2015年10月14日

早暁の稚内港:中央埠頭、北埠頭、北防波堤ドーム(2015.10.14)

「曇天→極短い時間の雨→陽射し→曇天→…」というような具合に、1日の中で、或いは“午前中”とか“午後”というような短い期間の中で、極短い周期で天候が移ろうというような按配が続いているように思う。実は、今朝起き出してから、現在に至るまでの短い期間でも、そうしたような様子が見受けられる…

一寸戸外に出て、「寒い…」が口を突く場面が増えている…「10℃を挟む気温」というより「5℃を挟む気温」という場面も増えているのかもしれない。更に、風が冷たくなっていて「刺さる」ように感じる場合も少なくない…

↓中央埠頭辺りの様子…
Morning on OCT 14, 2015 (3)
↑波は比較的静かだが、風で海水面が震えている…

↓北埠頭側の様子…
Morning on OCT 14, 2015 (4)
↑こちらも、不思議な感じの雲の拡がりが見受けられる…

↓フェリーが待機している中央埠頭寄りの空は明るい…
Morning on OCT 14, 2015 (6)

↓北埠頭側は雲が多く、「紫」が何となく艶めいた色合いだ…
Morning on OCT 14, 2015 (8)

↓寧ろ黄昏を想起させるような加減だが、早暁である…
Morning on OCT 14, 2015 (9)

↓冷え冷えとした感じだ…
Morning on OCT 14, 2015 (14)

↓北防波堤ドームの「背中」が見える辺りの海側に廻り込むと、風がかなり「刺さる」ような按配だ…
Morning on OCT 14, 2015 (19)

最近話題にしたのは…「10月中に雪に降られた記憶」というようなことだった…何年かに1回は在る事例だが…今季もそういう場面が在るだろうか?季節が着実に進んでいる…
posted by Charlie at 08:15| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする