2015年10月21日

稚内の紅葉(2015.10.21)

一旦、戸外から戻って室内で一息…何か「寒い…」と思える時に戸外へ出て、戻ってからは気分が落ち着くのに些かの間を要してしまう…

落ち着いて暫くすると、海側から市街を照らす朝の光が窓辺から射し込む…「今一度!」と不意に思った…そして<第二次隊>等と称して、また極短い散策へ…

↓こういう様子を一寸視たかったのだ!!
OCT 21, 2015 (1)

場所は、地元で何となく“裏山”と呼ぶ場合も在る、市街後背の丘陵で、拙宅の極々近所から望んだ様子だ…

“裏山”と呼ぶような辺りに、綺麗に光が当たるのは、早朝から午前中である。東寄りの方向を向いているのだから…「好天の朝」にここの現状を視て、写真に収める…意外にチャンスが少ないような気がするが、今朝は「今だ!!」と何となく思った訳である…

↓空の蒼が少し画面に入ると、紅葉の紅が際立つように思う…
OCT 21, 2015 (7)

この“裏山”…余りにも当たり前な「生活上動き回る辺りの、気にも掛けない背景」のようになってしまっているように思える存在で、様子が話題になるのは…何時かのように「“ゲリラ豪雨”で土砂崩れ…」というようなニュースが発生した場合位のものだ…しかし!こういう美しい様は記録しておきたい…また「“秋”が北から漸進中…」と各地の皆さんにも御覧頂きたい…

↓丘陵部の坂道になっている箇所を少し上った辺りで見られる木…
OCT 21, 2015 (3)
↑反逆光のようになって、葉の紅が光に透けて美しい…

↓若干高い辺りに突き出た木…
OCT 21, 2015 (6)
↑何か酷く「秋めいた」感である…

稚内の、然程話題にもならない紅葉…天候が写真向けであると思った他…「暫く稚内を留守に…」という予定の故に「記録!!」と思い付いたので動いたのだった…

結局<第二次隊>も、素早く戸外から引揚げたが…少し肌寒かった…
posted by Charlie at 08:17| Comment(0) | HDR/稚内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

早暁の稚内港―中央埠頭、北埠頭、北防波堤ドーム(2015.10.21)

とりあえず<コロンビア・スプレモ>を頂きながら、照明が不要となった感じの部屋で写真を整理しながら朝の時間を過ごしている…

起き出して…戸外に出てみた…

↓中央埠頭には、見慣れないタンカーのような船も停泊中だが…穏やかで、やや多目の雲を浮かべた空が、見事に暁色になっていた…
Morning on OCT 21, 2015 (6)

↓北埠頭側は、何時もの2隻の巡視船が見えるが…海は穏やかで、鏡面のような感もする…
Morning on OCT 21, 2015 (3)

↓今朝は「散らした」感じで「紫の雲」が散見している…好い!
Morning on OCT 21, 2015 (7)

景色は好く、気分は好いのだが…気温が低めで「心地好い冷涼さ」という次元を通り越し、何やら手先が冷たくなり、ややキツいような気がした…「2015年10月21日早暁の稚内の空」には、二度と遭うことはないが、そんなに気合を入れるまでもないと考え、何となく「引揚げ経路」を取る…

↓昨日の雨水がしぶとく残る駐車場の辺りで、北防波堤ドームを望む…
Morning on OCT 21, 2015 (8)
↑水溜りに北防波堤ドームが映り込み、何か独特な美しさが在る光景だと思っている…

次第に…この早暁の時間の寒さが沁みるような感じになっているように思う…「ハッキリ“冬”!」となってしまえば、また少々違う感じ方をするのだろうが…

何れにしても…今日は晴天で善かった…
posted by Charlie at 08:13| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月17日

早朝の稚内港―北防波堤ドーム、中央埠頭(2015.10.17)

静かで、穏やかな天候の休日…「とりあえず、ゆったり…」という感だが、これもまた最大公約数的な「よく在る休日の午前中」というものであろう…実は、早めに眼を醒まして戸外に少しだけ出た後、少しばかり眠っていた…時には、そんなことも在る…

昨夕、近所の宿泊施設に滞在中だった、他地域から来ていた方と言葉を交わす機会が在ったが…話題にしたことの一つが…「早く眼を醒ますようであれば…この辺りの海寄りの辺りを散策すると、朝の美しい空に出逢えることが在る…」ということだった…

↓今朝は、北防波堤ドームの海側から歩き始めた…
Morning on OCT 17, 2015 (3)
↑海が静かで、風も感じ難い程度に微弱だったが…少し気温が低めになっているような気がした…

雲が非常に少なく見えるのだが…何か霞んでいる…明確に霧が掛っているという風でもない…朝の光は不思議な色彩を紡いでいる…

↓空も海も、何か「ベタッ」と色を乗せて塗り分けをした、透明水彩画のような色合いだ…
Morning on OCT 17, 2015 (8)

↓久し振りに屋蓋の下の画を撮ってみる…
Morning on OCT 17, 2015 (10)

↓中央埠頭側を伺う…例によって、利尻・礼文との間を往来するフェリーが待機中だ…
Morning on OCT 17, 2015 (16)
↑こちら側は、防波堤等で確り囲まれた型になっている場所だが、海面が鏡面のようになっている…

↓海面に空の色が確り映り込んでいるので…何かフェリーが「宙に浮いている?」かのような、不思議な感じに見える…色彩は透明水彩画的だ…
Morning on OCT 17, 2015 (24)

↓今朝は、フェリーも少し変わった色に見えている…
Morning on OCT 17, 2015 (17)

何か幻想的な感じの朝…こうした空の紡ぐ色というものだが、「全く同じ」モノには、やや大袈裟に聞こえるかもしれないが「二度と遭えない」訳である…今日は一際“個性的”で「二度とは遭えないであろう」ということを強く感じた…

その後…光が淡い感じの状態が続いているように思える…
posted by Charlie at 09:51| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月16日

暁の稚内港―中央埠頭、北埠頭、北防波堤ドーム(2015.10.16)

<コロンビア・スプレモ>の芳香が好い…今朝、封を切った珈琲豆だ…少し早く眼を醒まし、一寸戸外に出て、戻ってゆったりとしながら、珈琲を淹れて頂くのは好いものだ…

今朝は、雲が非常に少ない。少し久し振りに“晴天基調”で、「目まぐるしい天候変化」を免れて推移しそうな感でもある。気温はやや低い感だ。半袖Tシャツ、長袖シャツ、トラックジャケットにジーンズ穿きというような出で立ちで戸外に出ると、一瞬「心地好い冷涼さ…」と思わないでもないのだが、暫くすると「指先が少々冷たい…」と感じるようになってしまう…

↓中央埠頭側の空は、丁寧に塗り分けたかのようなグラデーションを描いている…
Morning on OCT 16, 2015 (2)
↑色彩に見蕩れる…

↓先に出航すると見受けられるフェリーに灯りが点き、車輌等を積載する作業が始まったようだ…
Morning on OCT 16, 2015 (7)
↑今日は海が穏やかなので、フェリーも稚内と利尻・礼文の間で大いに活躍するのであろう…

↓北埠頭側の空も素晴らしい色彩のグラデーションだ…
Morning on OCT 16, 2015 (3)

↓北防波堤ドームの向こう側に、僅かに雲が浮かんでいるが、何か「快晴!!」という感じだ…
Morning on OCT 16, 2015 (9)

↓「麗しき朝」が訪れるという感だ…
Morning on OCT 16, 2015 (14)

↓防波堤の外側に相当する海も、「微風による漣」という程度で静かだ…
Morning on OCT 16, 2015 (21)

朝から美しい光景に出くわす…何か「素敵な金曜日」という気分になれる!!
posted by Charlie at 08:08| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月15日

<審査員特別賞>を受賞してしまった…―『鉄道写真コンテストin岩見沢 2015』

帰宅してみると…拙宅の鍵を開けてみると、郵便の“不在連絡”が郵便受けに入っていた…郵便局は「極々近所!」である…開けたばかりの鍵を閉め、郵便局へ向かい、モノを受取った…

↓届いたのはこういうモノである…
Prize on OCT 10, 2015

実は…岩見沢駅を盛り上げようという催しの一環として“鉄道写真コンテスト”というものが催されることを知り、応募していたのだった。今般は、「デジタルデータをメールで送って応募」という「実に手軽!!」な方式のものだったので、何となく参加してみることにしたのだった…

岩見沢駅…近年、私の中では、殊に<青春18きっぷ>を利用する場合等は「稚内・札幌間の移動の際に立ち寄る場所」というイメージの場所になっている。少し長い停車や乗換でホームに立ちながら、遥かな北である稚内を目指す道筋で「行程の“何分の一”だ?未だ1割強か…」と考える…或いは稚内から札幌を目指す際には、「長い行程の、半ば“最終区間”のようなものだ…ここから先、列車が混み合う…」と手荷物を気に掛ける…そんな場所だ…

他方、岩見沢は他界した祖母や伯父が住んでいた街で、幼少の頃から“親父殿”に連れられて何度も訪ねた場所で、地名を耳にすると「訳も無く懐かしい」というような風情も感じる…嘗て岩見沢駅は、現在では廃止になってしまった幾つもの路線が集まっていた場所で、なかなかに賑やかであったし、北海道内では最後まで「蒸気機関車が牽引する旅客列車や貨物列車」が発着していた駅でも在る。幼少の頃、駅近くの踏切で、当時の私には「化物のような、煙を吐いて駆け抜ける、黒いマシーン」と思えたD51機関車が牽引する貨物列車を視たことが、何年経っても完全には忘れられないのだ…

そんな岩見沢…現在では「“札幌圏”の北東の端」というイメージになっていると思う。故に札幌圏で活躍する、ロングシート内装の新型電車は札幌市内の駅と岩見沢駅との間を往来していて、確か岩見沢駅までは“ICカード乗車券”も使えるようになっていた筈だ…そして通勤、通学、その他で札幌市内等との間を頻繁に往来している人も多いようだ。だから、稚内から比較的静かな普通列車を延々と乗り継いで岩見沢に至ると「ここから先、列車が混み合う…」というようなことが思い浮かぶのだ…

岩見沢駅に関して、色々な想いも在り、「岩見沢駅で近年に撮影したモノでも応募しよう」と考え…応募して<審査員特別賞>を受賞してしまった…

↓題して『早春の黄昏』である…
Iwamizawa Station on MAR 21, 2014 (2)

これは2014年3月に「パッとしない…一寸出掛けてみるか…」と<青春18きっぷ>を手に、加えてJetStarの札幌・名古屋と東京・札幌の予約票を持って、然程詳しい計画も立てずに「ふらり…」と出た際のものだ。延々と列車を乗り継いで岩見沢に至り、紫系の「夕暮れ色」を醸し出す空の下に停車する711系電車を跨線橋からぼんやりと眺めてしまったのだった…

この写真を、審査員の中井精也氏が<審査員特別賞>に選んだ訳である…正直…そういう経験が全く無いので、少々驚いた…残雪に黄昏の中、惜しまれつつ引退した年季の入った車輌という画…自身でも気に入っているモノなのだが、それが「入賞」というのは、繰り返しになるが、驚きである…

<審査員特別賞>として、中井精也氏の著書を頂いた。写真撮影に関する解説の本だ。気軽に読めそうなので、ゆっくり愉しむことにしたい…

驚くと同時に、少し嬉しいニュースだ!!
posted by Charlie at 18:44| Comment(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月14日

早暁の稚内港:中央埠頭、北埠頭、北防波堤ドーム(2015.10.14)

「曇天→極短い時間の雨→陽射し→曇天→…」というような具合に、1日の中で、或いは“午前中”とか“午後”というような短い期間の中で、極短い周期で天候が移ろうというような按配が続いているように思う。実は、今朝起き出してから、現在に至るまでの短い期間でも、そうしたような様子が見受けられる…

一寸戸外に出て、「寒い…」が口を突く場面が増えている…「10℃を挟む気温」というより「5℃を挟む気温」という場面も増えているのかもしれない。更に、風が冷たくなっていて「刺さる」ように感じる場合も少なくない…

↓中央埠頭辺りの様子…
Morning on OCT 14, 2015 (3)
↑波は比較的静かだが、風で海水面が震えている…

↓北埠頭側の様子…
Morning on OCT 14, 2015 (4)
↑こちらも、不思議な感じの雲の拡がりが見受けられる…

↓フェリーが待機している中央埠頭寄りの空は明るい…
Morning on OCT 14, 2015 (6)

↓北埠頭側は雲が多く、「紫」が何となく艶めいた色合いだ…
Morning on OCT 14, 2015 (8)

↓寧ろ黄昏を想起させるような加減だが、早暁である…
Morning on OCT 14, 2015 (9)

↓冷え冷えとした感じだ…
Morning on OCT 14, 2015 (14)

↓北防波堤ドームの「背中」が見える辺りの海側に廻り込むと、風がかなり「刺さる」ような按配だ…
Morning on OCT 14, 2015 (19)

最近話題にしたのは…「10月中に雪に降られた記憶」というようなことだった…何年かに1回は在る事例だが…今季もそういう場面が在るだろうか?季節が着実に進んでいる…
posted by Charlie at 08:15| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月11日

稚内:やや進んだ紅葉(2015.10.11)

↓市街後背の丘陵部を何気なく見上げると、こういうような按配になっている…
Morning on OCT 11, 2015 (7)
↑一部に、木の葉が色付いているのだが…稚内の場合は日中と朝夕との気温差が比較的小さい関係なのか、紅葉は然程鮮やかでもない…

他方…

↓意外に見栄えがする箇所も散見する…
Morning on OCT 11, 2015 (4)

↓何時の間にか順次紅葉し、さり気なく落葉が増え始めている感でもある…
Morning on OCT 11, 2015 (2)

この連休は「曇天基調」と想定されていたように思ったが…今朝は比較的明るく、空の蒼も覗いている…

↓「朝の光線で映えそうな?」と何となく紅葉の様子を視に出た訳だ…
Morning on OCT 11, 2015 (1)

桜の時季…この辺りは、他地域で桜が忘れられたような頃になって花が見受けられるが…紅葉に関しては、高い山等を覗けば、比較的早い時季から見受けられる…そして…何時の間にか雪も…未だ気温は10℃を挟むような按配で、酷く寒いと言う程でもない…今日は風が弱めで、紅葉している木の写真も撮り易い感だ…
posted by Charlie at 09:11| Comment(0) | HDR/稚内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月10日

初めて洗濯した―児島ジーンズ KOJIMA GENES 18oz セルビッチ ヴィンテージ ストレート デニム

「正しい休日の朝」の一つ…「ポートサービスセンターへ足を運んで、コインランドリーを利用」というパターンが在るが…今日はそれを実践…

時々陽射しが見受けられ、空の蒼が輝くように見えるのだが、不意に存外に強い雨が…雨をもたらす雲が、上空を漂っているのであろう…

↓今日はジーンズを洗った…
my jeans on OCT 10, 2015 (1)

過日、“生デニム”の状態で届いて暫く着用していた、国産、岡山県倉敷市児島産れのジーンズを初めて洗ったことになる…

当初は、「やや黒い?」ようにも見える色合いだった。“比較対象”として<リーヴァイス501>の“生デニム”の感じを想い起こすのだが、この児島産れのジーンズは、それよりも色合いが濃い感じだった。1回洗っても、その濃い感じは残っている…

↓後ろから見た感じ…
my jeans on OCT 10, 2015 (2)
↑何か“藍色”が、少し落ち着いた感じだ…

↓未だ着用期間も短く、白く色が落ちるような箇所も見えないが、それでも少し“立体感”のようなものが出て来た感じがする…
my jeans on OCT 10, 2015 (3)

↓長く愛用する間に、次第に着用者に馴染んで行くというジーンズであるが、きっとずうっと後になると、「1回目の洗濯の後」位の“藍色”が思い出せない位に色落ちしている筈だ…
my jeans on OCT 10, 2015 (4)
↑<児島>のパッチが縫い付けられているが、ここに「MADE IN JAPAN」と確り刻まれている…

“生デニム”のジーンズに関しては、「洗って縮む」ことが多少気には掛る。今般は、裾が結構短くなった。当初は「2回折り返し」だったものが「1回」で十分となった。ウェスト等は、当初の感じと然程変わらない…当初はポケットの辺りが「硬い」感じで、小銭入れ等を出し入れし悪かったが、その辺りは「馴染んで来た」感じもするようになっている…

洗って乾燥で、早速に再度着用…このジーンズは、着用頻度が高くなりそうな感である…
posted by Charlie at 11:26| Comment(0) | HDR/稚内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

稚内港北防波堤ドーム(2015.10.10)

「台風が転じた低気圧」がもたらす荒天が落ち着いた感である。静かな土曜日の朝だ…一寸戸外に出てみるが、風は微弱だ…気温はやや下がっている感だが…

↓中央埠頭側を望むと、「カーテンの裾から光が漏れる」というような具合に、東寄りの低い空が明るい…
Morning on OCT 10, 2015 (3)
↑待機中のフェリーが視えるばかりのことも多いのだが、今日は中央埠頭と北埠頭の間のような場所の施設にも船が停泊中である様子が視られた…

↓北埠頭側にも、余り視掛けない船が停泊中だ…
Morning on OCT 10, 2015 (5)

↓上空の厚めな雲の故に、「ハッキリと塗り分けた」ような空が拡がっている…
Morning on OCT 10, 2015 (17)

↓防波堤で囲われていない側は、存外に浪が強めである…
Morning on OCT 10, 2015 (22)

↓雲が厚めな部分が多い空を、朝陽が染め始める…
Morning on OCT 10, 2015 (20)

律儀に“中6日ローテーション”でやって来た荒天…落ち着いてみると、日が射す空も見受けられるようになった…一昨日、昨日は陽射しに出くわさなかったが…休日の土曜日は、曇天寄りながらも、日が射す時間帯も在りそうな感である。現在も…少し日が射している…
posted by Charlie at 08:01| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月07日

暁の稚内港―中央埠頭、北埠頭、北防波堤ドーム(2015.10.07)

既に月曜日辺りから「週末は“台風23号”または低気圧で天候が崩れる」という説が出回っているのだが…とりあえず目下は穏やかな天候が続いている…

夜には「やや早め?」と思いながらも、敢えて眠気に抗おうとせずに休み、朝は早めに眼を醒まし…気が向くと戸外を少々歩く…

↓中央埠頭と北埠頭との間辺りである…
Morning on OCT 07, 2015 (2)
↑「海へ…空へ…未来へ…」というようなフレーズを思い浮かべてしまった…

↓中央埠頭のフェリーも、一日の仕事に向けて待機中だ…
Morning on OCT 07, 2015 (5)
↑海面も、何か“粘性”でもあるかのような按配で、波は静かだ…

↓北埠頭側を望む…
Morning on OCT 07, 2015 (3)
↑今日は北防波堤ドーム手前の、大きい方の巡視船が停泊中だ…

↓北防波堤ドームに近付く…
Morning on OCT 07, 2015 (13)
↑上空は「朝の紫」という感…

↓海側に廻り込んだ…
Morning on OCT 07, 2015 (15)
↑静かに夜が退場する感である…

起き出して、好天に誘われて戸外に出て、写真を撮って、何となく写真を整理しながら珈琲でも頂き、室内に射し込む朝の光に眼を細める…好い朝だ…
posted by Charlie at 07:44| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月06日

稚内の“ノンステップバス”(2015.10.05)

稚内市内で「路線バス」と言えば…白い車体に赤い線が入ったデザインのモノが専らで、時々少し大きな広告が入ったモノも見受けられるという感であったが…

↓何時の間にか、グレーのモノが増えている…
Wakkanai on OCT 05, 2015 (19)
↑この画であれば、手前の下車口の扉が開いていて、“低床”仕様になっていることが判る…

最近、順次更新されている車輌は、原則的にこの仕様にしていると見受けられる。最近、バスを利用する際に、これに出くわす機会が増えた…

出入口に階段状の段差が無く、一歩で乗車出来て、一歩で下車出来る…画期的に楽だ!!

しかし…大きなタイヤのバスで、この低床の内装にすると…乗車した辺りから、下車する際に通る運転席脇まで少し広く“低床”なのだが…前方や後方に「段々」が在って、そこに座席が配置されていて、車内を動く時は多少注意した方が善さそうだ…

稚内で路線バスを利用する際は…後方(真中辺り)から乗車して、整理券が在ればそれを取り、運転席辺りの料金表で、手持ちの整理券(場合によって「券なし」…)に応じた運賃を確認して、運賃を支払いながら前方から下車する…

因みに…写真のバスは「稚内空港ターミナル」で撮影した。この“空港線”は、稚内空港から市内各停留所を巡り、「稚内駅前ターミナル」を経て「フェリーターミナル」に至る。稚内駅周辺まで、25分前後だ。現在の運賃は「一律600円」である。
posted by Charlie at 06:39| Comment(0) | HDR/稚内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月05日

稚内:ノシャップ岬から望む利尻富士(2015.10.05)

稚内港北防波堤ドームの辺りから、正しく「海の縁」のような場所に延びている道路が在る。漁船が停泊している場所や、時季には漁業者が昆布を干す場所等が見受けられる場所で、強風や高波の際には通行が憚られるような場所でもあるのだが…

道はノシャップ岬辺りに至る。ノシャップ岬には、白地に赤いストライプの背が高い灯台が佇んでいる。少し前に「2位ではいけないのですか?!」というのが流行った覚えが在るが、「全国第2位の高さ」という稚内灯台である…この稚内灯台が佇むノシャップ岬と、サハリン南部のクズネツォフ岬を結んだ線が、オホーツク海と日本海との“境界”なのだそうだ。

稚内灯台に向かって行って、灯台から左折すると…眼前に日本海が拡がる…

↓今日は「ようこそ日本海へ!」とばかりに、利尻富士の素晴らしい眺望が開けた!!
Wakkanai on OCT 05, 2015 (6)
↑確か9月30日に“初冠雪”が伝えられた筈だったが…山頂部が少し白い…

それにしても…「これ以上は望み難い」という程度に素晴らしく利尻富士が見えた!!そして、ノシャップ岬の風も穏やかだった…
posted by Charlie at 21:41| Comment(0) | HDR/稚内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月03日

暴風の翌朝―稚内港北防波堤ドーム(2015.10.03)

昨日は「凄まじい風」ということで、少々被害が発生していた…停電が発生した箇所に関して、強風状態が続いて、復旧工事が困難であったことから、作業が「翌朝以降」となってしまった場所も在ると聞く…

私自身の住まい等では特段にその種の問題は無く、また近所でも「風が凄いですね…」という話しはしていても「普通に動いていた」感じだった。交通関係は運休、欠航が目立ったが…利用する場面でもなかったので、個人的には然程気には掛けなかった…

とりあえず昨夕は、未だ風が強い感じが続いていて、何となく夕食を摂って早めに休んでしまったような感じだった。そして、迎えた朝である…

↓「風が強め」という感じは継続しているが、昨日のような「不穏な感じ」でもない…明るい感じの空が美しい朝を迎えている…
Morning on OCT 03, 2015 (2)

↓“稚内の尺度”では「まぁまぁ…」という按配な風の強さだと思ったが…寧ろ風の「冷たさ」が気に掛った…「カクン」と段を下りるように、気温が少し下がったのかもしれない…
Morning on OCT 03, 2015 (6)

↓「架線が揺れる」というような、昨日の朝に視掛けたような、異様な感じは見受けられなくなった。何となく安堵する…
Morning on OCT 03, 2015 (8)

↓何かスッキリした、「時季らしい」感の空模様だ…
Morning on OCT 03, 2015 (14)

↓海は、多少「うねっている」感じだ…浪がやや高いかもしれない…
Morning on OCT 03, 2015 (19)

今日は休日の土曜日である…朝の感じであれば…風の「強さ」以上に「冷たさ」が気に掛るような感じの一日になるのかもしれない…
posted by Charlie at 08:02| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月02日

“暴風警報”下の稚内港―北防波堤ドーム周辺(2015.10.02)

昨日の朝は、寧ろ好天だったが…次第に天候が“下り坂”で、大型の低気圧接近ということで警戒が呼掛けられ始めていた。

稚内市内の学校は、荒天が予想されるということで休校となった。稚内駅を発着する列車も、朝の<スーパー宗谷>に昼の<サロベツ>、更に16時までの各普通列車の運休が発表されている…

昨夜は…一寸呑んだ…そこから帰宅する途中、極近所の“W”で珈琲を一杯頂き、本当に帰宅して「バタン…」と眠った…そして迎えた朝だ…

↓一寸だけ、戸外に出てみた…
Morning on OCT 02, 2015 (1)
↑「轟々…」と「強風の音」が聞こえていて、雲が凄まじい勢いで流れている。時折、飛沫のような雨も交じる…

↓写真ではやや判り悪いが、電線が派手に揺れている…
Morning on OCT 02, 2015 (2)

↓何やら「不穏な感じ」だ…
Morning on OCT 02, 2015 (3)

↓海際はかなり風が強く、やや「危険?」な感じもしないではなかった…直ぐに離れた…
Morning on OCT 02, 2015 (5)

酷い強風が海面に叩きつけている感じで、海水が「沸き立つかのように震動」と見える、不気味な状態になっていた…派手に見える白波とも少し異なる風情だ…

呑んだ翌朝に時々在る「一寸、コーラか何かを飲みたい…」と自販機で求めようと戸外に出る序でに様子を伺ったのだったが…求めたコーラを頂いて、写真を整理していた間にも…何やら強風は続き、時々飛沫のように雨が交じっていて、「不穏な感じ」が続く…

一寸玄関先で戸外の様子を伺ったが…強風は益々酷くなり、何処かで落ちた木の葉が凄まじい勢いで飛び回り、「そのうち千切れてしまわないか?」と思える程に各種の架線が揺れ、濡れた路面の水溜りが強風で波打つかのようになっている。屋内に引っ込んでも不気味な音が聞こえている…午前中辺りが酷そうだ…
posted by Charlie at 06:43| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月01日

暁の稚内港―中央埠頭から北防波堤ドーム(2015.10.01)

久し振りに…雲が少なめで、「明るい感じ」の早朝だった…一寸、戸外に出てみた…

↓利尻や礼文へ向かうフェリーが待機中の中央埠頭側が見える…
Morning on OCT 01, 2015 (2)

↓防波堤の内側は浪が静かで、海水面が鏡面のようになっている…
Morning on OCT 01, 2015 (5)

↓空のグラデーションが美しい…
Morning on OCT 01, 2015 (7)

↓振り返れば、西寄りの空に月が未だ輝いていた…
Morning on OCT 01, 2015 (9)

↓海側へ回り込んでみれば、昨日よりも浪は静かだ…
Morning on OCT 01, 2015 (20)

↓昨日の「飛沫に洗われる」ような感じとは異なっている…
Morning on OCT 01, 2015 (21)

↓また静かに朝が訪れた感だ…
Morning on OCT 01, 2015 (19)

今朝は風が微弱で、「寒い…」が口を突く程でもない…何時の間にか10月に突入した…
posted by Charlie at 08:03| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする