2015年08月30日

<MS-05>と<黒い三連星>(『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』)のTシャツ

Tシャツについては…「何枚在っても邪魔にはならない…」と、眼に留めて気に入ったモノを色々と求めるのだが…

↓こんなに「判り易い!!」具合の“キャラクター”のモノを入手するのは珍しい…
my T-Shirt on AUG 30, 2015 (2)
↑かの『機動戦士ガンダム』に登場するメカ、モビルスーツ<ザクI>である…

「優れた原作・原案」には、数々の映像化が在り得るように…『機動戦士ガンダム』は外伝的なモノが色々と在るのだが、最近は原作・原案の主要人物の生い立ちや、戦争を起こしてしまう“ジオン公国”の過去を掘り下げたような内容を含むコミックの『THE ORIGIN』が順次映像化されているのだという…上記のTシャツには、その『THE ORIGIN』に登場する「ジオン軍が初めて主力兵器として部隊編成をした“モビルスーツ”」という感の<ザクI>のイラストが描かれている。所謂“アーミーグリーン”に“兵器”のイラスト…何か「ミリタリー系のグッズ」という雰囲気が面白い…

更に…

↓こちらはエース級のパイロット3名が組む編隊<黒い三連星>である…<BLACK TRI STAR>と3機編隊の通称が書き込まれている…
my T-Shirt on AUG 30, 2015 (1)
↑『THE ORIGIN』で、地球連邦軍の高官を捕らえてしまう活躍をした際の<MS-06R>のカスタム仕様が並ぶ画だ…

時にはこういうモノが好い!!
posted by Charlie at 12:00| Comment(0) | HDR/稚内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

稚内港北埠頭と北防波堤ドーム(2015.08.30)

眼を開けて窓辺を伺えば、寧ろ薄暗い感では在ったが…若干強めな“朝の光”も僅かに感じられる状況であった…

↓北埠頭辺りに出てみる…
Morning on AUG 30, 2015 (8)
↑稚内海上保安部が運用する巡視船が停泊している…

Tシャツのみでは、風がややクール過ぎるので、「一寸上に一枚」という程度が好かった…雲が厚めであるが、同時に暗くもない…

↓不思議な色合いになった雲が拡がる空…大きめな船…静かな海面…北防波堤ドーム…なかなかに好い!
Morning on AUG 30, 2015 (11)

↓静かな海面に船が映り込む…
Morning on AUG 30, 2015 (13)

↓北防波堤ドームの背後にも、「雲が拡がる他方で、必ずしも暗くはない」という感じの空が拡がっている…
Morning on AUG 30, 2015 (17)
↑広場の、石に地図が刻まれている感じ…地元でも意外に知られていない…

穏やかな天候の休日になりそうな感である…
posted by Charlie at 07:34| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月27日

朝焼けの稚内港―中央埠頭・北防波堤ドーム(2015.08.27)

「少し早めに行動開始」という一日の朝…やや早めに眼を開けた…

↓稚内港中央埠頭辺り…やや雲が多めな空だが、低い空が明るい…
Morning on AUG 27, 2015 (2)
↑雲の裾から、鮮烈な色が覗く感…

↓街の側を振り返る…朝の光が街並みを照らし出し、光の色に染まっている…
Morning on AUG 27, 2015 (11)

↓見事に赤紫!!
Morning on AUG 27, 2015 (12)

朝焼けが美しい朝…とりあえず好天になっている…
posted by Charlie at 06:30| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月26日

黎明―稚内港中央埠頭・北防波堤ドーム(2015.08.26)

昨日の好天は今朝に至っても継続中だ…少しだけクールになっている空気の中、陽射しの微弱な温かさが心地好い感じである…

明るい窓辺に据えた丸テーブルの前の「専用」と呼ぶ「赤い椅子」に陣取り、ハンドドリップで淹れた<ラオス・ブレンド>を頂きながら、今早朝の様子を振り返る…

↓早朝の戸外は寒くもなかった…中央埠頭側に歩み、北防波堤ドーム側を望む…
Morning on AUG 26, 2015 (3)
↑日の出の少し前…灯りが残る…

↓中央埠頭にはフェリーが待機中…
Morning on AUG 26, 2015 (8)
↑辺りの海が鏡面のようになっている…

↓稚内港北防波堤ドーム周辺の今朝の空…雲の感じが好い!!
Morning on AUG 26, 2015 (14)
↑今朝は、何やらテントが目立つ…

↓丹念に描き込んだかのような雲が、朝の光に照らされている…
Morning on AUG 26, 2015 (22)

↓やがて陽が上る…
Morning on AUG 26, 2015 (29)

↓「新しい一日が始まる…」というような台詞が口を突く…
Morning on AUG 26, 2015 (32)

今朝は…麗しい光景を眼にすることが叶った!!
posted by Charlie at 07:57| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月25日

稚内港北防波堤ドーム(2015.08.25)

このところは、何か空気が九にクールになり、夏が「過去形になりつつある?」という稚内である…戸外では、半袖も長袖も、色々な上着も見掛けるような感じで、或いは「温かさや寒さの感じ方に関する個人差」が非常に大きいようにも見受けられる…

↓早朝の稚内港北防波堤ドーム…
Morning on AUG 25, 2015 (6)
↑自転車に乗っている人が居る…

夏が「過去形になりつつある?」という感ではあるが…一般的には、夏は「継続中」である筈で、夏の自転車旅行を楽しんでいる方もマダマダ見掛ける…

それにしても…稚内港北防波堤ドームが暁の空を背景に浮かび上がるように見える様は美しい!!
posted by Charlie at 17:49| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

暁の稚内港中央埠頭(2015.08.25)

朝、窓辺が何となく明るいと、戸外の様子を一寸伺ってしまう…

今朝は…夜明け前の劇的な光が見受けられる朝だった!

↓海岸側に少しだけ近づいてみた…暁の空に、停泊中のフェリーが浮かび上がっている…
Morning on AUG 25, 2015 (3)
↑今朝の感じは「洋上はきっと素晴らしい眺めであろう…」と想像させてくれる感じであった…

暁の美しい光景を観ると…「何か善いことでも在りそうな…」という気もするのだが…或いは、「麗しい暁の光景を愛でる」ということ自体が“善いこと”なのかもしれない…

この後…稚内は快晴で推移した…
posted by Charlie at 17:44| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旭川:旭橋(2015.08.21)

旭川に泊って少し早く眼が開いた時には、「とりあえず旭橋を眺めに…」という程度に考えて、何となく散策に出る場合が多い…

今般もそういう挙に出た…今般の場合…「戸外の様子が判り難い部屋」に滞在したので、「戸外の様子を視たい…」という気持ちがやや高まったという話しなのだが…

↓早朝は…この「よい子はマネをしないでね!」というやつをやってしまう…
Asahibashi Bridge, Asahikawa on AUG 21, 2015 (5)
↑「真正面から橋梁を望む」という画…何度も撮っているが気に入っている…

↓寒い感じでもないのだが…何かどんよりと雲が垂れ込めた感じの朝だった…
Asahibashi Bridge, Asahikawa on AUG 21, 2015 (9)

↓この時間帯…極端に交通量が少ない…「これから…どんな一日になるのか?」と何となく眺めてしまう…
Asahibashi Bridge, Asahikawa on AUG 21, 2015 (6)

この日は…「どんよりと曇天…劇的な朝の光ということでも…」と思ったのだが…他方で、「気に入った風景」に関しては、「天候を問わず」という具合に見入ってしまうものだ…
posted by Charlie at 08:21| Comment(0) | HDR/旭川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月24日

旭川駅:キハ40(2015.08.21)

列車を利用しようと駅に立寄る場合、直接利用するしないを問わず、駅構内の鉄道車輌を眺めたり、写真を撮るのが何となく好きだ…各々の車輌には開発と登場の経過や、運用の歴史が在り、それらに想いが巡ることも在れば、「○○の時に乗車したモノだ…」と過ぎ去った旅路に想いが巡る場合も在る…

旭川から稚内へ引揚げる場合…「朝の特急列車に乗車して、“やや遅めな昼食”という時間帯に到着」という型を取ることが多い…

↓札幌からの特急<スーパー宗谷>が入る線には、キハ40が停車している…
Asahikawa Station on AUG 21, 2015 (3)

これ!!札幌を早朝に出て、9時頃に旭川に着く、2輌のディーゼルカーで運行の列車に違いない!何度も利用したことが在る列車だ!

↓そう思って眺めていれば、隣の線にもキハ40が到着した…
Asahikawa Station on AUG 21, 2015 (5)
↑この日は、学校の行事でも在るのか、小学生らしき一団がゾロゾロと下車している様子が見受けられた…

↓やがて眼前のキハ40は車輌基地へ引揚げて、後から着いたキハ40が発車に向けて待機態勢となる…
Asahikawa Station on AUG 21, 2015 (8)

このキハ40のような、国鉄時代に初登場した、“ステンレス”が主流になる時代以前の、「金属車体に確り塗装が施されている」ような車輌…現在でもここのように活躍している例も在れば、様々な改造が施された例も在るのだが、視ると何となく「和む」感じがする。と言うのも、「幼少の頃から見慣れた感じ」なので「如何にも鉄道車輌!!」と感じるからなのであろう…

それにしても…高架駅としての歴史は「未だ新しい」と言える旭川駅だが、なかなかにモダンなデザインである。そこに、やや年季が入ったキハ40が停車している様…何か「如何にも“SF”な巨大都市に、往年の急行列車のような姿の、蒸気機関車が牽引する列車が現れる」という、かの『銀河鉄道999』を何処と無く思い出すような風情が在るような気がしないでもない…

旭川駅を発着する列車の車輌としては…既に退いてしまった711系電車が、最も古い登場の代物だった筈で…キハ40はその次…現時点では最古参の車輌ということになると思う。宗谷線方面では…名寄以南でしか視られないと思う…少し前に“臨時”扱いだった快速列車が、このキハ40等で運行され、稚内駅にもやって来た例は在ったが…永くその勇姿を視たい!!他方…他所の地域のように、この種の車輌を改装した愉しい列車の登場も願ってみたりするのだが…望みは薄そうだ…

こうやって自身が利用する以外の車輌を駅で眺めていると…「何も考えずに、ふらふらと列車に乗って…」というような時間を夢想してしまう…

因みに…

↓この後、定刻で現れた<スーパー宗谷>に乗車し、何時も乗降がそこそこに多目である士別や名寄での停車に気が付かない程度に車内で居眠りをしながら、稚内へ無事に引揚げたのだった…
Asahikawa Station on AUG 21, 2015 (9)
posted by Charlie at 00:01| Comment(0) | HDR/旭川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月23日

稚内港で見受けられるイカ漁船(2015.08.23)

↓最近、稚内港でこの種の船を視掛ける機会が多くなった…
AUG 23, 2015 (5)

↓乗り組んでいる人達が愛用していると視られる自転車が、船の脇に停まっている様子も御馴染みだ…
AUG 23, 2015 (10)

夏から秋に掛けて、日本海沿岸各地を巡ってイカ漁を行っている各地の船が稚内港に寄港する。何となく覚えている名前の船も時々視掛け、そういうことに気付くと「この船の面々は“還って来た”訳だな…」と何となく親しみを覚える…

彼らは、イカの群れを追って日本海沿岸各地で漁を行う。稚内港で視掛けるような規模の船は、各地の港で獲ったイカを市場に卸し、補給を行い、乗組員は休息を取る。午後のやや遅めから出て、夕方から深夜に操業し、朝に港の市場にイカを届けるというのが基本であると見受けられる…彼らは、文字どおりに各地の沿岸に寄港することから、「行く可能性が在る、全ての道府県の港に入るための事前手続」を済ませ―なかなかに大袈裟な準備らしい…―て地元を発ち、操業を続けながら北上する訳である…稚内港では、北海道内や青森県辺りの、比較的近い港の名が船体に記された船の他、北陸(石川県や福井県)、兵庫県の日本海側や、鳥取県というような、随分遠い地域の船も見受けられる。稀に福岡県やら長崎県というのさえ混じる…漁と無関係に、船でやって来るだけで、相当に時間を要しそうな地域からも入っていることに驚く…

イカ漁船は、港から沖合いの漁場を目指し、漁場では多数のランプを点し、光に集まるイカを獲るのだという…海中で暮らしているイカが「光に集まる」というのが、何となく不思議ではある…

↓停泊中の漁船には、夥しいランプが提げられている…
AUG 23, 2015 (4)
↑以前は、奥側に見える丸めでずんぐりしたランプが目立ったが、最近は手前の細身な型のランプも多い…

↓“丸めでずんぐり”と“細身”のランプが混在している例も見受けられる…
AUG 23, 2015 (24)
↑多分、両者の「明るさ」に大差は無いのであろう…

以前、夕刻の暗い時間帯に、停泊中の漁船のランプが点いていたのを視掛けたことが在ったが…相当に明るい…

年によって差異は大きいが、概ね10月末から11月上旬辺りまでは、この種のイカ漁船が出入りしている様を視掛ける…10月以降は、天候が荒れる場合に“避難入港”をする例も見受けられ、この種の船で港が混雑することも在る…

↓イカ漁船が入る場合、市場に近い第二副港辺りは人気が高いのか、何時も真っ先に船が停泊している…
AUG 23, 2015 (6)
↑或いは、“常連”の何度も稚内港に入っている船は「俺達はこの辺り…」と使い易いと感じているエリアを決めて停泊しているのかもしれないが…

このイカ漁船が増える中で稚内の夏は過ぎ、イカ漁船の姿が見えなくなれば冬である…
posted by Charlie at 21:59| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月22日

<明月>(明石酒造)のTシャツ(2015.08.20)

「新しいTシャツに袖を通す」というのは、何となく心地好いものだが…敢えて遠方から取寄せた品物であると、心地好さが割り増しになるというものである…

↓現在、こんなTシャツを…
My T-Shirt on AUG 20, 2015 (2)
↑“速乾”タイプの品物だ…色々なモノに合わせ易い紺色のモノである…

↓背中が秀逸!!
My T-Shirt on AUG 20, 2015 (1)
↑<明月>のマークだ!!

宮崎県えびの市に在る、<明月>を造っている明石酒造で用意したTシャツ…“限定販売”の情報を得たので、送って頂く型で求めてしまった…情報の写真を視て気に入ってしまったのだが、実物は更に好い!!

えびのから幾つもの山河や海を越え、稚内の拙宅に<明月>のTシャツが届いた直後、一寸旭川まで出掛けた。初めて袖を通したのは、これを持って出掛けた旭川ということになった。そして稚内でも…

<明月>…明治時代からの伝統を誇る老舗が送り出す焼酎のブランドだが、この辺りでは残念ながら余り知られていない…モノは、かなりポピュラーな他社の本格焼酎と大差が無い…否!!寧ろ好いようにさえ思う!!

ということで…これを着て、「雪…ヤバい…」という話しの、えびのを訪れた時のことと合わせて…かの種田山頭火が辺りを歩き回って焼酎を口にした話題も添えながら、勝手に<明月>の宣伝をしよう…
posted by Charlie at 12:08| Comment(0) | HDR/稚内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旭川:旭橋(2015.08.20)

「(多少)勝手知った他所」という感の街に立寄る場合、「気に入っている風景」を眺めに行って、写真を撮るのが愉しい…

「(多少)勝手知った他所」という感覚を、自身の中に抱くに至った契機…それは旭川に立寄る頻度が高まったことが契機であろう…加えて旭川に「気に入っている風景」が在って、立ち寄って時間が在る場合はその辺りで過ごし、写真を撮ることを「一寸したお楽しみ」と考えていることも、私の中では「(少々)大切なこと」となっている…

↓常盤公園側から旭橋に近付いた…
Asahibashi Bridge, Asahikawa on AUG 20, 2015 (2)
↑何やら辺りで工事が行われていて、随意に河川敷や橋に近付き悪いという感であったが、空を中途半端に覆う雲と、雲を割って射し込む少々傾いた光線に、鋼鉄の橋梁が浮かび上がる様が美しいと思った…

この日は、<スーパー宗谷2号>で旭川に到着した時点で「或いは肌寒い?」感じの曇天であったが、天候が次第に好転し、夕刻時点で「じわり…」と蒸すような感じになった。河岸の微風が心地好く、何となくこの旭橋を眺めて一時を過ごした…

↓橋を歩いて渡り、辺りを“一周”してみた…
Asahibashi Bridge, Asahikawa on AUG 20, 2015 (7)

↓土手に花が咲いていて、花の向こうに川と橋が見える様が美しい…
Asahibashi Bridge, Asahikawa on AUG 20, 2015 (8)

↓刻々と光加減が変わり、雲も流れ、旭橋の「見え方」が次々に変わり、なかなかに興味深かった…
Asahibashi Bridge, Asahikawa on AUG 20, 2015 (15)

↓西寄りの空からの強い光線に浮かび上がる“構造”が、何となく好い…
Asahibashi Bridge, Asahikawa on AUG 20, 2015 (18)

殊に「光線が劇的」な時間帯であれば…寒さや風雨が気にならない限り、この辺りではゆっくりと過ごすことが出来ると思う…
posted by Charlie at 07:00| Comment(0) | HDR/旭川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月19日

ユジノサハリンスク:マレーシアの観光宣伝(2015.07.23)

サハリンの街を歩くと、わざわざスタンドを立てたり、建物の壁を利用して、大きな広告看板を掲出している例を多く視掛ける…

「何の広告?」と思いながら、そういう看板を眺めながら歩くのも悪くはない…

↓こんなものを視掛けた…
Yuzhno-Sakhalinsk on JUL 23, 2015 (5)
↑“Малайзия”(マライジヤ)と在る…マレーシアのことだ…

マレーシアは、観光等の来訪者を誘客することに熱心な国のようだ…日本国内でもこの種の、マレーシアの宣伝は視ないでもないが…サハリンも既に彼らが「宣伝を展開すべき地域」ということになっているのであろう…

近年は、サハリンの人達が休暇旅行で国外に出る例も増えている。サハリンの場合、国外に出るのも、ロシア国内の他地域へ出るのも、金銭的な差異は然程大きくないように見受けられる…とは言え、最近は“ルーブル安”傾向で、“国外”が少し敬遠されている様子ではあるが…

↓「マレーシアの宣伝か…」とぼんやりしていれば、牛乳会社のモノと見受けられるトラックが現れた…
Yuzhno-Sakhalinsk on JUL 23, 2015 (6)
↑“牛乳”を意味する“МОЛОКО”(マラコー)と大書されたトラック…確かサハリンでは、乳脂が“3.2%”程度の牛乳が標準的だった…日本国内では“3.7%”だった…多少様子は異なるが、何やら専用のトラックで各所に配達でもしている様子は変わらないような気がした…

こうやって看板を眺めながら歩いたが…この日のユジノサハリンスクは暑かった…
posted by Charlie at 07:02| Comment(0) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宗谷公園の蓮の花(2015.08.15)

稚内の市街から、深い湾の地形の海岸線に沿って東側へ進む…車で40分程度も進んだ辺りに宗谷公園が在る。

宗谷公園は、交易や漁業を行うべく17世紀に拓かれた“宗谷場所”の跡に相当する場所を占める公園だ…明治期に現在の稚内港の側が拓かれて、18世紀頃から一部に利用されていた港が本格的に利用されるようになる頃まで、船でこの辺りを目指す場合には宗谷場所の近隣に船を停泊させるのが普通だった様子だ…

そうした経過から、宗谷公園の中には、「市域で確認可能な、最も古い建造物の一つ?」と見受けられる、文政年間の年号が刻まれた神社の鳥居や、19世紀前半に例外的に新設が認められた蝦夷地の各地に設けられた寺院の一つの跡が見受けられる…

↓その寺院の跡で、夏季にはこういうモノが見受けられる…
AUG 15, 2015 (3)
↑蓮の花だ!!

↓寺院の跡と伝えられる辺りに、小さな池が在る…そこで蓮が見受けられる…
AUG 15, 2015 (2)
↑以前には7月末近くにここで蓮の花を視掛けた…近くに寄って、そのことを思い出したのだったが、8月半ばに至っても未だ花が視られた…或いは、今季は「やや寒い?」感じも在って、花が咲く時季がやや遅めだったのかもしれない…

↓存外に好いものだ…
AUG 15, 2015 (5)

この宗谷公園は宗谷場所の跡である…例えば、1808年と1809年に樺太探検に出た間宮林蔵は、樺太行の前後に宗谷場所に寄っている…少し時代を下って…幕末期に英国公使館で活躍したアーネスト・サトウは、1867年に北海道沿岸を航海中、船がこの辺りで座礁してしまったことから、宗谷場所に上陸して救援船を待ったのだという…名前を聞いたことが在るような史上の人物達も立ち寄った嘗ての村の場所…彼らも受けていたかもしれない風を受けながら、彼らも見上げた空を望み、遠い時代に想いを巡らせてみるのも好いかもしれない…
posted by Charlie at 06:22| Comment(0) | HDR/稚内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

稚内:上勇知(かみゆうち)(2015.08.17)

稚内市の市域面積は、東京23区を合わせた面積よりも広い。その広大な市域面積の中、内陸側の農地が相当の割合を占めている。

稚内で“農地”と言った場合…その「殆ど全部」と言って過言でもないと思われるが、“牧草地”が圧倒的だ…

↓“牧草地”…こういう様子が見受けられる…稚内の市街から南西側の内陸に進んだ、上勇知辺りである…
AUG 17, 2015 (9)
↑主に乳牛の飼料となる牧草ということになる…

↓“牧草地”に木が植えられている…
AUG 17, 2015 (15)
↑よく視れば…強風を受けているので、上の方がやや湾曲した感じで伸びている…

やや雲が多めな感の中で青空が覗き、何か非常に趣の在る光景が拡がっていた…この辺りの景観…「(稚内市内の)好きな景色」の一つである…が…拙宅からはやや遠いので、頻繁には行かないが…
posted by Charlie at 05:35| Comment(0) | HDR/稚内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月17日

稚内:「宗谷ふれあい公園」(2015.08.16)

朝から好天に恵まれた一日が暮れようとしていた…

↓点り始めた灯り…殆ど日没という頃合の光加減が好い…
Wakkanai on AUG 16, 2015 (7)

稚内市街から南東寄り、声問(こえとい)地区に在る公園のビジターセンター…久々に視ると、何となく「美しい建物…」と見入ってしまった…

↓建物脇に設えられた花壇…何処か艶かしい感…
Wakkanai on AUG 16, 2015 (11)

陽射しが射していた日中…25℃に届くか否かというような気温では在ったが、些か暑く感じた…しかし、日が落ちて暫く経てば…風が些か冷ややかに思えた…何か既に「夏の残滓」というような感である…
posted by Charlie at 08:11| Comment(0) | HDR/稚内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月16日

稚内:「夏の輝き」 on 国道40号(2015.08.15)

「何処か、遠くに置き忘れてしまったような“夏の日”…そんなイメージが、眼の前に帰って来ました…」
↑こういう気障な台詞が不意に思い浮かぶ場面が在った…

↓こんな光景を視掛けた時だった…
AUG 15, 2015 (20)

朝から曇天で、昼頃から天候が好転し、陽射しが強まった…気温は25℃に届くか否かだったと思うが…陽射しが強く、「暑い…」が口を突く状況…

↓如何にも「夏の雲!」という感じの雲が、蒼空の中で妙に強い存在感を示す…
AUG 15, 2015 (21)

こんな日の翌日…朝から好天になった…
posted by Charlie at 11:44| Comment(0) | HDR/稚内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

稚内港北防波堤ドーム(2015.08.16)

深夜の静寂の中に雨音が反響していたような気がした…やがて眼を開けた…空は少し明るめだ…

↓稚内港北防波堤ドーム辺りに寄ってみる…
Morning on AUG 16, 2015 (2)
↑未だ消えていなかった灯り…直ぐに消えた…

↓濡れた路面に「浮かぶ」かのように、稚内港北防波堤ドームが佇んでいる…
Morning on AUG 16, 2015 (4)

最近、「早朝から午前中が曇天で、午後から晴れる」感じが続いているが…今日は朝から天候が好く、朝の光が眩しくなっている…濡れていた路面も直ぐに乾いた…
posted by Charlie at 08:16| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月15日

稚内:お盆の“万灯会”(2015.08.14)

夕刻、日が落ちてしまった後に用事を済ませ、帰宅しようとした時…「?!」と思った…馴染み切った道筋が、妙に明るかった…

↓お寺に灯りが入った提灯が多数!!
Wakkanai on AUG 14, 2015 (5)

バタバタとしていて、余り意識していなかったが、“お盆”の真っ只中である…“万灯会”というものだ…確かこのお寺は浄土真宗だったと記憶するが…こういう“万灯会”のようなものは、宗派を問わずにやるのかもしれない…以前には、別な宗派のお寺の辺りで視掛けた気がする…

↓見慣れた近所のお寺だが、多数の提灯に明かりが入っているモノが在ると、何となく見栄えがする…
Wakkanai on AUG 14, 2015 (7)

“お盆”…御先祖様、先人との結び付きに思いを巡らせるような時季ということになるのであろうか?私自身は、敢えて何かをするのでもないが、「御先祖様や先人の御蔭で今日が在る」と、一寸、感謝の気持ちを想い起こしてみようと思った…
posted by Charlie at 06:01| Comment(0) | HDR/稚内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

稚内公園からの眺望(2015.08.14)

最近は、早朝から昼頃まで雲が多めで、午後から青空が覗き、陽射しで多少温かくなるというような展開が多い…

昨日もそうした例に漏れず、午後から天候が好転した…

↓稚内公園からの眺望である…
Wakkanai on AUG 14, 2015 (1)

午後5時前後…やや日が傾いているのだが、未だ“夕刻”とハッキリ言える程でもない…
posted by Charlie at 05:13| Comment(0) | HDR/稚内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月08日

稚内:街の花壇のラベンダー(2015.08.06)

冬季には街が積雪で覆われてしまう分、夏季に街角で花を視掛けると、何か妙に心惹かれる…

↓南稚内駅の傍で視掛けた…
Wakkanai on AUG 06, 2015 (5)

住宅の軒先に鉢植えやプランターを並べる“ガーデニング”も街では視掛けるが、それらの他に中央分離帯や各種施設の脇に在る空いた場所に花壇を設えている例が在る…そういうものを目に留めると、何か嬉しくなるものである…

南稚内駅の傍で視掛けるラベンダーの花壇…何時頃から登場したのか?或る日気付けば、ラベンダーが咲き誇っていて、何か妙に心惹かれた…こんな花壇の様子を思い出しながら、こうしたものの管理に心砕く人達も居ることを思い出し、感謝の念を抱く…

考えてみれば8月…あっという間に、花壇の花が美しいシーズンも去ってしまう…
posted by Charlie at 06:43| Comment(0) | HDR/稚内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月07日

サロベツ原野ビジターセンター辺り(2015.08.06)

随分以前…サハリンからやって来た方達とサロベツ原野ビジターセンターを訪れたことが在った…

「方々の旅行者が訪ねて来る“観光地”」ということで訪ねてみたが…サハリンの方は辺りを訝しげに眺める…

「これが“観光地”?本当に“観光地”なのか?これは…“ロシア”じゃないか!」とその方は驚嘆していた…

久し振りに、このサロベツ原野ビジターセンターに寄ってみた…それも…別なサハリンから来た方達と同行したのだったが…

↓「“ロシア”じゃないか!?」と思うような平原…ここは湿原なのだが…
Toyotomi on AUG 06, 2015 (4)

この日は、前日までの(当地としては)高温多湿な感じから気温が下がり、朝から多少雲が多い感じであったのだが、次第に天候が好転していた…何か「心地好い」感じになった!

場所は豊富町なのだが…稚内の街から車で小一時間という辺りだ…
posted by Charlie at 07:19| Comment(0) | HDR/稚内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月06日

稚内港:第一副港(2015.08.03)

「当地の基準」では「暑い…」感じが続いていた。好天の週末が週明けにも続き、雨が交じるような状態になって、今度は「蒸す…」感じになった。「各地の“冷房設定温度”より低目な気温の筈…」と考えてはみるが、不慣れな状況はキツい…

そういうことを思っていると…いきなり気温が下がり、20℃を挟む辺りになって、空気がひんやりする朝を迎えている…

「暑い…」場合、サウナで寛いで、辺りを散策して好きなモノでも頂きながらのんびりする位の過ごし方が好い…

↓そんな「暑い…」感じだった日の夕刻、サウナで寛いだ帰り道である…
Evening on AUG 03, 2015 (1)

第一副港は、大きく掘り込まれた繋留濠で、主に底曳船が基地として利用しているが、各地を巡って操業する漁船が寄港する場合や、各種の中型の船が利用している一画である。幾重にも防波堤で囲まれた、港の“奥”なので、波静かで景観も味わいが在る…

↓黄昏の繋留濠に停泊中の底曳船だが、煌々と照明を点し、何やらモノを下ろす作業を行っていた…
Evening on AUG 03, 2015 (2)

「暑い…」感じになって、「何時まで続くのか♪見せてもらうさ♪」というように思っていたが…然程長くは続かなかった…そんなことを思いながら、(当地の基準で)「暑い…」と思っていた夕べを振り返り、“正常”な程度にひんやりした窓からの空気に触れながら、ハンドドリップで淹れた<エチオピア・モカ・ブレンド>をゆったりと頂く…

そう思っていると…少し陽射し…今日は一寸外に出るので、善いことだ…
posted by Charlie at 07:05| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月03日

稚内:ノシャップ岬の日没(2015.08.02)

「土曜日も日曜日も好天!」という状態…「何となく珍しい?」という気もしてしまう…更に「温かい!」のである!!

こういう状況になると…「花火大会を眺める前に…」と思い付いて、夕刻のノシャップ岬に出てみた…

↓利尻富士は、中途半端に雲に覆われていて、その姿はよく視えなかったが…
Evening at Nosyappu, Wakkanai on AUG 02, 2015 (1)

↓沈み行く夕陽は非常に鮮明に視えた!!
Evening at Nosyappu, Wakkanai on AUG 02, 2015 (3)

↓夕陽は「海に吸い込まれる?」ようにも視える…
Evening at Nosyappu, Wakkanai on AUG 02, 2015 (6)

↓水平線の彼方に夕陽が沈む辺り…何か「ジュワッ!!」と「熱いモノに水を掛ける音」でも聞こえそうな気がする…(実際にはそういうことは無いが…)
Evening at Nosyappu, Wakkanai on AUG 02, 2015 (9)

↓完全に夕陽は消えた…
Evening at Nosyappu, Wakkanai on AUG 02, 2015 (12)

↓夕陽が沈んでしまった後、雲が在ると、雲は微妙な色合いに染まる…
Evening at Nosyappu, Wakkanai on AUG 02, 2015 (16)

↓日没の頃…“市内線”の路線バスはマダマダ活躍している時間帯だ…
Evening at Nosyappu, Wakkanai on AUG 02, 2015 (18)
↑車輌は、最も新しい部類の“ノンステップバス”だった…

こういうような「輝く夏の日の夕暮れ」という風情…稚内では「多少珍しい?」感じもする…
posted by Charlie at 07:26| Comment(0) | HDR/稚内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

稚内港:月が明るかった花火大会の夜(2015.08.02)

花火大会の夜…穏やかで温かめな夜…「この街にも、こんなに人が!?」と思える程度に賑わった中央埠頭周辺…

↓月が明るい感じだった…
Night on AUG 02, 2015 (1)

「強引に手持ち撮影」という画だが…気に入った!!
posted by Charlie at 07:08| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月02日

稚内の花火大会!!(2015.08.02)

「8月第一日曜日」と言えば…稚内では花火大会だ!!

↓こういう按配に、港で花火大会を催すのが稚内の花火大会である…

↑毎年、他に都合が無い限りは観ている…

↓花火が上ると、花火の色に海水面が染まる…
Fireworks at Wakkanai on AUG 02, 2015 (5)

↓ボートで港内を動き回って海中に投下される水中花火と、打上花火とのコンビネーション…「稚内の花火大会!!」という“見せ場”のように思う…
Fireworks at Wakkanai on AUG 02, 2015 (18)

↓夜空も海面も輝くようになる…
Fireworks at Wakkanai on AUG 02, 2015 (14)

↓花火にも色々な種類が在って、何となく感心する…
Fireworks at Wakkanai on AUG 02, 2015 (11)

↓終盤の大きめな花火…稚内の花火大会は、海上なので“保安距離”が確保し易く、花火大会の規模の割には「大きい花火」が交じる…
Fireworks at Wakkanai on AUG 02, 2015 (47)
↑夜空に“銀河”を広げるような大きな花火…美しい!!

↓花火の写真のアルバム…
>>Fireworks at Wakkanai on AUG 02, 2015 | Flickr - Photo Sharing!

今年の花火大会は、日中が「暑い…」感じだった好天の日の開催だった…“一瞬”などとも言われる稚内の夏の「盛り」を象徴するような花火大会…実は毎年楽しみにしている…
posted by Charlie at 23:03| Comment(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする