2017年01月20日

旭川:<高砂明治酒蔵>(2017.01.08)

旭川には現在も清酒を醸している酒造会社が複数存在する。旭川という街は、実は「日本酒の街」でもある…

この中でも<高砂酒造>は、現在の会社の前身となる酒造場が1899(明治32)年に起こっている。

明治時代の後半ともなれば北海道内でも稲作は盛んになっていて、旭川辺りでも米は入手し易く、また水利にも恵まれ、米を蒸すような仕事で使う薪となる伐採木も得易い地域であった。そういう状況に加え、旭川は続々と開通していた鉄道の“交差点”のようになって輸送が便利であった。更に陸軍の第7師団が駐屯するようになり、街の人口もどんどん増え始めていた…

発展していた明治後期の旭川で堅調に仕事を続けた会社は、創業から10年を経て「本格的な酒蔵」を建設し、より良質な酒を造ることを目指して行くことになる。

↓これがその1909(明治42)年に建てられた酒蔵の現在の姿である…
Sake Maker 'TAKASAGO' on JAN 08, 2016 vol02 (9)
↑創建年代に因み、ここは<明治酒蔵>と名付けられ、酒類やグッズを扱う売店、古いモノの展示スペース、見学コースが在る、なかなかに興味深い場所になっている…

↓こういう感じの古風な建物と、確り積もった雪という按配…なかなかに好い!
Sake Maker 'TAKASAGO' on JAN 08, 2016 vol01 (4)
↑基本的に、この辺りでは「積雪期」の数ヶ月間はこういう具合に、辺りに雪が堆くなってしまっている…

↓1975(昭和50)年以降、<国士無双>という銘柄の酒を製造販売しており、近年では<高砂酒造>と言うより<国士無双>の方が広く知られている(?)ような気がしないではない…実際…私自身は<高砂酒蔵>という社名の前に<国士無双>を記憶していたが…
Sake Maker 'TAKASAGO' on JAN 08, 2016 vol02 (6)

↓壁に“上”という、古くから用いられているマークが描き込まれているのが好い…
Sake Maker 'TAKASAGO' on JAN 08, 2016 vol02 (7)

↓屋内には、少し味わいの在るポスターが在った…
Sake Maker 'TAKASAGO' on JAN 08, 2016 vol02 (4)

この<高砂明治酒蔵>は、旭川駅前の宮下通を北東寄りの方向へ真っ直ぐ進んだ辺りに在る。或いは「日本酒の街」でもある旭川で、街中から最も訪ね易い酒蔵関係の場所かもしれない…当然、歩く速さにもよるが、15分余りも辺りの様子を視ながら進めば着いてしまうような感じだ…清酒を求めるということでもなく、味わいの在る建物を眺めるというだけでも、ここは訪ねて心地好い。また、酒以外にもTシャツや“酒粕羊羹”という菓子等のような、土産、記念品に好適なモノが色々と売られている…

>>北海道の地酒、北海道の日本酒、「国士無双」高砂酒造株式会社ホームページ
posted by Charlie at 17:54| Comment(0) | HDR/旭川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

音威子府駅に停車中のキハ54(2017.01.09)

旭川駅を早朝に出発する列車…名寄駅では後ろに連結した車輛を切り離すために、少し長く停車し、身軽な1輛運行になった後、音威子府駅で少し長く停車する。南下している特急列車で塞がった軌道が空くのを待つためだ…

↓音威子府駅での停車は、ホームに出て一息入れるには丁度好い…
Otoineppu Station on JAN 09, 2017 (1)
↑車輛の後尾側だが、跳ね上げた雪の付着が殆ど視られない…暫く目立つ量の降雪が無い状況が判る…

↓こちらは先頭の側である…保線業務関係と見受けられる人が運転台の脇に立っている様子も視える…
Otoineppu Station on JAN 09, 2017 (2)
↑眺めている間に、画の左側、3番ホームに南下している特急列車が到着した…減速しながら停車している…

↓乗降が終わると、特急列車は慌ただしく南下を再開し、何やら音威子府駅は静かな感じになる…
Otoineppu Station on JAN 09, 2017 (4)
↑こういう様子になると、キハ54の方ももう直ぐ北上再開である…

適宜、長めの停車を交えて北上するこの列車…結構気に入っている…
posted by Charlie at 07:02| Comment(0) | HDR/音威子府 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする