2014年11月12日

稚内港北防波堤ドーム(2014.11.12)

<パナマ・モンスーン>の芳香が立ち込める…典雅な朝の一時である…カラスの声に、思い付いたように時々通過する車輌の通過音…静かな何時もの朝だ…天候は好い…

こういう一時の前に…一寸、戸外へ出てみるのが日課のようになって来た…

「寒い」というのは、実はかなり相対的なものかもしれない。昨日の昼頃辺りから「10℃をやや下回る?」という、個人的な記憶を辿ると「12月に訪ねた九州の、好天の日の日中」のような雰囲気だった…今朝もそうした傾向だ。昨日より風が弱くなり、戸外に出てもキツい感じではなかった…

↓正しく「暁…」という感じだが、風浪が殆ど無い…

↑静かな海は、「夜の残滓」と言うべくナイトブルーが残る空の色と、暁の色とを跳ね返している…

↓飛び回るカモメの中の一羽が、あたかも“指定席”であるかのように、稚内港北防波堤ドームの上で翼を休める姿を視掛けた…


↓今朝は“煙”のような感じの雲が印象的だ…

↑相当な頻度で同じような辺りを散策し、同じような写真を撮るが、「全く同じ」は一度も無い!!毎度、雲の感じや空の色が「必ず」違う…それに出くわすのが愉しいものなのである…

↓煙のような雲を挟み、空が「丁寧な塗り分け」のような色に見える…


気に入っている近隣の様子の「日々の変化」を愛でるのも非常に好いが…こういうことをくどい程に繰り返す中、何か「偶々訪ねて出逢う風景」を求めて何処かに出掛けたいという気分も高まる…

↓11月撮影の画…
wakkanai097 - View my 'Photomatrix - NOV 2014' set on Flickriver
posted by Charlie at 07:58| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする