2013年05月31日

黄昏の稚内港北防波堤ドーム(2013.05.31)

5月31日…今日で5月も終わりだ…26日に桜も無事に咲き、何やら異様に寒々しい感じであったものが「多少遅れて時季らしくなった」という雰囲気の昨今である…

早朝から風が強い様子であり、午前中もそうした傾向が続いていたが、午後からは風が弱めになった。早朝には低めな空が薄い雲で覆われていたが、日中から夕刻は雲が殆ど見当たらない蒼空が広がっていた…

何やらパタパタと一日を過ごし、夕刻に至った…夕食を頂きながら、読み掛けていた、続きが非常に気になっていた小説を読了し、ゆっくりと帰宅したのだが…

↓稚内駅辺りから稚内港北防波堤ドーム辺りを視る…ホテルのビルの陰になっている稚内港北防波堤ドームが見える…
8900202913_1395cbf2b8[1].jpg
↑12階建てのホテルのビルに当たる夕陽を視ると、画面の左側が西寄りであることが判る…

↓最近は「15℃前後→20℃超え→15℃前後→20℃前後」と、多少温かめになってきたが、広場の芝生が少し元気になってきた…
8900829946_6a8b704349[1].jpg
↑こうして夕刻にランプが点るのも、今の時季は午後7時前後だ…

↓辺りに夕闇が降り注ぐ直前、“青紫”な空に包まれる短い時間が在るのだが…そんな時間帯が好い!!
8900851078_a520a412e5[1].jpg

こうした「季節ならでは?」を視付けながら近所を歩いてみるのは好いものだ…

↓4・5月に稚内で撮影の画…
wakkanai097 - View my 'Photomatrix - APR - MAY 2013' set on Flickriver
posted by Charlie at 20:47| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

稚内港北防波堤ドーム(2013.05.31)

「早寝早起き」な傾向が続いているかもしれない…先週月曜日に旭川へ出掛けた日以来か?

昨夜は妙に早く眠気が差したので、抗わずに眠ったのだが、早めに眼が覚めてしまった…或いは、この月曜日以来のコチャコチャした展開で草臥れたか?或いは、「帰宅してから食事に出るのも面倒…」と“W”に道草してゆったりと食事を愉しんだので満足していたのか?昨夜は、何か午後9時前後に眠ってしまったような気がする…“サハリン時間”なら“午後9時”は“午後11時”だが…

ゆったりと“ラバッツァ”を淹れる前に、戸外に出てみた…半袖Tシャツの上にフリースのプルオーバーというような出で立ち…寒いという程ではないが、風が強めだったので、「長時間は一寸キツい?」という感じだった…多分15℃前後の気温であろう…強風の“音”は拙宅に引っ込んでいても聞こえているが…

↓時計を見ると午前4時の少し前…
8893781785_8fe26786c6[1].jpg
↑未だ灯りが消えていない…

↓低い空が霞んでいて、朝焼けは然程劇的なものでもない…
8894410568_9f21b19304[1].jpg
↑何となく空の色に関しては「朝はオレンジ系、夕方は紫系」というイメージも在るのだが…最近の朝は赤紫という趣であろうか?

上がってくる朝陽が見える位置は季節によって異なる。1年で最も日が長めな5月末から6月下旬であれば…朝陽は「宗谷岬の沖??」というような、北東寄りから上がる感じだ…今朝は、薄い雲に光が滲む感じの朝陽だった…

秋、冬に向かって行けば朝陽は「北防波堤ドームの向こうの丘陵の更に奥に在るオホーツク海の方向」から上がる感じになる…そういう変化を時々確認するのが、少しばかり愉しい…

今日はサハリン航路の運航日だ…5月28日稚内発、5月29日コルサコフ発、5月30日稚内発だった…今日はコルサコフ発だ…先程から強風の音がしているので、海上もそこそこに浪が立っていることであろう…

極短い散歩から戻り、写真を整理しながら“ラバッツァ”を…これが好い!!
posted by Charlie at 05:38| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月28日

サハリンへ向かう<アインス宗谷>が待機する稚内港中央埠頭(2013.05.28)

「温かくなった」が挨拶代わりという感の一日…気温は19℃…陽射しが強めに当たる場所等は、もう少し気温が高めだったかもしれない…この気温が「温かい」訳だ…稚内が如何に寒々しかったかの証左とも言える…長袖シャツ姿で近所に一寸出ても寒い感じではなかった…

↓中央埠頭で出航を待つフェリー<アインス宗谷>…利尻・礼文と稚内とを結ぶ船より一回り小さいが…この船はサハリンのコルサコフ港との間を往来している…
8865291342_136bacb0b1[1].jpg
↑今日5月28日から“サハリン航路”の船が動き始めた!!

↓何と言っても“フェリー”なので、こうした車輌の航送は“得意技”だ…
8864624099_b17db1e346[1].jpg
↑車輌の送り元から港への運賃は、稚内港のような“遠隔地”であると多少割高かもしれないが、船への積み下ろしが簡単で、クレーン等の経費は発生しないので、“総額”では大きな差はない…加えて、このフェリーは「発表しているスケジュールのとおりに出航する」のである。何時出るのか判らないチャーターとは違う…

5月28日の<アインス宗谷>…約100トンの貨物と67名の乗客を乗せて宗谷海峡に出航したようだ…

↓旅客ターミナルに登場する横断幕…
8865222018_a4f2d694a9[1].jpg

今季は9月まで、28往復が運航予定だ…
posted by Charlie at 19:29| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月26日

噂の“メガポテト”(2013.05.25)

「通常のLサイズの概ね2倍」というポテト…マクドナルドで“メガポテト”と称して販売することになったらしい…

「5月24日から発売」と聞き付け、5月25日に“日本国内最北”を謳う稚内のマクドナルドに寄ってみた…

この“メガポテト”の販売開始時間直後の午前10時30分頃に求めた…「揚げ立て!!」のポテトを、合わせて求めたハンバーガー(クウォーターパウンダー)と一緒に店員さんが席に届けてくれたのだが…

↓こんな按配…ハンバーガーが小さく見えてしまう…
8840946668_49ca4682eb[1].jpg

↓比較対象のハンバーガーが画面に映っていなくても“大きさ”は覆い隠しようもない…
8840966720_b9677ef535[1].jpg

途中でハンバーガーを頂いたが…読書に興じながら、このポテトを摘んで…何となく30分弱でポテトが無くなった…最後の方は…「未だ…在った…」と多少驚く程だった…

或いはこれは、「2人〜3人で1つを頼んで、適当に摘む」位が丁度良いのかもしれない…なかなかのヴォリュームだ…
posted by Charlie at 22:33| Comment(0) | HDR/稚内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

漸く咲き始めた稚内の桜(2013.05,26)

好天の日曜日…日中は15℃程度になっていたようだが…

↓戸外に出て驚いた!!
8839728259_a126a6549d[1].jpg
↑近所のお寺の庭…桜が咲き始めた!!!

今季は「桜の季節や夏を“飛ばして”しまって、何時の間にか冬が戻って来る?」と思える程に寒い日が続いていたのだが、漸く桜が咲き始めた!!

それでも、多少風が冷たいことに変わりはないが…それにしても、今季は桜が咲く様が見られたのが非常に嬉しい!!
posted by Charlie at 21:18| Comment(0) | HDR/稚内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月25日

稚内:ノシャップ岬から望む利尻富士(2013.05.24)

ノシャップ岬に立つと、日本海が見える…そして条件が好ければ日本海に浮かぶ礼文島と利尻島も見える…日没時間帯ともなれば、日本海の水平線の彼方に消える夕陽も見え、残照に照らされた天空が海に映える…

そのノシャップ岬方面に立ち寄った…午前中は雲が多めであるように見受けられた日の午後、空が明るくなり、蒼さを取り戻し始めた…

↓「ひょっとして?」と思って様子を窺えば…「洋上に浮かぶ“富士山”」という感の利尻が見えた!!
8813212352_3a00e2d9ae[1].jpg

海抜1721mの山は、正しく海面から1721mの高さまで聳え立っている…海上の風や雲の動きの影響を受け易く、山に入ると「3000m超の環境」が疑似体験出来ると云われ、「ヒマラヤに挑む登山家が“訓練”の意図で入る」という場合さえあるそうだ…他方で、気候が好い時季―期間は限られるらしい…―には一般の登山者も多いらしいが…山の斜面の谷状になっている地形が中心なのだと思うが、未だにかなり多くの雪が残っている…

海は「春の陽射し」らしい光に輝いているが…気温は10℃に届くか届かないか…上着が離せない…
posted by Charlie at 06:39| Comment(0) | HDR/稚内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月24日

稚内:「サハリン航路」の“看板”(2013.05.24)

港町には「○○航路」とか「○○フェリー」というような看板が掲げられている例が見受けられるのだが…

↓稚内には「サハリン航路」の看板が在る…
MAY 24, 2013 (9).jpg
↑市街と稚内空港、更に宗谷岬方面とを結ぶ国道238号沿いの声問(こえとい)に在る看板だ…

↓更にこれも!!
MAY 24, 2013 (12).jpg
↑これは国道40号沿い…フェリーが発着する中央埠頭へ続く道路と国道が交わる辺り…稚内駅にも近い…

実はこの看板…5月28日から始まる、今季の「サハリン航路」運航開始に間に合わせるように、今週相次いで登場したモノである…
posted by Charlie at 22:15| Comment(0) | HDR/稚内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旭川『サキソフォン吹きと猫』(2013.05.21)

名寄や稚内方面(北)、美瑛・富良野や帯広方面(南)、岩見沢・札幌方面(西)、北見・網走方面(東)と鉄路が交わり、空港も在って、人口も三十数万人を擁する旭川だが、それでも早朝の都心部は静かだ…

↓春夏秋冬、雨の日も雪の日も、“おじさん”は“愛猫”を相手に演奏を…
8774812376_e1bd64cac8[1].jpg

大変に気に入っている、旭川の都心部に在るオブジェである…自身は楽器を演奏する訳でもないのだが、この“おじさん”に妙に親近感を抱く…

↓遠くから見ると「ベンチに掛けている人?何やっているんだ?」という具合にも見える“等身大”のオブジェだ…
8775245182_652d9de649[1].jpg
↑「公園の像!!」という按配ではなく、「ベンチに誰か居る?!」という按配なのが好い…

旭川に寄ると、この像の辺りを通り過ぎることが多く、そういう場合には「“おじさん”!!今日も好い音出ていますか?!」とカメラを向けてみたくなる…
posted by Charlie at 06:37| Comment(0) | HDR/旭川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

未だ寒々しい稚内の眺望(2013.05.23)

今週は、旭川に出た月曜日、旭川で朝を迎えた火曜日と“早起き”で、水曜日、木曜日も“早起き”になっていたが…木曜日の夜も早めに眠気が差してしまって休み、金曜日に至っても“早起き”である…拙宅で迎える“早起き”な朝…<ラバッツァ>を淹れて頂く…これが美味い…

戸外の気温は10℃に届くか届かないかという具合の稚内である…5月の第3旬に入っているのだが…何か「4月の半ば辺り?」というような雰囲気だ…

稚内は5月中にも「今日は寒いですよね…」という雰囲気の日が在るのが“普通”ではあるが、それでも5月半ばになれば桜―この辺のモノは“エゾヤマザクラ”だが…―が咲いている様子が見受けられる…

↓昨年の記録…
>>稚内の桜(2012.05.19)
↑記事を視て振り返ると…5月12・13日辺りに「桜!?」と気付き、「蒼空?!」と晴天を待ち焦がれ、5月19日に至って晴天になっていて、序でに桜も見栄えが好くなっていたという様子だったようだ…

これに対して今年は、「5月20・21日」時点で“桜前線”は「250km彼方」の旭川辺りである…この“250km”が「○万光年」にも感じられる…最近『宇宙戦艦ヤマト2199』なるアニメを一寸視て、頭に「○光年彼方のイスカンダル」等という表現が残っていたのかもしれないが…全く「“春”は“宇宙の彼方”!?」という情勢だ…

↓稚内の市街後背に在る丘陵上に建てられた<百年記念塔>からの眺望である…
8790356989_17e42a3593[1].jpg
↑地面の条件や日当たりの違いで芝生の按配は変わるのだろうが、緑が濃くなっている箇所も見受けられる他方、未だ枯れ草色の箇所も多い…画面右下の木々は未だ枯れ枝だ…

何やら雲や霧が垂れ込めて遠景が霞む光景を眺め、「“春”は何処だ!?」と叫びたいような気分になった…

この後、偶々「東京への出張から戻って来た」という方に会ったのだが…彼の地は「25℃超え」で、“クールビズ”と称して誰も彼もがネクタイを外していたので、その方もネクタイを外していたという…

各地で「暑さに倦む」という感の方…是非、稚内へ!!稚内の住民は「寒さに倦む」という感かもしれないが…
posted by Charlie at 05:54| Comment(0) | HDR/稚内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月23日

稚内:改装が完成した近所の喫茶店(2013.05.23)

午前7時台から動き始め、午後6時頃まで精力的に動いていた1日だった…思い付いて道草を…

↓改装が完成し、一昨日から営業再開という近所の喫茶店である…
8800950988_0b401a2b3d[1].jpg
↑偶々デジタルカメラを持っていて、更に自分の他にお客さんが居なかったので、一寸写真を…

店主氏が稚内に転入して店を始めて以来、「稚内に寄ったら…あそこが…」という具合に、旅行者の間でなかなかに人気の喫茶店である。“3代目”店舗が現在地なのだが、この度の改装で“3.5代目”とでも言いたくなるような按配に変わった…

各地の「稚内に寄ったら…あそこが…」と、ここを記憶している皆さんに御覧頂こうと画を用意した…

↓少し角度を変えるとこんな感じだ…
8800963754_90b2df4895[1].jpg
↑“コレクターズアイテム”の、旧い列車のサイドボードが壁に飾られていて、本棚に雑誌やコミックも色々と収まっている…棚の上には、少し前に市内に在るチェーン店の“初売り”の際に購入したと聞く、少し新しいテレビが在り、店主氏の好みのDVDが流されていたり、ニュースやスポーツ中継が流れている…

こうした「気軽に寄れる居心地の好い場所」が“復活”したのは大歓迎である!!
posted by Charlie at 21:19| Comment(0) | HDR/稚内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月22日

旭川:<大雪アリーナ>周辺の桜(2013.05.20)

稚内に居る日には99%以上の確率で通り過ぎる近所の寺の庭辺りは、時季になると桜が美しい…その場所だが…未だに桜の咲く“気配”さえ感じられない…稚内は未だに「10℃に届くか届かないか…」というような気温が「幅を利かせる」有様なのである…

そんな状況の稚内を朝に車で発ち、約250kmを踏破して「若干早めな昼食」というような時間帯に旭川に至る時、桜を視掛けると「途轍もなく凄いモノ」でも視たような気になってしまう…

↓旭川駅の南側に相当すると思うのだが…<大雪アリーナ>という施設が在る…その周りに植えられている木が桜だった…
8783049422_6bd3e2163c[1].jpg

もっと晴れていれば花も見栄えがしたのかもしれないが…こういう具合の曇天を背景に咲く様…何か「地元らしい」感じもしないではない…

↓5月20・21日、旭川で撮影の画…
wakkanai097 - View my 'Photomatrix - Asahikawa on MAY 20-21, 2013' set on Flickriver

5月20・21日に往復した稚内・旭川間の道程…“桜前線”が駆け抜けるまでにどの位の時間が要るものか?!
posted by Charlie at 19:13| Comment(0) | HDR/旭川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旭川:石狩川河岸の桜(2013.05.21)

5月20日に稚内から旭川へ南下したが…旭川辺りに至った時…「あっ!?」と思わず…桜が咲いていた!!

旭川周辺に至るまで、桜が咲いているのは視掛けなかった…恐らく“桜前線”の「目下の最北地帯」が旭川辺りであったのであろう…

↓一夜明けて旭橋周辺を散策した際、桜が咲いているのを視掛けた…
8774767152_62ff75a8b2[1].jpg

こういう具合に、出先で桜に出くわすのは愉しいものである…

↓旭川で撮影の画…
wakkanai097 - View my 'Photomatrix - Asahikawa on MAY 20-21, 2013' set on Flickriver

ところで稚内の桜だが…未だ咲く“気配”さえ無い…
posted by Charlie at 06:23| Comment(0) | HDR/旭川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月21日

旭橋(2013.05.21)

旭川に立ち寄ったのは、この1ヶ月間で3回めということになったが、「多少歩き回って写真を撮った」というのは久し振りのような気がする…

泊まった宿の部屋…居心地は悪くなかったのだが、何やら暖房が強めだったかもしれない…「少し暑い??」と早朝に眼を覚ました…前日は「少し早い出発に遅れる訳には行かない」と、多少の緊張感が在ったのか、早起きをして、移動してから用事を足し、少し呑んでから宿に戻った。戻った時間は日付が変わった辺りだったと記憶するが、余り精確には覚えていない…「愉しく呑んで、心地好く眠った」ということか?

旭川は「寒い」感じではなかった…早朝の段階で、ビルの脇のデジタル温度計が見える場所で13℃とか15℃という表示を視掛けた程である…流石に“桜前線”の「目下の日本国内最北?」と見受けられる場所である…

流石に…早朝の4時台は静かだ…そして雲が多く、寝ていた間に雨でも降ったのか、道路が湿っていた…湿った路面を踏み締めて旭橋を眺めに行った…

↓画面右が東側になる…雲が多過ぎて「美しい暁」という具合ではないが、空が少しだけ「暁の紫」を帯びている…
8766056578_ae6c128c9c[1].jpg

非常に静かな旭橋の辺りの、多少湿った、寒いでもない空気が心地好かったので少し歩き回っていた…西側から東側へ、次第に雲が薄くなって行く感じだった…

↓空が蒼味を増して行く…
8763472017_b24eb60acd[1].jpg

↓「善い子は真似をしないで」ということも出来る程度に静かだった…
8766115936_a6bd36dc7f[1].jpg

↓今朝の旭橋を含む、旭川撮影の画…
wakkanai097 - View my 'Photomatrix - Asahikawa on MAY 20-21, 2013' set on Flickriver

旭川は次第に晴れ、晴天の中で北上を開始…北へ進む毎に雲が厚くなり、やがて雨交じりに…稚内へ着く辺りでは、辺りは霧に包まれたような按配になっていた…

妙な早起きが続き…勝手に疲れてしまった…
posted by Charlie at 19:36| Comment(0) | HDR/旭川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月20日

稚内港北防波堤ドーム(2013.05.20)

「窓辺が明るい!!」感じの朝になった。何か5月に入ってから“曇天基調”という感じの日が多く、こういう「晴天な朝」は気分が好い!!明るい窓辺で頂く朝の珈琲もまた素晴らしい…

月曜日の今日、少し早めな時間帯から出掛けなければならない。そのことも念頭に置いていたので、日曜日は焼酎をロックで頂きながら読書に興じていて、やや早めに休んだ。そして“早起き”である…

早朝の空気は多少冷たいのだが、それでも幾分温かい感じがした。多分10℃に届いていないことは間違いないが、それでも「冷たい強めな風が吹き抜ける」状況を免れているのが善い…

↓東の空が「暁」な時間帯…そしてランプが消える直前の稚内港北防波堤ドームだ…
8755314352_1665c577de[1].jpg
夕刻には画面左側の背景の空が夕陽で色付いているが、早朝は画面右側が朝陽で色付くというのがこの時季だ…

↓広場の石に、色付いた空が映り込んでいる…
8754189777_bd6eaf2347[1].jpg

好天の日の早朝…この稚内港北防波堤ドームが美しい時間帯だと思う…

↓稚内港北防波堤ドームの画が多数収められたカテゴリー…
>>< Мираж > - высокий динамический диапазон: HDR/稚内港

この辺りを歩いていて、時々思うことが在る…この辺りには「余っている?」程に駐車場が在るように思うのだが…どうしたものか、“駐車禁止”の標識も出ている箇所に車が停まっている様子を視掛けることが多い…不思議だ…
posted by Charlie at 05:53| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月18日

札幌:雪の交差点を行く“241”(映画『探偵はBARにいる 2』登場車輌)(2013.03.20)(FotoSketcher)

↓3月20日に札幌に寄った時は雪だった…電車事業所前停留所近辺だ…
8749256741_53203144cb[1].jpg
↑「白い雪の中を行く鮮やかな緑の電車」が鮮明になる“色鉛筆画”風に纏めてみた…

この車輌!!公開から丁度1週間の映画『探偵はBARにいる 2』登場車輌である!!映画の中ではあるが…この“241”で何が起こるのか?是非、映画で確かめて頂きたい…私はかなり笑った…
posted by Charlie at 18:58| Comment(0) | FotoSketcher/鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月16日

稚内港北防波堤ドーム(2013.05.16)

相変わらず“一桁”の最高気温で寒々しい稚内だが、今日の昼前から晴天で、日が射す屋内は多少温かい感じになった…明日は最高気温が“二桁”に届くらしい…心なしか、風が少しだけ生暖かくなったかもしれない…或いは風向きが南に転じているのだろうか?

酷く寒い感じでもないことと、夕方の光に誘われて戸外へ出てみた…

↓午後6時50分近くになっても相当に“碧さ”が残る、「最も日が長い時季」の空だ…
Evening on MAY 16, 2013 (10).jpg
↑日没時刻辺りなので、ランプには灯が入る…

↓遠くの中央埠頭に、一日の仕事を終えたフェリーが入り、明朝までの待機の準備をしている様子だ…或いは未だ車輌や旅客を下ろしているのかもしれない…
Evening on MAY 16, 2013 (15).jpg
↑暗くなるに連れ、ドームのランプは輝きを増す…オリジナルは1931年から1936年に建設されたという、ドームの独特な形状が、オリジナルには付いていなかったランプの灯りに浮かび上がるような感じになる…

今季は「このまま夏を“省略”して、また冬になるのではないか?!」と思えるような状況が続いていたが、風向きが変わろうとしていて、様子は変わるであろうか?そんなことを思いながら、戸外に出た序でに夕食を愉しんで帰宅し、焼酎のお湯割りを頂く…例によって静かな夕べだ…
posted by Charlie at 22:41| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月15日

稚内港北防波堤ドーム(2013.05.15)

「早朝」と言うより「深夜の続き」というような時間帯に、早くも明るくなるのが今の時季の稚内であるが…

↓正しく「深夜の続き」という雰囲気だ…
MAY 15, 2013 (13).jpg
↑霧と雲で薄暗い中、ランプが眩しい…

ドームの造型とランプの灯りが、波静かな海面に映り込んでいる…

↓雪はなくなっているのだが…何か「これから雪」という時季のような、暗い感じだ…
MAY 15, 2013 (1).jpg

午前4時を少し過ぎた辺りで…ランプの灯りは静かに消えた…
posted by Charlie at 06:17| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

稚内の薄暗く寒々しい夜明け(2013.05.15)

軽く酒を頂き、夕食を愉しんで、やや早めに休む…深く眠って早めに眼を覚ます…「早め」と言っても、何か「深夜の続き」のような時間帯だ…

↓一寸戸外へ…
MAY 15, 2013 (21).jpg
↑霧が垂れ込めるような按配で寒々しい…

予想最高気温が8℃や9℃というレベル…風が微弱であったので「酷く寒い」とは思わなかったが…空気が冷えていて、長く戸外に居ると手が冷たくなる…
posted by Charlie at 06:16| Comment(0) | HDR/稚内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月13日

札幌:すすきの地区に入る“241”(映画『探偵はBARにいる 2』登場車輌)(2013.04.23)(FotoSketcher)

↓すすきの停留所のやや西、資生館小学校前停留所の辺りで撮った画…
8733572600_d08f46fc58[1].jpg
↑“油彩画”風に纏めてみた…

この車輌!!映画『探偵はBARにいる 2』登場車輌である!!劇中では「夜の街を行き、そこで…」という登場の仕方だ…この画は、「夜の街を行く」ということで、劇中での登場の仕方に近い感じだ…「雪が降り始める前の季節」が設定されていて、劇中でも沿道には積雪は無い…

映画の中ではあるが…この“241”で何が起こるのか?是非、映画で確かめて頂きたい…私はかなり笑った…
posted by Charlie at 07:45| Comment(0) | FotoSketcher/鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月11日

『探偵はBARにいる 2』を観て大満足!!

「映画の前売り券」を求めたというのは、何時以来のことであろうか?かなり“前のめり”に「観たい!!!」ということになった映画…

↓予告編!!


↓こちらは少し短いバージョン…


映画の原案となっている小説のシリーズが好きで、第1作も映画館で観たのだったが…第2作も「公開日に稚内の映画館で上映開始」ということになった…

「公開初日の第1回上映」という型で、この『探偵はBARにいる 2』を大変愉しく観た!!!

↓本作の原案はこれだ…
>>『探偵はひとりぼっち』

原案は「80年代の或る日」ということになっているが、映画は「現在(映画撮影中だった2012年頃)の或る日」ということになっていて、原案の小説を巧く膨らませている感である…

マジックが得意で、“俺”の友人でもあった“マサコちゃん”が無残に殺害されてしまった…一件から暫く経ち、捜査に進展も無さそうな状況下、“俺”は事件のことを探ろうとする…が、街の色々な人達はどうにも冷たい…やがて、事件には有名な代議士が関与しているという噂が聞こえてくる…そしてそこに、「大切なファンだった人の死の真相を知りたい」と言うヴァイオリニストの弓子が現れる…

未見の方のお楽しみを妨げない意味で、これ以上は詳述しないが、アクション在り、笑い在り、涙在りの非常に愉しい作品に仕上がっている。大泉洋と松田龍平が演じる「“俺”と高田」の名コンビは健在で、正体が判らない敵、或いは因縁の在る敵と戦いながら、事件の真相に近付く…最終盤は「どんでん返し」的な展開が連発する…そう思っている間に、あっという間に上映終了だった…

「好きな映画を映画館で…」というのは実に愉しい!!
posted by Charlie at 16:51| Comment(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月09日

「幌富バイパス」の出口周辺(2013.05.09)

「7時30分出発」の約束で…結局メンバーが集まったので7時20分に出発…休憩停車2回で旭川市内に11時半頃到着…昼食を愉しみ、午後1時から午後3時まで打合せ…旭川を発ち、市内コンビニで珈琲を求め、休憩停車1回の後、「幌富バイパス」に…

↓「幌富バイパス」を出た辺りで、一寸一息入れて、こんな風景を愉しんだ…
8723271584_db2350c6e2[1].jpg
↑未だ雪で真っ白な利尻富士が、夕陽の逆光で青白い感じに見えている光景だ…

利尻富士は見えたり見えなかったりするもので、見えると「僥倖!!」という気分になる…空の低めな辺り、山の背後が雲に覆われているので、海岸部で「水平線に沈む夕陽」は見え難かったかもしれないなどと想像しながら、この風景を愉しんでいた…

“稚内市”という“カントリーサイン”が見える手前の豊富町の域内で見られる光景だが…この「幌富バイパス」を抜けると…「“テリトリー”に戻って来た」という感じになる…

結局、稚内には午後7時過ぎに帰着…移動距離は507km…

稚内帰着後、道草で夕食を愉しんで帰宅した…
posted by Charlie at 21:31| Comment(0) | HDR/稚内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鹿児島:高見橋停留所に停車中の“9501”(「運行100年」記念塗装)(2013.03.21)(FotoSketcher)

稚内の眼前に広がる宗谷海峡を渡った先のサハリンでは、今日は「対独戦勝記念日」ということで祝日になっていて“お休み”と聞くが、こちらは“平日”である…今日は、ややキツい「日帰り」の“お出掛け”…早めな出発なので、少し早めな活動開始である…

少し前置きが長めだが…「ルワンダの珈琲」―これが素晴らしい!!―を頂きながら、写真を眺めていた…

↓眼に留めたのはこの画だ…あの『かごっまふるさと屋台村』の真ん前に在る高見橋停留所である…
8719187442_7acaea27ca[1].jpg
↑細かい部分が少し判り易く、同時に雰囲気の在る“色鉛筆画”風にまとめた…

停車中の“9501”…鹿児島では最も保有台数が多い<9500型>の1輌だが…少し不思議な塗装だ…全体に「晴れた空」を想わせる淡いスカイブルーで、「空に浮かぶ雲」まで描かれているが、足下は芝生だ…よく視ると、「運行100年」の文字が運転台辺りに書き込まれている…

これは「運行100年」を記念した塗装のようだ。「青空の下、芝生敷きの軌道上を行く電車」というイメージで、車輌全体が“アート”のようになっている!!何度かこれは視ているが、なかなかに面白い!!

鹿児島の路面電車…「電車資料室」に在った、開業から日が浅い辺りの案内看板を視ても、往時既に「朝6時前から夜10時頃」という運行体制で街を行き交っていたことが判るが、正しく「古くから或る程度完成した型で存在し、100年間も受け継がれてきた」公共サービスである…現在では「芝生敷き軌道」という大変にユニークなものまで備えている…そんな様子を改めて想い起こそうということで登場した“9501”の塗装なのであろう…

これも“広告”ということになるのだろうか?交通局自体による“自社広告”という内容になるのであろうが…

独特な塗装の車輌や、それが行き交う様を思い出しながら珈琲を頂く早朝を過ごしているが、そろそろ支度をして出掛けるような時間帯に差し掛かった…
posted by Charlie at 06:41| Comment(0) | FotoSketcher/鹿児島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月07日

稚内港北防波堤ドーム(2013.05.07)

「明日の予想最高気温が9℃」というような次元で…「明日は温かくなる?」というような話しになる…今季の稚内は妙だ…

↓そんな寒々しい状況だが、北防波堤ドームのランプが点り始めるのは午後6時半を過ぎた辺り…「明るい時間」の長さだけは暦に沿って長くなっている昨今…
8717604404_b5dac0eee9[1].jpg

↓このドームの屋根の下の空間を利用して“ウォーキング”をしている人を、季節を問わず、殊に朝夕は視掛ける…
8716486061_f4d331aaa3[1].jpg
↑延長が概ね400m…「端から端」で「トラック一周」程度である…

屋根の下は「ストレート」な風が身体に当たり悪いが…今日も“晴天基調”ながら風が冷たく、気温は上がらない…

寒い日に、妙なことを考えることがある…例えば、自分が居る辺りの100m四方位の面積に関して、「鮮魚倉庫」のような冷却装置を駆使して、「寒い…」位に気温を下げたらどの位の電力が必要なのだろう…と、妙なことを考える…陽射しで少しばかり温まりそうな状況を跳ね返すように寒い状態の中、またそんなことを思っていた…

↓低い空に雲が多いか、或いは部分的に雲が厚いのか、夕焼けは然程印象的な状態にはならなかった…
8716490999_1cb55d607a[1].jpg
↑マダマダ芝生が「元気な緑」ではない…

それにしても寒々しい日が続く…
posted by Charlie at 22:24| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

稚内・夜の中央商店街(2013.05.06)

“月曜日”のような気がしていたが、“振替休日”が明けて“火曜日”の朝を迎えている…「春を掌るモノ」に見捨てられたか、忘れられたかのように、寒々しい状況が続いている稚内だ…

<ルワンダ・イントレ>の豆を挽き、芳香と苦味と味わいのバランスがなかなかに好いやや濃い目の珈琲を、鹿児島で入手したマグカップに注いで啜る…静かな朝を過ごしているが…何気なく前日撮影の写真を眺めていた…

↓何か凄く渋い画だ…午後7時を少し回った辺りの中央商店街である…
8712919981_fab59eafae[1].jpg
↑恒例化している用事を足した後、少し冷えていると思いながら、帰宅すべく足早に歩いていて、何気なく眼に留まった光景だ…

中央商店街は静かだ…何時も歩行者が多い訳でもない。車輌も決して多くない。何か用が在る人が、目的の場所の脇に車を停めて、一寸用事を足してから去って行く光景を時々視る程度…他はモノの配達関連の車を時々視掛ける程度であろうか…

何時でも静かだが、連休最終日は日中から更に静かであった…「6日休業」という趣旨の貼紙が在って、閉めている店が目立ったということもある…加えて…近年は移転してしまったり、廃業してしまっていて、“空店舗”になっている箇所も少なくない…

日中から閉まっていた店も、日中は営業していた店も、午後7時頃になると殆どが閉まってしまう。街灯に、シャッターが下りた商店の建物、石畳風に整備された路面、看板等が浮かび上がるような感じに見える…“画”としては個人的な好みに合うものだが…何となく寂寥感が漂う…

近所の宿泊施設の駐車スペースに、見慣れない地名のナンバープレートを付けた車輌を眼に留めるようにはなり始めたが…それでも、来訪者が多い時季にはやや早い…尤も、ここに来訪者が溢れている様子が見受けられるということも珍しいが…

この時季は、7時過ぎでも空に「青味」が残る…時季としては異様な程に寒い他方、“光”の方は着実に暦を進めている…不思議なものだ…
posted by Charlie at 08:06| Comment(0) | HDR/稚内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月06日

稚内港北防波堤ドーム公園(2013.05.06)

各地で「熱中症への注意喚起」が行われた程に暑くなっていたようだが、北海道内は雪が降って積もった地域が在ったそうだ…そういう連休最終日だったが…

↓稚内はよく晴れた!!しかし、気温が4℃程度…寒かった…
8714029060_3d99cb8744[1].jpg

稚内港北防波堤ドーム周辺に整備された緑地の芝生…未だ茶色だ…

↓寒々しい画ばかりだが…4月、5月に稚内で撮影した画…
wakkanai097 - View my 'Photomatrix - APR - MAY 2013' set on Flickriver

今年は“春らしい”感じと縁が薄い…
posted by Charlie at 20:40| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする