2017年01月26日

稚内:1970年の創業以来、内装が変わっていない老舗カフェ(2017.01.26)

↓近所のカフェの店内…早朝の様子だ…偶々、他の客が居なかったので、店内を見通すような感じで一枚…
a cafe in the citycentre of Wakkanai on JAN 26, 2017 (7)
↑或いは“カフェ”と言うより「喫茶店!」と呼ぶべきかもしれない…この雰囲気は「存外に珍しい…」という域に踏み込んでいるように思う…

この店は1970年に現在地に開店し、以降、移転も改装も無いままで同じ店主氏が営み続けている。「もう直ぐ半世紀」であり、店主氏は「半世紀を迎えたい…」と願って止まないようだ…

「もう直ぐ半世紀」という歴史を有する店…この街を訪れる人や、この街に住む人が交差した場所…街の移ろいを静かに見詰め続けて来た存在だ…

↓漸く明るくなったような早朝の街角に、この店の灯りを視掛けると、何やら安堵感を覚える…
a cafe in the citycentre of Wakkanai on JAN 26, 2017 (4)
↑店主氏の御都合で休業となっていた時期が在ったのだが、あの時は寂しかった…

↓「微妙に店内が見える」という感じが何となく好い…ランプが美しい!!
a cafe in the citycentre of Wakkanai on JAN 26, 2017 (5)
↑他方で、この硝子窓はこの街での様々な出来事が映り込んで来たモノでもある…

「もう直ぐ半世紀」という歴史の中、提供しているメニューの価格は変わっているが、内容は開業以来殆ど変わっていないという…

月2回の日曜日と定めた定休日以外は、極力休まずに「もう直ぐ半世紀」という永きに亘って、律儀に営業を続けて来た店…店主氏の「半世紀を…」という願いが叶うことを、私自身も願って止まない…

ピカピカとかキラキラということでもないが、この店は「鈍い輝き」を見せる貴金属のような、そういう存在感が在る。言わば「街の密かな文化財」のような存在だと思っている…

朝、ここで時々愉しむ<モーニングセット>を頂きながら読書にでも興じてみる…プライスレスな楽しみの一つである…
posted by Charlie at 18:26| Comment(0) | HDR/稚内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

歩道橋下のカーブへ進入しようとしている「252」(2016.12.29)

札幌の路面電車沿線を動き回り、路面電車を眺めて過ごしていると…同じ車輛を何度か見掛ける…最近は“循環”ということで、大きく輪を描くように走行しているので、「同じ場所に居続け」としても、何れ同じ車輛がその地点を通り掛かる…以前の「折り返し」方式の場合、西4丁目停留所とすすきの停留所で折り返す時に、走る軌道の左右が入れ替わった…が、“循環”の場合は最初に車庫から出て乗った軌道の上を、車庫に引揚げるまで走り続けている…

↓気に入っている型の「252」が、西から東への動きで、幌南小学校前停留所の方へ通じる歩道橋の辺りに現れた…この日は何度か視た「252」だが、光の当り方で雰囲気が変わる…
Tramcars at Sapporo on DEC 29, 2016 vol01 (31)
↑歩道橋を潜ると、電車は北上し、「すすきの地区らしい」雰囲気が増して行く資生館小学校前停留所近辺に至って東に曲がり、すすきの停留所で北に曲がり、西4丁目停留所で西に曲がる…更に西15丁目停留所辺りで南へ、電車事業所前停留所で東へ曲がる。そして画に在る幌南小学校前停留所近くで北という具合で“循環”を続ける訳だ…

戸外を動くのが辛くない程度の天候であるなら…「札幌で路面電車を眺める」というのは、止められない愉しさが在る…
posted by Charlie at 05:12| Comment(0) | HDR/札幌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする