2017年01月03日

旭川:<サキソフォン吹きと猫>(2017.01.02)

↓旭川に寄ると“彼”に会っておきたくなる…
Asahikawa in evening on JAN 02, 2017 (2)

↓何時ものように“彼”はサックスを演奏中…「見守りながら演奏を聴き入っている」雰囲気の猫も何時ものとおり…
Asahikawa in evening on JAN 02, 2017 (3)

↓今夜はブルーパープルなイルミネーションの光が“彼”に当たって…ステージにでも出演中という風情だ…
Asahikawa in evening on JAN 02, 2017 (1)

12月23日に荒天で移動予定を変えた関係で、「年末の御挨拶」が叶わなかったので、無事に会えて、何やら安堵した…
posted by Charlie at 00:29| Comment(0) | HDR/旭川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月02日

美瑛:“カラー”で撮っても“モノクロ”のように視える冬景色(2017.01.02)

「冬の美瑛に寄ってみる」というのは…当初は、「夏は好いが…近年は殊更に旭川辺りの宿が取り悪い…」ということ、「何やら色々と用事が多く、時間を設け悪い…」という些か消極的な端緒だったのだが…最近は「魅せられている…」という部分が前面に出ている…12月23日に荒天で移動を阻まれて、札幌へ出る途中に道草することを諦めた際には、「かなり悔しい…」と思ったのだった…

↓「魅せられる…」のはこういう雰囲気である!!
Biei, Hokkaido on JAN 02, 2017 (8)
↑「冬の好天」で「藍の天空と白い大地」というのも好いが、実は曇天も多いので…こういう様子が「最も出くわす可能性が高い」様子だと思う。そして、そういう様子が酷く気に入ってしまった!!

雪の丘陵に多少の木々…木は、元々は「用地の境目を示す」というような意図で幾分植えたモノらしいが…こうしてみると、「深遠な意図で広大な空間を飾った」ような、少し不思議で抽象芸術のような感じにも視える…

↓こういう具合の、植えられたとも、拓いた畑の合間に残った林とも判断し難いような感じも、存外に好きだ…
Biei, Hokkaido on JAN 02, 2017 (9)

曇天な感じの美瑛で丘陵や木の画を撮ると…“カラー”で撮っても“モノクロ”のように視える…そこが面白い!!
posted by Charlie at 23:16| Comment(0) | HDR/美瑛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雪がチラチラと降る中でカーブに進入しようとする「A1202」(2016.12.29)

新さっぽろ駅から都心部へ向けて地下鉄で出発しようとした頃には降雪は見受けられなかったが…都心部に着いてみると雪が交った…

↓幌南小学校前停留所の南側に在る、交差点を半ば覆うような歩道橋に上がると、「A1202」が西側から進んで来た…
Tramcars at Sapporo on DEC 29, 2016 vol01 (1)
↑雪が舞う中、この「A1202」の黒い車体は存外に目立つ…

よく視ると、「A1202」の正面には付着した雪が融けて、また凍ったと見受けられる小さな氷柱が在る…「氷点下の寒さの中で稼働する車輛」という雰囲気…こういう様子が視られるのも好い!!
posted by Charlie at 05:20| Comment(0) | HDR/札幌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

<ダブル チキン南蛮定食>(2017.01.01)

映画を愉しみたい…」と札幌駅辺りに出た…1月1日は入場券が割引になる日でもある…

札幌駅辺りに到着後、最初にその映画の入場券を入手し、界隈を歩き回ったが…折り好く“ランチ営業”を始める直前の店を眼に留めた…以前にも立ち寄った経過が在る店だった…

↓これにライスとみそ汁が付く定食を頂いた…
lunch at Sapporo Station on JAN 01, 2016 (3)
↑チキン南蛮の定食だが、これは“ダブル”と称して、鶏肉が多目だ…

チキン南蛮は宮崎県発祥と言われる料理で、鶏の揚げ物にマヨネーズと言うのか、タルタルソースと言うのか、独特な工夫をしたソースを掛けたモノだ…こういう料理…好きだ!!残念ながら…宮崎県内でチキン南蛮を頂く機会を設け損なっているのだが…

立寄った店は…九州各地の流儀の料理を出す居酒屋で、札幌駅の巨大な建物の、西の端辺りに入っている。「九州の流儀の料理」と言っても、スタンダードとも、少し変わったとも言える感じで特殊な感じはしない。手頃に食事が楽しめる場所だが、何時の間にか内装を少し改めていた。以前より居心地が好い感じになっていた…

鶏肉料理は好きで、或いは「鶏を供養した方が…?」と思える程度に、頻繁に、多量に鶏は頂く…「2017年最初のランチ」は、そんな鶏肉料理だった…
posted by Charlie at 22:55| Comment(0) | HDR/札幌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

308gのヒレステーキ(2016.12.31)

滞在中の“居候所”に在るテレビは、何やらよく判らないチャンネルが多々在るケーブルテレビが入っていて…民放制作のテレビドラマで『警視庁機動捜査隊 216』というシリーズが纏めて流れていて…何気なく観始めると存外に面白い刑事モノで、所謂“2時間サスペンス”というような枠で放映されていたらしい3話分をゆったりと愉しんでしまった…久し振りに少々長くテレビを視た感じだ…そんなことをしていた間に…2016年は何時の間にか過去になり、眼前に2017年が現れていた…

そういう具合に、漫然と大晦日を過ごしたが…

↓これが「2016年最後のランチ」だった…
lunch on DEC 31, 2016 (2)
↑最初にカウンターで肉の種類とグラム数を申し出て、「多少グラム数が前後します」という話しを聞きながら、店員さんが肉をカットして、それを焼いて頂くという仕組みの店…値段は「1g=8.5円」というような按配で設定されている。故に「308g」というのも在りなのだ…

確り食べて元気に過ごす…これは永遠に追い求めるテーマだ…
posted by Charlie at 02:08| Comment(0) | HDR/札幌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする