知られるようになったシーボルトが、長崎で愛していた女性の「お瀧さん」に因んで、「ハイドロランゲア・オタクサ」(「お瀧さん」が転訛して「オタクサ」)という学名を付けて欧州で紹介している…そんなことを思い出しながら説明を聞いていた…

それにしても…「サハリンでの日本文化紹介」とか、「サハリンで活動している生け花関係者の作品展」というので、短い期間に何度か生け花を視たが…或いは稚内に居る時よりも、こういうモノを視る機会は多いかもしれない…
posted by Charlie at 19:01| Comment(0) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

ゴーリキー通の犬達(2017.06.24)

強めな場合も在った雨交じりの時間帯の後、雨が上がったので辺りを少し歩き、ゴーリキー通に至った…

↓歩道脇の少々広い芝生の上…犬がのんびりと寛いでいた…
24-06-2017 (5)
↑殊に右側の白い犬…実に無防備に、「幸せそう?」に寝ていた犬…近くに佇んでカメラを向けても、全然動かない…多少は動くので、死んでいる訳ではない!!

辺りには「所属不明」な感じの犬達が何頭か居た…何か悠然としている感じだったが、彼らも強めな雨が落ち着いて、少し安堵感が在るのかもしれないなどと想像した…

ユジノサハリンスクで視掛ける、こういう「所属不明」な感じの犬は、滅多に吠えない…犬の吠える声で多少驚く場合、犬は大概は何処かの飼い犬で、飼い主に連れられている…

posted by Charlie at 09:05| Comment(0) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

“サマゴン”=自家醸造・自家蒸留の酒=密造酒 という呼称のベラルーシのウォッカ(2017.06.24)

ユジノサハリンスク市内のスーパーに設けられた酒類コーナーでは、“伝統”を前面に押し出した老舗メーカーの製品から、最新鋭の設備を整えた工場での製造を謳う製品に至るまで、またロシア全土の他に旧ソ連諸国の製品も色々と在る。

そういうのを眺めてみるだけでも愉しいのだが…気になったモノは時々求めてみる…

↓酷くラベルが気になって…何度も「どうしようか?」と陳列されている様子を眺め…思い切って買い求めて、気に入ってしまったのがコレ!前日夕方に入手し、朝まで冷蔵庫に入っていたが、休日だったので朝から試飲してしまった次第…
my vodka on 24-06-2017 (6)
↑古めかしい、かなり古い方式の酒の蒸留装置のイラスト…敢えて旧書体を取り入れた“サマゴン”というロゴ…“サマゴン”というのは「自家醸造・自家蒸留の酒=密造酒」という意味だ…

↓こういうような、少しクラシカルな雰囲気のボトルで売られている。スクリュー式の蓋ではなく、「パチッと嵌める栓」という感じの蓋である…
my vodka on 24-06-2017 (1)

「自家醸造・自家蒸留の酒=密造酒」という意味の呼称だが、そういう「ややこしいモノ」ではなく、普通に酒造メーカーが出している製品だ。普通のスーパーの酒類コーナーで堂々と売られている代物であり、そこで買い求めたのだから…

モノは、どうやらベラルーシのミンスクに本社と工場を構える老舗酒造会社が手掛けているらしい。或いは、期間限定で製造したモノかもしれない。というのは、メーカーのウェブサイトにこれと全く同じモノが見当たらない。これの“シリーズ”らしいモノは発見したが…

日本国内の本格焼酎で、古式な蒸留器を使用していることを謳っているモノや、「昔ながらの」と謳っているモノの中に、口にした時に「材料由来の芳香と強い“当たり”」というようなモノを感じる製品が見受けられる…この“サマゴン”なのだが、そういう「“昔ながら”を謳う本格焼酎」に少し似た、「グッと来るような“当たり”」が口にした時に感じられる。“本格焼酎党”を自認するような人には、ひょっとすると「もっと一般的なウォッカ」よりも口に合う場合が在るかもしれない…

一寸面白いモノに出逢った…何か、あっという間にボトルを空けてしまいそうな気がするので、後で買い足しておこう…
posted by Charlie at 13:43| Comment(0) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

≪Сиббиттер Кедровая выдержанная≫(シビッテル ケドロヴァヤ ヴィヂェルジャンナヤ)(2017.06.22)

スーパーの酒類売場では、色々な酒が種類毎に纏められて“コーナー”という感じで整理されている。よく眺めるのは“ウォッカ・コーナー”である…

↓その“ウォッカ・コーナー”で見付けて来た一本…
22-06-2017 (20)
↑この外観…「ウォッカ…だよね?」という雰囲気である。「琥珀色の酒」である。

琥珀色の酒だが、これは「薬草エキスが入ったウォッカ」である。杉樽に貯蔵するらしい…そういうイラストもラベルに在る…

↓シベリアのオムスクに在る会社で製造している酒だという…
≪Алкогольная Сибирская Группа≫

↓サイトに「ヴァーチャルツアー」というコンテンツが在った。1993年開業で順次整備を進めた最新鋭の工場で各銘柄の酒を造っているという…
Виртуальный тур

↓カクテルベースにするという飲み方もあるようだが…とりあえずストレートでこれを試飲した…
22-06-2017 (19)
↑薬草エキスは「苦いような甘いような」という何とも言えない感じの味を醸すが、それがシベリアの水を使っている清浄な感じのウォッカにマッチし、「高価なウィスキー?」という外観も好く、何となく盃が進む…度数は38度だという…「本格焼酎の原酒」と似たような度数だ…

住まいに置いて在った酒類が切れて、何となく仕入れようとして見付けたのだが…何となく「思ったより多く空けてしまう…」感じだ…
posted by Charlie at 04:21| Comment(0) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月22日

イチゴの鉢植え?(2017.06.21)

↓夕食に立寄った店で視掛けた…
21-06-2017 vol01 (8)
↑イチゴが鉢植えに!?

↓こういう具合に植物が飾られていた…
21-06-2017 vol01 (9)
↑緑の中に赤いイチゴが一際華やかに思えた…
posted by Charlie at 05:11| Comment(0) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月21日

豚肉が多目な“キムチ豚”(2017.06.20)

ランチを愉しみに寄る店で、幾つかの選択肢から選ぶ「本日のメニュー」の中に“キムチ豚”の文字を見付けた。

“キムチ豚”…ホルムスクの店でこの文字を眼に留め、何が登場するかと思えば「所謂“豚キムチ”…」ということが在った。今回も、所謂“豚キムチ”が登場するのだと想像しながら、これを頼んでみた…

↓登場したモノを視ると…「豚肉のトマトソース煮?!」と見紛うような外観のモノが現れた…
20-06-2017 (4)
↑付け合せに「マカロニ」と呼び習わされているペンネパスタをお願いした関係で、益々「トマトソース煮?」というような雰囲気が漂う…

口にしてみれば、これは確りとキムチが使われていることが判る味わいだった。確りと食べ応えが在る豚肉に、サクッとしたキムチの白菜と辛味が巧く絡まっている…これは満足度が高いモノだった。

この料理に…

↓こういう感じの野菜スープ<シィ―>が付き…
20-06-2017 (3)

↓こんな感じのサラダも添えられて…
20-06-2017 (1)

ランチは350ルーブル…非常に気に入っている!
posted by Charlie at 05:27| Comment(0) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パスタ・ボロネーゼにピッツァ・マルゲリータ(2017.06.20)

「ピザが美味い」と聞いた店で…「ピザ生地の上にシーザーサラダ」という独特なモノをそれなりに愉しく頂いたのだが…何か「ピザ!!」という感じの、「典型的なモノ」を頂いてみたいという気分が高まってしまった…

そこで件の店を再訪した…

↓こういう按配の夕食を愉しんだ!!
20-06-2017 (7)

↓パスタ・ボロネーゼ…トマトソースで挽肉…所謂“ミートソース”のイメージに近い…
20-06-2017 (8)
↑これは好かった!!ガツガツと頂いてしまった…

↓ピッツァ・マルゲリータ…トマトソースとチーズの「ピザの定番の中の定番」という代物…
20-06-2017 (9)
↑「イタリアの流儀」を謳う生地…ソースとチーズの絶妙なコンビネーション…日本国内の「イタリア料理」を謳う、比較的カジュアルなチェーン店等で頂けるモノと何ら変わりがない「らしい!」感じのピザだった…

何か「妙に満足!」という感じだった…また寄ってしまいそうである…
posted by Charlie at 05:22| Comment(0) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

ピザ“シーザー”?(2017.06.19)

「美味しいピザの店」という噂を聞き、また近くを通り掛かって店を視た時に「お洒落!」な感じだったので興味を覚え、夕刻に一寸足を運んでみた…

ピザのメニューは色々と在ったのだが…眼に留めたのは“シーザー”なるモノ…「どういうモノ??」と思って頼んだが…

↓待つこと暫し…「出来立て!」と登場したのは、こういう代物だった…
19-06-2017 (8)
↑ピザに所謂「シーザーサラダ」が載っている!?

これは焼き上げたピザに、サラダの野菜を載せて、ドレッシングや粉チーズまで掛けている代物で、「アッサリしたピザとサラダを頂く」というフィーリングだった…

それにしても…「全く初めてお目に掛る」感じの代物だった…
posted by Charlie at 05:26| Comment(0) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

噴水とサハリン州郷土博物館(2017.06.18)

↓酷く暑いでもないのだが、光線が非常に眩しい中、噴水の水飛沫が何となく好い…
Sakhalin Regional Museum on 18-06-2017 (2)
↑樺太時代の建築の屋根の端に…さり気なくロシア国旗が翻っている…

↓飛沫と建物が重なって見える感じ…何となく見入ってしまった…
Sakhalin Regional Museum on 18-06-2017 (5)

この時は天候が好転していて、散策をしている人達も多くなっていた…
posted by Charlie at 05:03| Comment(0) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<大祖国戦争勝利70年並びにキリスト生誕記念主教座大聖堂>の輝くクーポル(2017.06.18)

↓朝からの曇天が、日中には好転した中、この大聖堂が視える辺りに至った…
18-06-2017 (15)
↑クーポルの輝き…何かぼんやりと見入っていた…
posted by Charlie at 05:02| Comment(0) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

ライラック(2017.06.17)

コルサコフからユジノサハリンスクへ移動…「一週間の御無沙汰でございました…」とユジノサハリンスクへ向かう中、天候が好転した…

↓外していた一週間程の期間に咲き始めたのであろう…なかなかに好い感じだった…
Yuzhno-Sakhalinsk on 17-06-2017 (5)
↑暫く足を停めて眺め、写真を撮ってしまった…
posted by Charlie at 11:42| Comment(0) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コルサコフ港に繋留している<ペンギン33>(2017.06.17)

↓コルサコフ港で<ペンギン33>から下船…入国手続が行われる場所までバスに乗せられる…そのバスの窓から撮った1枚…
Korsakov, 17-06-2017 (11)
↑コルサコフ港で待機する<ペンギン33>は、やや写真は撮り難い…

船の前のワゴン車は、繋留時の作業に従事する何人かの皆さんが乗って来たモノのようにも見えるが、嵩張る荷物が在る乗客の荷物を運ぶことにも用いられていた…
posted by Charlie at 11:40| Comment(0) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<ペンギン33>の船内の様子から(2017.06.17)

6月9日に乗船した際には、些か揺れ方が大き目で、船内を歩くと「多少危なっかしい?」感じも否めなかったが、昨日は全くそういうことが無かった。寧ろ「バスで移動する場面の方が揺れる…」と思うような按配で、“滑走”という具合に<ペンギン33>は宗谷海峡を駆け抜けた…

↓船首側の甲板に通じる、用の在るクルーだけが出入する扉…
Korsakov, 17-06-2017 (9)
↑何やら色々と貼り付けられていて、一寸面白いと思った…

↓シンガポールやインドネシアで運用されていた<ペンギン33>…「船内禁煙」の表示は、英語と、華僑系の皆さんが用いる漢語だったのだが…稚内・コルサコフ航路に投入されることになって、日本語とロシア語でも禁煙の旨が…
Korsakov, 17-06-2017 (7)

↓救命胴衣の着用に関する案内…
Korsakov, 17-06-2017 (10)
↑右側は最初から在ったモノらしい…左側は稚内・コルサコフ航路に投入されることになって、英語、ロシア語、日本語で説明を入れて用意した様子なモノだ…

↓説明を視掛けた救命胴衣だが…救命胴衣そのものは座席の下にセットされている…その旨が掲示されていた…
Korsakov, 17-06-2017 (1)

この<ペンギン33>…停泊中に、日本のポピュラーソングの録音が流され、稚内で仕入れて来たらしいお茶のペットボトルが乗客に配られるというのは在ったが…クルーは船長以下のインドネシアから来ている皆さんと、サハリンの会社から来たロシアの方で、「乗り込んだ時から“外国”」という按配だ…そういうのが意外に「愉しい」と私は感じる…
posted by Charlie at 10:51| Comment(0) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

稚内港から乗船した<ペンギン33>(2017.06.17)

↓乗船するために、間近まで近寄って写真を撮った…
Wakkanai on 17-06-2017 (6)
↑「コルサコフ発」が「全く初めて」だったのだが、「稚内発」に乗船するのは、この日が初めてとなった…

↓後尾側も写真に収めた…
Wakkanai on 17-06-2017 (4)

この日は、早朝の深い霧の後に少し晴れたが、また霧や雲が目立つ状態になって行った。他方で、海の様子は至って穏やかだった!
posted by Charlie at 10:48| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月17日

稚内:夜明前の霧(2017.06.17)

昨日辺りは、「肌寒い?」とも言い得た他方で、なかなかの好天に恵まれ、風も微弱で日中は「やや温かい」というように感じられた…

そういうような傾向は続きそうだが…

↓夜明け前の海と街は、深い霧に包まれた…
Wakkanai in early morning on 17-06-2017 (10)

↓稚内港北防波堤ドームは、何やら“舞台装置”のようでさえある…
Wakkanai in early morning on 17-06-2017 (6)

↓こういう「夜明前の霧」を視たのは…午前4時になる前だった…
Wakkanai in early morning on 17-06-2017 (2)

個人的には…今日は“船旅”の日でもある…海が静かなことは好い!

そう思っていたが…やや日が高くなる時間帯に至り、少し明るい感じになって来た…

posted by Charlie at 05:20| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月16日

貨物船<SAKHISLAND>(2017.06.14)

↓「時季外れ?!」に冷たい感じで少し強い風の中、貨物船が稚内港中央埠頭を目指していた…
Port of Wakkanai on 14-06-2017 (3)
↑中央埠頭の少し突き出た型になっている辺りで眺めていると、航行中の少し迫力ある様子が視られたが…若干、雨が交じった…

↓船は中央埠頭の国際旅客ターミナル前に接岸した…
Port of Wakkanai on 14-06-2017 (4)
↑<SAKHISLAND>(サフアイランド)という船だ…恐らく「Sakhalin Island」(サハリン島)を縮めて命名したのであろう…

↓クレーンが登場し、稚内港からコルサコフ港へ向けて輸出される貨物の積み込みが行われていた…
Port of Wakkanai on 14-06-2017 (5)

それにしても…酷く寒い感じの日だった…
posted by Charlie at 07:38| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

稚内港北防波堤ドーム(2017.06.14)

↓中央埠頭から稚内港北防波堤ドームを望む…
Port of Wakkanai on 14-06-2017 (6)
↑畝っている海面…風の強さが判る…
posted by Charlie at 07:37| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月13日

稚内港北防波堤ドーム:日出の頃(2017.06.13)

「日付が変わる辺りに眠り、朝5時半頃に眼が開く」と言えば「“普通”な早起き」というモノであろうが…「2時間前倒し」になると、「暫く馴染んでいた“サハリン時間”の感覚のままに稚内で過ごしている」という妙な話しになってしまう…

確りと夕食を愉しみ、午後10時頃に射し込んだ眠気に抗わずに休み、午前3時半頃に眼を開けた…窓辺を伺えば既に明るい…

↓一寸戸外に出て、稚内港北防波堤ドームの辺りへ…
Wakkanai in early morning on JUN 13, 2017 (1)
↑少し久し振りにこういう雰囲気を眺めた…

↓今朝は穏やかだ…
Wakkanai in early morning on JUN 13, 2017 (4)
↑昨日から天候が好転した…

↓朝陽が視え始めた…
Wakkanai in early morning on JUN 13, 2017 (5)
↑この時季…画の左端側…かなり東に寄っていて、「半ば北?!」というような角度から朝陽が上る…

↓刻々と日が高くなって行く…
Wakkanai in early morning on JUN 13, 2017 (9)

明るく穏やかな朝だが…多分10℃に届くか届かないかの気温だった…風が弱く、酷く寒いということでもなかったのだが…
posted by Charlie at 05:07| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月12日

<チキンカレー>(2017.06.10)

↓揚げたガーリックを散らしたチキンソテーが載ったカレーライス…
evening on 10-06-2017 (2)
↑「好きなモノばかりの組み合わせ!!」という感じ…

これは頂く機会が多い、「近所のお店のお気に入り!!」である…
posted by Charlie at 08:25| Comment(0) | HDR/稚内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<ホッケ蒲焼丼>(大盛)(2017.06.11)

↓近所の居酒屋の“オリジナル”で、他所では頂けない…
evening on 11-06-2017 (2)
↑御飯に「とろろ昆布」を載せ、甘辛いソースを絡めて揚げ焼きにしたホッケ…これが好い!!時々、無性に頂きたくなる…

この店は、“御飯物”に添えられる“汁物”も好い。この日はホタテの稚貝を使ったみそ汁だった…
posted by Charlie at 08:24| Comment(0) | HDR/稚内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<コンカツ茶漬け>(2017.06.10)

↓「思いっきり和風」というような感のメニュー…
lunch on 10-06-2017 (3)
↑サクサクとした色々な薬味に鰹のタタキ…昆布出汁を掛けて頂く“茶漬け”である…

これは「稚内の昆布」に「枕崎の鰹」ということで、稚内市・枕崎市の友好都市交流に因んで登場したメニューである…昆布の“コン”と鰹の“カツ”とで「婚活」にも引っ掛けている…
posted by Charlie at 08:22| Comment(0) | HDR/稚内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<ガパオライス>(2017.06.11)

“期間限定”に加えて“数量限定”…こういうように聞くと「是非!!」と思うものだが…

↓これは好かった!!
lunch on 10-06-2017 (4)
↑鶏のミンチに目玉焼き…「エスニック料理的親子丼」とでも言うのか…レモンを絞って汁を散らし、好みで辛味を加えて…

日曜日などのランチに寄る近所のお店で頂いた…
posted by Charlie at 08:21| Comment(0) | HDR/稚内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする