2013年09月19日

南さつま芋焼酎 旭川産米麹仕込 あさひかわ (2013.07.05 入手 2013.09.19 試飲)

「酒を入手してから、封を切って呑む」までに、何となく時間を要してしまう場合が在る。時間が掛かった理由は様々だが…

今般は「“取っておき”ということにしたい!!」と温存して、 「酒を入手してから、封を切って呑む」までに時間を要してしまった…

↓その酒…これだ!!
9815446646_b963b511b5[1].jpg
↑7月に旭川で入手…以降、夏の間は拙宅ではウィスキーを主に頂き、加えてゆったりと呑んでいる場合でもないような状態も多少続き、漸く「そう言えば“取っておき”だった“あれ”が…」と今日になって思い付いたのだ…

“SATSUMA SHOCHU”のトレードマークが確りと入った、鹿児島県の焼酎に<あさひかわ>等と、北海道の都市名が冠せられている…些か不思議な感じがする…そして、妙に高価な「プレミア品」という訳でもないながら、「些か高級そう…」な外観のボトルで登場している焼酎だ…

↓ラベルにはこの焼酎の「謂れ」が綴られている…
南さつまは、古くから薩摩の伝統、文化として継承されてきた芋焼酎の名産地です。
旭川は、北海道の中央、大雪山連峰のふもとの肥沃な大地と、百年の時を超えて湧き出る滑らかで豊富な水が育む美味しい米どころとして有名です。
南さつま市と旭川市は、日本の南と北に位置し、距離は直線で約千七百kmと離れていますが、南さつまの砂像と旭川の雪像が縁で平成九年から交流が始まりました。
この度、旭川市西神楽の夢民村で生産された「吟風」を麹米とし、南さつまで獲れたさつま芋を原料として、宇都酒造四代目の仕込みにより「南さつま芋焼酎あさひかわ」が生まれました。日本の北と南の交流から生まれた芋焼酎をお楽しみください。

↑ということである…

早速…「目盛が入った鹿児島流」の“お湯割りグラス”を用意…湯を沸かしてお湯割を試す…

旭川の「吟風」と言えば…北海道で醸造される日本酒に使用されている酒造好適米であった筈だ!!芋焼酎は麹米と芋とを合わせたモノを蒸留して造る訳だが、宇都酒造が在る辺りでは芋焼酎の代表的な材料である「黄金千貫」が豊富である筈で、正しく「北と南のコラボレーション」である。

ボトルを開けると、焼酎らしい香気が立ち上る…そしてグラスの湯に焼酎を注ぐ…香気は際立つのだが…口に運ぶと、材料由来の香気よりも甘味が寧ろ目立つかもしれない…非常にスッキリとした感じだ…

↓素朴な感じのラベル…なかなかに好い!!
9815443884_9a43a8e1a5[1].jpg

宇都酒造は、サイトを開設しているでもなく、積極的にネット通販をしているでもない。小規模な、職人気質な酒造メーカーのようだ。<天文館>(鹿児島市内の繁華街の名)というのが代表銘柄なのだそうだ…

<あさひかわ>の噂を聞いていたが、通販等で手軽に入手出来るでもなく…旭川駅構内の観光案内所近辺に在る土産店で初めて視掛けて、「これは!!」と入手したのだった…

遠く離れた地域であっても、各々の特徴に合った産品を一生懸命に作っている人達が各々に暮らしている。或いは…気候の違いから産品は異なっているのだが、北海道も鹿児島県も「農業が盛んな地域」というのは“共通項”かもしれない…そんな北と南の、各々の産品が見事に融合し、美酒が生まれた…浪漫溢れる物語だと思う…そんな物語に思いを巡らせながら…慌てずにゆっくりと、この<あさひかわ>を愉しみたいものだ…
posted by Charlie at 19:09| Comment(0) | HDR/旭川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

稚内港北埠頭:月明かり(2013.09.18)

次第に暗くなる時間帯に稚内港北埠頭周辺を歩いた。辺りは“北防波堤ドーム公園”として整備されていて、散策する旅行者や、ウォーキングや飼い犬の散歩をする地元の人が散見する…

次第に暗くなる空で、時を刻む都度に存在感を主張するようになるのは月である…東寄りに相当する方角で、次第に強くなる照明で姿を浮かび上がらせる舞台俳優のように、月は次第に輝きを増していた…

↓待機態勢に入っているらしい、画面左に見える海上保安部の船や、点り始めた広場の灯りの右上方に、「紺色を帯びた夜空に太陽?」という具合に白く輝くのが月だ…
9799484675_fe04d430cc[1].jpg
↑月の前方下側に相当する海面が、ライトを当てたように光っている…暫し見入ってしまった…

“月明かり”と聞けば、何か「微弱な灯り」を想起してしまうが…存外な「力強さ」を有していることに気付かされた…
posted by Charlie at 08:04| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

稚内港北防波堤ドーム(2013.09.18)

「多少、雲が多い?」というように思わないでもなかったが、晴天基調でクールな一日が過ぎた…

少し前まで「午後6時辺り」は「明るい」感じだったが、何時の間にか「暗い」感じになっている…

街の灯りは、午後5時半を過ぎた辺りから順次点き始める…暗くなるに連れて、灯りは際立つようになる…

↓久し振りな感じがするが…稚内港北防波堤ドーム近隣を歩き回った…
9799569365_201ce94b6e[1].jpg
↑多分、「撮ったことの無いアングル」だと思う…

稚内港北防波堤ドームの後背の空が西北方向で、ノシャップ岬辺りから見える夕焼けの色の影響で不思議な色彩に染まるのが見られる…
posted by Charlie at 07:41| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JR稚内駅≒道の駅 わっかない(2013.09.18)

地元で「あるある…」という話しになっている、時々出くわす様子…

他所からやって来たと見受けられる方に「“道の駅”って何処ですか?」と尋ねられる場面である…

↓「あれですよ!!」と指し示す建物は下記のモノである…
9800577043_f5bed220ec[1].jpg

これを示すと…「それってJRの駅ですよね?」と得心せずに問いが続く場合が殆どだ…そういう場合は「“鉄道駅”と“道の駅”は同じ建物です。厳密には、あの建物の中で、○○の部分、△△の部分というように区分けが在るようですが、とりあえずあの建物です」と続ける…

“道の駅”と言うと、多くの皆さんは「街道筋に駐車スペースが在って、平屋か2階建て程度の一寸した建物が在り、御手洗いや自販機や、日中なら売店や飲食コーナーが営業していて…」というような姿を思い描くらしい…実際、“道の駅”という看板が挙がった駐車スペースの前の横断歩道を渡った辺りに大きな平屋に見える建物―プールとジムが入った施設―が在り、「“道の駅”だ…」とそちらに歩いて行く方が存外多く居るらしい…

「JR稚内駅≒道の駅 わっかない」なのである…

そんなことを思い出しながら、稚内駅周辺を夕刻に歩き回った…2012年にグランドオープンということになった駅が入っている建物…漸く少しばかり目に馴染んだ気がする…昨日は月が美しい夕べだった…
posted by Charlie at 07:09| Comment(0) | HDR/稚内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする