2015年10月06日

稚内の“ノンステップバス”(2015.10.05)

稚内市内で「路線バス」と言えば…白い車体に赤い線が入ったデザインのモノが専らで、時々少し大きな広告が入ったモノも見受けられるという感であったが…

↓何時の間にか、グレーのモノが増えている…
Wakkanai on OCT 05, 2015 (19)
↑この画であれば、手前の下車口の扉が開いていて、“低床”仕様になっていることが判る…

最近、順次更新されている車輌は、原則的にこの仕様にしていると見受けられる。最近、バスを利用する際に、これに出くわす機会が増えた…

出入口に階段状の段差が無く、一歩で乗車出来て、一歩で下車出来る…画期的に楽だ!!

しかし…大きなタイヤのバスで、この低床の内装にすると…乗車した辺りから、下車する際に通る運転席脇まで少し広く“低床”なのだが…前方や後方に「段々」が在って、そこに座席が配置されていて、車内を動く時は多少注意した方が善さそうだ…

稚内で路線バスを利用する際は…後方(真中辺り)から乗車して、整理券が在ればそれを取り、運転席辺りの料金表で、手持ちの整理券(場合によって「券なし」…)に応じた運賃を確認して、運賃を支払いながら前方から下車する…

因みに…写真のバスは「稚内空港ターミナル」で撮影した。この“空港線”は、稚内空港から市内各停留所を巡り、「稚内駅前ターミナル」を経て「フェリーターミナル」に至る。稚内駅周辺まで、25分前後だ。現在の運賃は「一律600円」である。
posted by Charlie at 06:39| Comment(0) | HDR/稚内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする