2015年12月08日

広島の路面電車:<グリーンムーバ―・レックス>(1000型)(2015.10.28)

↓右側の車輛を視た時、思わず注目してしまった…
Tramcars at Hiroshima Station in morning on OCT 28, 2015 (2)
↑真新しい感じの低床型電車だ!!

↓路上の軌道で視ると、3連接の構造が判り易い…
Tramcars at Hiroshima on OCT 28, 2015 (11)

この型は<グリーンムーバ―・レックス>の愛称を冠せられた1000型である。2013年に登場した型だ…

広島の路面電車に在って、サービスを向上させるため、「低床型の運行区間を増やす」ことが目指された。5000型や5100型は全長が長いので、利用可能な区間と、利用し悪い区間とが在る。そこで「少し短い低床型」が用意されることになった…そこで…5連接構造の5100型を3連接に改め、5100型で30m在った長さを18.6mとした…

この1000型は、広島電鉄の「100年記念」の車輛ともなり、1001号と1002号がそれに充てられ<ピッコロ>、<ピッコラ>という特別な愛称も与えられた。1003号以降は<グリーンムーバ―・レックス>の愛称を冠せられている。“レックス”(LEX)は「Light Excursion」(小旅行)から取ったとのことである…

↓2015年時点で、この1000型は8編成運用されているようだ…
Tramcars at Hiroshima Port on OCT 28, 2015 (11)

↓右に1000型、左に5100型が見える…ドイツ生まれの5000型を参考に開発し、国産で調達することになった5100型と、「より多くの路線での利用」を図って5100型を「短く」するようにした1000型は、“親子”とか“兄弟分”という感じになるだろうか…
Tramcars at Hiroshima Port on OCT 28, 2015 (9)
↑これらの車輛…きっと永く広島で活躍して行くことになるであろう…

乗降し易い低床型電車…「誰でも安心して利用」ということで、今後も導入が拡がって行くことであろう。この真新しい感じもする1000型が「若干、年季が…」と見えるようになる頃には、どんな車輛が登場するのであろうか?そんなことを思わせてくれる車輛だ…
posted by Charlie at 18:01| Comment(0) | HDR/2015年10-11月の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする