2012年08月22日

稚内港の眺望(稚内公園)(2012.08.22)

「平坦な海岸の後背に丘陵」という地形は珍しくも何ともないが、そういう場所では「丘陵からの港の眺望」がなかなかに好い…稚内もそうした場所の一つのように思う。

「暑い…」が挨拶代わりだった、当地としては“今季最高”という具合の27℃程度になった日の夕方…丘陵の上に相当する稚内公園へ足を運んでみた…

↓丘陵から望む稚内港…東側に相当し、夕焼けが綺麗という程でもない…
7837714408_3310c6c098[1].jpg
↑夕方になって、妙に雲が増えてきた…

↓日没を迎えると、東側の空は妙に蒼い感じになる…
7837717988_14cc8576e9[1].jpg

↓少しずつ、街の灯が目立つようになってくる…「灯りの数だけ人生…」などと気障な台詞を吐いてみたくもなる…
7837726898_7709d7a7b8[1].jpg

やがて妙に風が強くなってきた…気温は24℃程度に止まり、風は冷たくもないが、やや居心地が悪くなり、丘陵から街へ戻った…

夕食に道草して帰宅してみれば…夕刻に流れていた雲の仕業か、夕立風な強めの雨が…稚内の短い夏だ…
posted by Charlie at 22:16| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パフェ(2012.08.18)

近所のSホテルに在るレストランで、よくランチを愉しむのだが…ある日、妙にデザートが欲しくなり、何となく“パフェ”を頼んだ…

↓それが気に入ったので、時々愉しんでいる…
7833496218_d24650420c[1].jpg
↑なかなかにヴォリュームが在る…

こういうモノ…凄く好い!!
posted by Charlie at 06:14| Comment(0) | HDR/稚内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

稚内港北防波堤ドーム(2012.08.22)

「窓を開け放したまま眠ってしまう」ということが出来る時季…稚内では「極限られた期間」ということになってしまうと思う…

現在がその「極限られた期間」である…夕食を愉しんだ後、週末に借りてあったDVDを一寸観て、何気なく“居眠り”のように寝てしまったが…窓が開いたままであったことに気付いたのは早朝だった…

何か「大浴場の洗い場」というような喩えが思い浮かぶ…空気が酷く湿っていて、生暖かい…少し動くだけで汗が出る…

こういう中で戸外に出てみた…時折吹き抜ける風が、「暑い日に回した扇風機の風」のように感じられる…

↓好天の日には明るい感じになっている時間帯だが、雲が垂れ込めていて薄暗い…
7833507992_fea08d2f60[1].jpg

↓これはモノクロだが…カラーと然程の差が無いようにも思える程だ…
7833510096_0fea78b92b[1].jpg

↓別段“許可”されている訳でもないと思うが…テントを張って休んでいる人達が見受けられるのもこの時季だ…
7833502200_88b1aa31c2[1].jpg
↑この辺りでは、こういう具合に屋外で寝てしまうことが出来る時季も「極限られた期間」ということになるかもしれない…

↓8月撮影の画…

wakkanai097 - View my 'Photomatrix - AUG 2012' set on Flickriver
posted by Charlie at 05:56| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする