2012年06月12日

稚内港北防波堤ドーム(2012.06.12)

日中は透き通るような青空が視られたのだが…戸外を歩いていると手が冷たくなってしまう…「6月か!?」という慨嘆が方々で聞かれる昨今である…

夕刻、細かい用事が発生したために中途半端に帰宅が遅くなったことを受け、道草をして食事を愉しんでから帰宅である…

帰宅時に空を見上げると…西北側の空が赤紫を帯びていた。日没“直後”の夕焼けである…

拙宅で愛用のS95を掴み、一寸だけ歩いてみた…

↓稚内港北防波堤ドームである…
7179767815_94a967d067[1].jpg

本来は三脚が要るような按配なのだが…「優れもの」のS95では、手持ちで存外に好い感じに撮ることも出来る…

HDRはこういうシチュエーションでの写真には好適だ。アンダー(露出不足)では、空の美しいグラデーションが綺麗に記録出来るが、地上の構造物が「真っ黒」である。オーバー(露出過多)では、地上の構造物が綺麗な他方で、美しい空は「真っ白」である。標準が一応両者の中間ということになるが…HDRは「標準の画に、アンダーの美しい空と、オーバーの綺麗な地上構造物が巧く被る」ような具合に出来るのだ。

7179770277_f7952a68cf[1].jpg

暫し様子を視ていたが、手が悴んだようになり、直ぐに退散した…
posted by Charlie at 21:02| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする