2014年11月13日

稚内:今季初積雪(2014.11.13)

夕刻に屋内に居て、聞こえて来る車輌の通過音は「車輪が水を撥ね上げている」ような音であったが…何時の間にか「少し違う?」という按配になっていた…

風の“鋭利さ”が気になる状況だったことから、確り防寒ジャンパーを着て、ニットのキャップまで被って戸外の様子を伺う…

↓来た!!雪だ…

↑今季初の薄めな積雪に、通過した車輌のタイヤ痕…

↓久々に視た「雪に遠景が霞む」という様子…

↑こちらは…「タイヤ痕の上に更に積雪」という感じまで…

日中はなかなか積もらなかったが…夜になって雪は積もり始めた…昨年は11月8日だった筈で、今季は若干遅めだ…

とりあえず…「今季初の積雪」を確認して、直ぐに拙宅に引っ込んだ…
posted by Charlie at 20:21| Comment(0) | HDR/稚内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

稚内港北防波堤ドーム(2014.11.13)

昨日は「天候が崩れる」という予報であったのだが、日中から夕方まで雨は降らなかった。しかし夜には雨が断続した様子で何度か雷鳴も聞いた…

何か短めな間隔で雨が少々強めに降ったり、止んだりが繰り返されているようだ…週末に掛けては荒天が予想されていて、「酷い吹雪」説が飛び交っている。自家用車のタイヤ交換のことやら、来訪する予定の方に「飛行機をキャンセルして列車にされては如何かと…」と連絡をするというような話しを随分と耳にした…

そうした中…“規定時間”を確り深く眠ったというのか、何となく眠りが浅かったのか、判然としないような状態でぼんやりと朝を迎えている…半ば“日課”と化しているが、一寸戸外に出て様子を伺った…

とりあえず今日は…帽子は必要な感じだ…雨は短い感覚で不意に降って、不意に上るが、風が存外に強い…間断なくという程でもないが、屋内でも時々「強風の音」が聞こえる…風は少々“鋭利さ”を増している感だ…

↓断続している強めな雨で路面が湿る…

↑空の色や街の灯りが路面に映り込み、何か「沼沢地を探検…」という妙な気分になる…水浸しという訳でもないのだが…

↓遠くに巡視船も見えるが…何か船が浮かんでいる辺りから足下まで、水面が連続しているかのようだ…

↑路面が少し派手に濡れているに過ぎないのだが…

↓見慣れている筈の光景だが…何か「運河の街で、運河沿いを散策」という場面のようだ…

↑やや風が強めで、少々カメラを揺らしてしまったような気がしたが…普通に写った…

嘗て訪ねたサンフランシスコで雨の日―あの時は、滞在中の殆ど終始が雨だった…―にタクシーに乗ると、運転手氏がラジオを鳴らしていて、走行音やワイパーの音に交じって何やら音楽が聞こえていて、曲が切れた辺りで…「Wet and cold morning...」というパーソナリティーの声が聞こえたのを覚えている…今朝は正しくその「Wet and cold morning...」(湿った寒い朝…)である…

「寒い」感じではあるが…流石に「戸外で吐く息が白い」という程でもない…その辺りが、嘗て訪ねた12月のサンフランシスコを思い出した所以だが…

何か今朝の感じは…「何時でも天候は崩れる…」という雰囲気である…

↓11月撮影の画…
wakkanai097 - View my 'Photomatrix - NOV 2014' set on Flickriver
posted by Charlie at 08:04| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする