2013年01月02日

鹿児島の菓子:かるかん(2012.12.23)

以前、稚内の喫茶店で「全国縦断の旅に出るために稚内入りした」という方と言葉を交わしたことが在った。その方は「九州方面が好く…到達するのが愉しみ…」と話していた。当時、私は九州に関しては「辛うじて上陸」という次元で、余り様子を知らなかったので「そんなものか?」と思っていた…

そういう次元であったのだが、一昨年の「枕崎到達」に際しての福岡・鹿児島の寄り道、昨年の「7県巡り」を通じて、「各々の伝統と、それに裏打ちされた各々の雰囲気」を有する多様な地域が連なる九州の魅力の一端を知るに及び、言葉を交わした方の言う意味が少し判ったような気がしている…

昨年12月23日、福岡空港から“帰国”の際、「九州の菓子でも…」と売店を覗いた。ターミナルビルの場合、“売店”と言うより「一寸したショッピングモール」と言う方が妥当かもしれないが…新千歳空港では北海道内各地の様々なモノが求められるのと同様、福岡空港にも九州各地の様々なモノが溢れている…

↓眼に留めて入手したのはこういう代物であった…
8327778114_72248761af[1].jpg

↓箱を開けるとこういう具合である…
8326720025_8a8f60f8fd[1].jpg

これは鹿児島の菓子で“かるかん”と言う…

製造・販売を手掛ける会社のサイトによれば…「三百三十有余年薩摩伝統の味。きめ細かな眩しい程の白い生地、山芋の仄かな香と自然な甘さは際立った上品な味わいです」とのことである…

一人で全部を試食するのはやや多いので…知人への土産として、一緒に頂いた…

↓こういう按配に切って頂く…
8326720815_457d66f98c[1].jpg

何か「少し歯応えの在る“蒸しパン”」というような趣であった…材料の芋に由来する仄かな甘みが心地好い…実に美味い!!

恐らくは…身分の高い人達が嗜んだ経過も在るような、由緒正しい菓子なのであろう…こういうような“伝統”に出会えるのも、九州を訪ねてみる大きな楽しみなのかもしれない…
posted by Charlie at 12:01| Comment(0) | HDR/2012年12月の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする