2013年09月17日

<ЗЕМФИРА Лучшее>(“ゼンフィーラ”の2枚組みベストアルバム)(2013.09.06)

サハリンでCDを眺めて、気に入ったモノを入手して愉しむ…私が好きな行動パターンだが…

↓こんなモノを眼に留めた…
9687868790_3f40fc7af0[1].jpg
↑「女性アーティスト…誰?」と何となく手にして…

↓裏側!!写真が渋い!!2007年、2008年頃の写真らしい…
9684645255_2347ca96e3[1].jpg
↑2枚組みCDである!!

これはウラル地方のウファ出身の女性アーティスト、ゼンフィーラの作品だ…この2枚組みは“ベスト”ということらしい…

1999年にロシアでメジャーデビューの彼女…自らのファーストネームでもある“ゼンフィーラ”という名を冠したグループで歌っている…2013年までに6枚のアルバムが登場しているが、これは5枚目迄の各作品からの選曲となっている…思わず入手である…

ネット上でも、音や画像は色々と愉しむことが叶うが…「とりあえず一曲」ということで、個人的に気に入っている最初期の作品ということになる<До свидания>(ダ・スヴィダーニャ)を御紹介しておきたい…入手したアルバムにも当然収録されている!!

↓レコード版…

↑「少し懐かしいポップスの香り」である!!

↓ライヴ版…

↑「旧き善きロックバンド」という風情が好い!!

歌のサビの部分で「До свидания. Мой любимый город.」(ダ・スヴィダーニャ モイ・リュビームィー・ゴーラド)と入る…実は、色々な街を訪ねて、そこを去る時点になって、唐突に思い出すことが在るフレーズだ…

これは「若い女性シンガーの普通な言葉」としては「さようなら…大好きな街…」という按配だろうが…方々の街を彷徨い歩く中で思い浮かべるフレーズとしては…「再び見えん…愛すべき街よ…」程度の訳語を宛ててみたくなる…

ゼンフィーラは色々な要素を大胆に取り入れた作品創りを続けている。今や“古典”の、ソ連時代末期のロックのカヴァーさえ交じる…多様な作品が在るので「似たような感じ」が少なく、“ベスト盤”を何となく聴くのが非常に愉しい!!

とりあえず、サハリンで視付けて来た、最近のお気に入りである…
posted by Charlie at 21:26| Comment(0) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

МЧС(エムチェーエス)のTシャツ(2013.08.08)

↓実は8月にユジノサハリンスクで求めて在ったのだが…最近になって引っ張り出した…
9776523264_707ce541ab[1].jpg
↑袖にロシア国旗が入って、背中に白い文字が入ったブルーのTシャツ…なかなかにクールだ!!

何かのスポーツチームのTシャツのようで気に入ったのだが…実はこれ…消防や災害対応を役目としている「ロシア非常事態省」の略称が入ったTシャツである…

実際、消防署等で視掛ける非常事態省関係の職員の皆さんは、このブルーのTシャツやポロシャツを着用している…これはレプリカなのか本物なのか判然としない…

最近の稚内は「長袖Tシャツの上に半袖Tシャツ」というような感じの服装がしっくりするようになって来ていて、そういう服装で外出しようとした際にこれを視付けて着用してみた…

稚内で着用する分には…「モノ好きが何やらロシアのマークや字が入ったTシャツを…」という話しだが…ロシア国内では、関係者でもないので何となく遠慮したい…迷彩柄のTシャツであれば、アウトドアウェア風に普通に着ている方もロシアで視掛けないでもないので、何となく着てしまうが…これは一寸…

>>因みに、こういうようなブルーのシャツを制服のブルーグレーの服の下に着ている人達が働いている消防署の建物を9月に撮影した…

こういう「働くユニフォーム」に起源を有するようなモノ…何となく好きだ…
posted by Charlie at 20:11| Comment(0) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする