2015年11月16日

広島:赤煉瓦造の建物が渋い<郷土資料館>(2015.10.28)

広島での午前中は江波山に向かった。広島駅辺りから視て南西側になる江波山に対して、南東側には宇品地区、広島港が在り、そちら側にも路面電車の路線が延びている。<江波山気象館>を見学する等した後、路面電車を乗り継いで、宇品地区へ足を延ばしてみた…

宇品地区というのは、明治時代から港として軍民に利用された経過が在る地区で、広島の発展を支えていた側面が在る。殊に日清戦争の頃には、折良く山陽線が広島まで延伸された直後であって、他地域との間を鉄道で結ぶ他方で、宇品の港から戦地となった中国大陸との間を往来するということになり、広島に“大本営”も開かれて明治天皇が広島入りしたということまで在ったのだった…そうした経過から、広島に関しては“軍都”という呼ばれ方も在ったようである…

宇品地区に路面電車で至ってみれば、「少しだけ都心から離れた」という風情で、住宅街が広がる中にオフィスや商店等が散在しているような雰囲気だった…そういう中を歩き回り、ソースの芳香に惹かれて“お好み焼き”で腹ごしらえもしながら、<郷土資料館>という場所を目指してみた…

↓この日の青空の下に、赤煉瓦の建物がなかなかに映える!!
Hiroshima City Museum of History and Traditional Crafts on OCT 28, 2015 (1)
↑これが<郷土資料館>である…

↓古い建物を整備して利用している資料館であることが判る…
Hiroshima City Museum of History and Traditional Crafts on OCT 28, 2015 (3)
↑建物そのものは、1911(明治44)年に登場したモノが基礎になっている。ここは陸軍の“糧秣支廠”と呼ばれた施設だった…

“糧秣支廠”というのは、兵士の食料である“糧”と軍馬の餌である“秣”を調達・製造し、部隊に送り込むことがその役目という軍関係施設である。より詳しく言えば、この赤煉瓦の建物は缶詰工場として使われた建物の一部であるという。往時は近くのグランド辺りまでのもっと広い敷地が“糧秣支廠”となっていて、缶詰に加工していた食肉を処理する場所まで在ったという…この建物は原爆を乗り越えた建物であるというが、一部の鉄筋に、爆風の衝撃による傷みの痕跡が残っているという…戦渦が著しい広島に在っては、明治期から昭和初期の建築は、他地域と比べて殊更に貴重な存在という一面が在るのだと想像する。そうしたことで、この建物は<郷土資料館>として整備され、街の歴史を学ぶ場とされているのであろう…

↓明治末年頃の煉瓦の積み方を伝えるという壁である…
Hiroshima City Museum of History and Traditional Crafts on OCT 28, 2015 (10)

資料館としては、正しく「街の歴史を学ぶ」という趣で、市内の小学校の見学グループが丁度館内に居合わせた。説明員が港が整備された経過や、古い道具が在る場所で昭和30年代頃までの生活の様子等を説明していた。<江波山気象館>で見掛けた小学生は、何やら歓声を上げていたが、こちらで見掛けた小学生は真面目に説明員の御話しに耳を傾けている様子だった…

常設展示の中では…申し訳ないが「殊更に関心を湧き起こすモノ」は少な目であったが、驚いたのは、缶詰の缶の代用品として用いられたと伝えられる陶器製の容器であった…硝子ケースに収まって、写真撮影はし悪い代物だった…正しく「大きめな湯呑みのような容器に蓋が付く」という雰囲気の陶製容器で、湯呑みか何かのような部分に「缶詰の中身」に相当するモノを詰めて蓋をしたのであろう…「戦時中の話し」として、“金属供出”と言って、寺院の釣鐘や公園の銅像から、子ども達が学校等に持参する弁当箱に至るまで、方々の金属製品を集めたという話しを聞いた―“弁当箱”で航空機や軍用車輌が出来る筈もなく…古びた釣鐘を鋳潰して、何が出来るのか?!何か「凄く妙な話し」と感じる…―記憶が在る…更に、この資料館の前に立寄った<江波山気象館>で、1939(昭和14)年頃から鉄筋コンクリート建築は「金属資材の調達難」で廃れたようになってしまったことから、1934(昭和9)年竣工の気象台は、「戦前の鉄筋コンクリート建築としては“末期”なモノ」という解説に触れたばかりでも在った…そういうことは聞いているにせよ、「軍で用いる缶詰」に至るまで、「金属の利用制限」が在ったとは…率直に驚いてしまった…

↓開催中だった“企画展”が、なかなかに興味深かった…
Hiroshima City Museum of History and Traditional Crafts on OCT 28, 2015 (11)
↑これは広島市が市内の個人から寄贈を受けた資料を中心に展示したもので、士官として出征した日中戦争で戦死した方が残したものや、関連事項の紹介という展示で「戦禍や身近な人の戦死が身近だった時代」を語ろうとするような企画だった…多少の語弊を怖れずに言えば「少し洗練された、戦時の歴史の見せ方」のようにさえ思った…

“H氏”とされていた方…この展示の“主人公”ということになる方だが…広島で育ち、京都の同志社で学んでから広島に戻って活躍し、士官として出征して戦死したということだが…少年期の学校のことを挙げながら、当時の教育や学校のことを紹介し…彼が打ち込んでいて、広島でも競技普及に尽力していたというラグビー―彼が学んだ同志社と言えば…今でも関西の学生ラグビーのチームとしては「伝統を誇る名門チーム」として有名だ…―の様子など、現在も一定の人気を持っているスポーツが普及していたという時代を紹介し…様々な書簡等から、中国地方各地に展開していた軍の部隊のことや、入隊した人達の様子や周囲の人々の様子を紹介し…広島で同じ学校に学んでいた経過が在って、顔見知りであったという軍医に看取られて戦地で最期を迎えた経過や、軍の士官としての“H氏”が遺した制服や身近な装備品等が紹介されていた…「昭和20年頃まで」という、場合によっては「やや遠い」ものにも感じられる“時代”が「かなり身近に迫って来る」ような感じの展示だった…未だ暫くはこの企画展をやっているらしいので、近くにお住まいの方や、広島を訪ねて多少の時間が在る方にはお奨めしたい感だ…

↓好天に恵まれたこの日…敷地の樹木が凄く鮮やかに見えたことが、何となく記憶に残る…
Hiroshima City Museum of History and Traditional Crafts on OCT 28, 2015 (7)

今般は<江波山気象館>と合わせ、街の歴史を語る建物を利用した<郷土資料館>に立寄ることが叶った。非常に善かったと思う…
posted by Charlie at 18:44| Comment(0) | HDR/2015年10-11月の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大阪:串カツを頂いた“新世界”(2015.10.31)

“帰国”のフライトの前夜、大阪の天王寺の宿に泊まった。夕刻のフライトまでの時間は、阪堺の路面電車の1日乗車券を手に、沿線でゆったり過ごそうと考えた…

阪堺の路面電車そのものは2010年12月に乗車した経過が在った。が、堺市内から天王寺駅前に至る部分を乗車したのみで、住吉から枝分かれして恵美須町に至る路線には乗車していない…そこで、天王寺駅前から住吉に出て、乗換えて恵美須町に向かってみた…

↓恵美須町の停留所に阪堺の路面電車が着いた…背後に通天閣の頂上部が僅かに覗く…
Tramcars at Ebisucho Stop on OCT 31, 2015 (2)
↑ここは“新世界”と命名された地区の一画を占める場所でもある…

この辺りは1903(明治36)年に開催された第5回内国勧業博覧会を契機に市街化が進んだのだという。博覧会後も鉄道の開通等で往来が盛んになり、元会場の東側が<天王寺公園>として整備され、西側が「大阪の新名所」という触込みで「新世界」と命名され1912(明治45)年に登場し、通天閣等が開業したのだという…

新世界は大阪の発展の中で浮き沈みが色々と在った。通天閣は戦時中に解体され、戦後に現在の姿で復活している。永く低迷した感であった地区だが、1990年代辺りから「古き良き昭和」なイメージが好意的に評価され、2000年代に入って色々な飲食店の進出も相次ぎ、現在ではなかなかに賑わっている。或いは、大阪以外の地域の人達にとって、「典型的な大阪の感じ?」と受け止められるのが、この新世界の周辺になるのかもしれない…

↓通天閣を望む商店街を歩いてみる…
'Shin-Sekai' area, Osaka on OCT 31, 2015 (4)
↑辺りは、通天閣を中心にして放射状に街が拡がっているようなイメージも受けた…

↓歩道には高い屋根が掛かってアーケード街になっているが、屋根の下にこんなバナーが在った…
'Shin-Sekai' area, Osaka on OCT 31, 2015 (3)
↑「愉しくて、温かい町」というキャッチフレーズが好い。そして、ほのぼのした感じのイラストが凄くキャッチフレーズに合っている…

↓残念ながら見受けられる、好ましくない行為を諌める掲示が在るのだが…「あかんで」というのを視て、何か近隣の方の話し口調を思い浮かべてしまった…
'Shin-Sekai' area, Osaka on OCT 31, 2015 (14)

↓漫画『きん肉マン』に登場の超人“ロビンマスク”…「通天閣の警備員になったのか?」と笑ってしまった…
'Shin-Sekai' area, Osaka on OCT 31, 2015 (7)
↑こういう奇抜なモノが置かれていても、それが妙に様になる、不思議な雰囲気の地区だ…

↓アーケードの商店街と逆側に行くと、華々しい看板が乱舞する飲食店街だ…
'Shin-Sekai' area, Osaka on OCT 31, 2015 (9)
↑こんな「フグ料理の大きな看板と通天閣の画」というのが、他地域の人達にとっての「大阪!!」というイメージかもしれない…

↓場所によっては「派手過ぎ…」と批判されてしまいそうだが…こういう「真っ赤!!」が妙に似合うような気がする地区だ…
'Shin-Sekai' area, Osaka on OCT 31, 2015 (11)

↓人気メニューの串カツを売る店が多く見受けられた。“○○店”という具合になっている場所が多かったが、恐らく大阪市内や近郊等で何店舗か営んでいる会社が運営しているのだろう…「朝食に遅過ぎ、昼食にやや早い」という時間帯で、未だ串カツの店も然程混み合っては居なかった…
'Shin-Sekai' area, Osaka on OCT 31, 2015 (12)
↑画の右下にビリケン (Billiken)像が在る…方々に在ったが、これは通天閣の展望室に置かれているというモノのレプリカであろう…人気のキャラクターのようだ…

↓串カツを頂いてみた!!
'KUSHI-KATSU' at Osaka on OCT 31, 2015 (1)
↑確か…右から牛、豚、ししゃも、うずら、ささ身…だったと記憶するが、何れも好かった!!

串カツ店の店員さん…上記の串カツをお願いすると、材料を串に刺してあるモノを順次取り出し、手早く粉を付けて素早く揚げてくれる…そして揚げ物を揚げた時に使う小型のバットに載せてカウンターの席に出て来た。付け合せにキャベツも出る…

「ビールより、多少割安か?」と思って頼んだ日本酒を頂きながら、順次この串カツを頂く…比較的有名な「ソースの二度付けは禁止やで…」のマナーを守り、カウンター上のソースをたっぷりと1回付けてサクサクと頂いた。ソースは、市販の何かのソース単体ではなく「多分、何種類かの調味料を交ぜている?」と思えるような味だった。そしてそれが串カツに合う!

「やや早めのランチ」ということで、日本酒を冷で啜りながら熱い串カツということをしたが…何か「大阪の休日」という、好い気分で一時を過ごした…

↓「先へ進もう…」と、「やや名残惜しい」という気分で、新世界を後に…
'Shin-Sekai' area, Osaka on OCT 31, 2015 (1)
↑見上げた通天閣が「また、来てや…」と微笑みかけてくれたような気もした…

この“新世界”での写真は「大阪の想い出」という雰囲気で、何れも気に入っているのだが…「次の機会」が在れば、少し違う時間帯に訪れてみたいという気がする…更に…是非とも「次の機会」を設けてみたい感である…
posted by Charlie at 17:57| Comment(0) | HDR/2015年10-11月の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

延岡:徐福の像(2015.10.26)

九州の東海岸を、概ね海岸線に沿って南北に延びる日豊本線を普通列車で移動しようとする場合、宮崎県と大分県の境界を越える延岡・佐伯間が、言わば“ボトルネック”である。普通列車は「1日3往復」で、朝の早めな時間帯の後は夕刻まで運行が無い…この区間は、宮崎県内各地と大分県内各地とを結ぶ特急列車が盛んに運行されていて、それを利用するのが一般的と見受けられる状況ではある…

そうした状況なので、「宮崎から小倉へ北上」という企図で動く場合、延岡から佐伯に向かう列車が発車する少し前に延岡入りするのでもない限り、延岡で些かの時間を過ごすこととなる。そこで今般、延岡での道草ということにしてみた。

天候に恵まれた中、宮崎を発って美々津に立寄ってから延岡に着いた。延岡では延岡城址を訪ね、近隣を少し歩いた。「ランチに遅く、ディナーに早い」という中途半端な時間帯に差し掛かってしまい、ゆったりと食事を愉しむという感じでもなかったが…延岡駅周辺を動き回り、結果的には移動の車中で飲む水をスーパーで求めるなどしていたが…然程賑やかでもない商店街を動き回っていた…

↓商店街の一画に不思議なモノを見付けた…
Nobeoka, Miyazaki pref. on OCT 26, 2015 (7)
↑「古代中国の貴人??」というような雰囲気だ…

これは延岡に伝わる言い伝えに因むものなのだという…

↓これを視て「古代中国の貴人??」と思ったのは、長崎の孔子廟で、孔子の弟子達であるという、こういうような衣装の人物像を視たからなのだが…これは徐福という人物だ…秦の始皇帝の時代の人物である…
Nobeoka, Miyazaki pref. on OCT 26, 2015 (6)
↑武将というようなタイプではなく、学者という感じの人物だ…

徐福は紀元前219年に、始皇帝が求める不老長寿の仙薬を求める旅に出て、海路で当方の蓬莱山に辿り着いたという…その“蓬莱山”が、延岡では市内の今山に比定されていて、徐福の一行が色々な知識を伝えたとされているのだそうだ…

徐福の“徐”は「スロー」で、“福”は「ハッピー」である。「ゆったりと幸せな人生を…」というイメージになるであろうか…そして徐福は「薬の神」、「健康・長寿の神」でもあるという。そこで延岡の商店街で、「健康で快適な暮らしのお手伝いをする商店街」を標榜し、そのシンボルとして徐福の像を設置したのだそうだ…

徐福に関しては、日本国内各地で様々な伝承も在るようだ…そんなものの一つに、思いも掛けずに触れる結果となった…

宮崎県内では、この延岡の徐福に加えて、美々津の神武天皇の伝承にも触れたが…何か宮崎県に関して、「伝説に彩られた日向の地」というイメージを抱くようになった…
posted by Charlie at 06:48| Comment(0) | HDR/2015年10-11月の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宮崎県庁(2015.10.25)

土曜日夜と日曜日夜に宮崎で2泊ということにした当初、「日曜日は宮崎を起点に何処かへ出掛けようか?」とも考えていたが…結局、「宮崎でゆっくりしようか…」ということにした…

宮崎神宮、宮崎県立総合博物館を訪ね、宮崎神宮駅から宮崎駅へ列車で移動し、比較的静かな宮崎市内を歩き始めて思い付いたのは、何かで写真や映像を視た宮崎県庁を眺めに行ってみるということだった…

街の中の案内表示に従い、橘通から「県庁前の道」に入り込んだ…

↓率直に驚いた…大きな楠の並木だが、枝が大きく伸びて「道路に屋根?」というような具合になっている…
Around Miyazaki pref. gov. on OCT 25, 2015 (1)

↓並木道の左側でも右側でも、とにかく見事な並木に驚く…
Around Miyazaki pref. gov. on OCT 25, 2015 (3)
↑この辺りは、木が大きく立派に育つような気候条件なのか?

聞けば、幅が30mの通で、約650mが樹齢百数十年の楠の並木になっているのだそうだ…

↓やがて県庁の建物が見える…
Miyazaki pref. gov. on OCT 25, 2015 (9)

↓「温暖な地域ならでは」な感じがする植物が建物の周りに植えられている…
Miyazaki pref. gov. on OCT 25, 2015 (1)
↑私の目線では「異国情緒」というようにさえ見えた…

この県庁舎本館は、1932年に竣工したものであるという。2008年には宮崎市が“景観重要建造物”に指定したものだそうだ…

↓いずれにしても見栄えがする…
Miyazaki pref. gov. on OCT 25, 2015 (3)

この日は、県庁が通常の業務を休む日曜日で、周辺は非常に静かであった…休暇の最中にゆったりと散策するには、この日の好天と相俟って好適であったが…
posted by Charlie at 04:19| Comment(0) | HDR/2015年10-11月の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする