2012年10月13日

音威子府駅の跨線橋(2012.10.06 他)

「朝の列車で名寄を目指し、音威子府駅で長時間の停車」というのは、稚内駅を起点に“三連休おでかけパス(普通列車)”、“青春18きっぷ”、“北海道&東日本パス”というようなものを持って旅をする場合の定番だ…

名寄へ向かう列車が音威子府に到着し、稚内へ向かう列車―この旭川駅を早朝に出る列車も私にとっては“定番”だ…―が到着し、札幌へ向かう特急列車が着いて素早く発つ…やがて稚内へ向かう列車が発ち、そのうち蕎麦のスタンドが開店し、蕎麦を一杯頂いてから自販機で飲み物などを買い込み、「よっこいしょ…」と列車に乗り込んで一息付くと漸く発車だ…

この「1時間以上」の間…のんびりと煙草を蒸かしてみたり、土産の蕎麦を仕入れてみたり、列車を眺めたりする訳だが…

↓跨線橋からの眺めが好きだ!!
2012OCT06.jpg
↑奥左が南下する列車…手前右が北上する列車…何れもキハ54である…

ここの眺めだが、季節によって見え方が異なる…

↓2012年7月15日撮影…夏の光線…青空だ…
2012JUL15.jpg

↓2012年3月20日撮影…
2012MAR20.jpg
↑「少々雪が在る」という按配である…

↓2011年12月30日撮影…
2011DEC30.jpg
↑酷く雪が多い日の様子だ…音威子府は雪が多く、地元高校の距離スキーのチームが結構活躍していて、道北では意外に有名なスキー場も在る…

何れも、“定番”の音威子府駅での待ち時間に撮影しているもので、殆ど同じような時間帯だ…稀に、ここで視られる「並んでいるキハ54」を撮影している、鉄道好きな方に出くわす…

こうして季節が変わっても同じ時間帯に、可能な限り走り続ける列車の姿を視ると、何か愛おしくなる…

ところでこの音威子府駅…今年で「開設100年」なのだそうだ…
posted by Charlie at 18:17| Comment(0) | HDR/音威子府 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニッカの余市蒸留所限定販売のウィスキー(2012.10.07)

蒸留所も酒造会社の施設で、“広報”の意味合いも在って見学者を受け入れている訳だ…当然、施設内で製品や関係グッズを売っていたりするのだが…

↓こういう代物が蒸留所内に設けられているショップに在る…
8079492395_b27d1b218e[1].jpg
↑40度のブレンデッドウィスキー…有り触れたモノのようだが…「余市蒸留所限定」である!!

↓「余市蒸留所限定」で売られているが…試飲は現地でやっている訳でもなさそうなので、稚内で試飲…
8079487102_66335c3d17[1].jpg
↑これは呑み易い!!

余市を訪ねた思い出を胸に、こういうモノを頂くと…直ぐに無くなってしまう…
posted by Charlie at 17:20| Comment(2) | HDR/2012年10月の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする