2016年08月05日

稚内港を出航する<ペンギン33>(2016.08.05)

今日の稚内は、朝から素晴らしい天候に恵まれていたと思う…

↓昨日の日中に到着後、一晩停泊していた<ペンギン33>は、イカ漁船が賑やかに行き交う港内で乗客を迎え始めた…
'PENGUIN 33' at Wakkanai on AUG 05, 2016 (9)

↓蒼天に、「丁寧に描き込んだ?」かのような雲が拡がっていた…
'PENGUIN 33' at Wakkanai on AUG 05, 2016 (16)

↓乗客が揃うと、関係者に見送られて、定刻よりやや早めに離岸し始めた…
'PENGUIN 33' at Wakkanai on AUG 05, 2016 (22)

↓次第に速度が上がり、安定した感じで<ペンギン33>は海峡の向こうを目指して行く…
'PENGUIN 33' at Wakkanai on AUG 05, 2016 (1)

こういう好天の下で“快速艇”が往く感じ…なかなかに好い!!
posted by Charlie at 19:28| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

稚内港にイカ漁船が見受けられる時季に…(2016.08.04)

↓稚内港の、漁協の市場が在る第二副港辺り…多くの船が繋留して、何やら賑わっている…
Port of Wakkanai on AUG 04, 2016 (2)

↓多数繋留しているのは、こういうような多数のランプを提げた船…各地を移動しながら操業を続けているイカ漁船である…
Port of Wakkanai on AUG 04, 2016 (11)
↑ランプを灯すとイカが集まって来て、それを獲るのだという…

↓船が多くなると、画の左側のように、桟橋に繋留した船の海側に船を連ね、乗員が上陸する時には「隣の船を経由」という具合になるようにすることが在る。
Port of Wakkanai on AUG 04, 2016 (1)
↑近海に展開する船が多く集まるイカ漁船の時季には、この方式を視掛ける機会がやや多い…

↓数え切れない程に多数の船が集まっている…
Port of Wakkanai on AUG 04, 2016 (3)

こうして稚内港に集まるイカ漁船…漁協の市場にイカを下ろす他、船や漁労関係のモノを補給したり、船員の食糧や飲料を買い込んだり、船員が休養を取ったり細かい用事を足す等している。船に自転車を積んでいて、船員がその自転車に乗って、近隣を動き回っている様子も時々視掛ける…

この日は実に多数の船が停泊していたが…夕刻には全て姿を消した…イカ漁船が夜も居る場合は、天候が悪いか、何らかの事情で休む事を決めたかという場合である…暗い時間帯…彼らは沖の漁場に出て、船に提げたランプを灯して操業する。そしてまた稚内港に入るか、他の港へ向かうかするのである…

このイカ漁船…「時季のモノ」である。年によって違いは在るが、概ね8月辺りに目立つようになり、10月の末辺りまでが視掛ける機会も多い時季だ…これ位の時季には、やや耳慣れないお国訛りで話している声を耳にする場面も在る。随分と方々の船がやって来るのだ…安全操業と豊漁、そして稚内に滞在する場合には愉しく過ごして英気を養って頂けるよう祈りたい…
posted by Charlie at 07:03| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夜の稚内港で待機する<ペンギン33>(2016.08.04)

↓右側に、中央埠頭のフェリーターミナル側へ動いているフェリーが灯りも点いた状態で航行しているのが視える…左側…“国際”の側に灯りが漏れている船…やや見慣れない…
'PENGUIN 33' at Wakkanai in evening on AUG 04, 2016 (3)

↓日中にサハリンのコルサコフ港からやって来た<ペンギン33>は、稚内港で夜を明かすことになる…
'PENGUIN 33' at Wakkanai in evening on AUG 04, 2016 (7)
↑日が沈む辺り、または日没直後のような時間帯の様子だ…

こういう感じで、<ペンギン33>は稚内港に停泊し、翌朝にはサハリンへ引揚げて行く…
posted by Charlie at 07:00| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

稚内港に到着した<ペンギン33>(2016.08.04)

↓輝く蒼天と碧海の中に白い船体…眩しい!!
'PENGUIN 33' has arrived at Wakkanai on AUG 04, 2016 (7)
↑サハリンのコルサコフ港から到着したばかりの<ペンギン33>だ…

<ペンギン33>は、コルサコフ港で予定の乗客を全て乗せ、準備が整ったので定刻よりやや早めに発ったという話しが午前中に伝わったが…「えっ?もう着いた!?」というタイミングで稚内港に現れ、関係者が少々慌てたそうだ…

↓宗谷海峡を「快走中!」という雰囲気の、鋭角な感じもするデザインが好い…
'PENGUIN 33' has arrived at Wakkanai on AUG 04, 2016 (3)

この場所、稚内港中央埠頭の“国際”にこの船体が在る様子…少しだけ見慣れた…
posted by Charlie at 06:58| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする