2012年06月07日

「コース料理」になっていたサハリンのランチ(2012.06.06)

「2泊3日サハリン」ということになると、「サハリンでの昼食」は“2日目昼”のみとなる…その“2日目昼”は私自身と同行した皆さんの計5名で昼食を愉しんだが、予め旅行代理店を通じて予約しておいた…

席に着いて暫くすると、一皿運ばれてきた…

↓こういうモノだ…
7344682502_96fa2409f6[1].jpg

焼いたナスで環状の容器のようなモノを準備し、中にサラダが詰まっている…

これを戴いて暫くすると、新たな一皿が…

↓「ロシアの料理」と聞くと思い浮かべる幾つかの料理の一つ…“ボルシチ”である…
7159476169_6698a11590[1].jpg

このスープを戴くと、また新たな一皿…

↓チーズで覆われた状態であったが…鮭だった…ピラフが付け合せになっている…
7159477033_697a64e9b3[1].jpg

こういうような「コース料理」…「熱い料理が冷めないように」ということで、ロシアで発祥したという説が在ったような気がする…

「たかが昼食」かもしれないが…豊かな文化的伝統に想いを巡らせながら、愉しく戴いた次第である…
posted by Charlie at 18:28| Comment(0) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユジノサハリンスクの日本製らしき飲料自販機(2012.06.06)

飲料の自販機…少なくともサハリン辺りでは一般的なものではないように思う…

↓視付けてしまった!!
7347567892_34d5561b25[1].jpg

これが在るのは<シティーモール>というショッピングセンターの館内である…未だ、「その辺の通に並んでいる」というような様子は、サハリンでは視たことが無いが…

中の飲料だが、「80ルーブル」という値札が付いていた。概ね240円程度になるであろうか?

サハリン辺りでは、日本の日用品、食品等が色々なルートで入り込み、売られている様子も見受けられる。よく言われるのは、「日本の3倍の値段」という話しである。大雑把に言えば、「100円前後」と思われる商品が「100ルーブル前後」である…この自販機の飲料は「80ルーブル」…この種のモノはスーパーで100円を切って売っている場合も在るので、よく言われる「日本の3倍」説は概ね当っている…

この種の飲料の自販機…個人的な経験に照らして、外国では、限られた場所にしか無いような気がする…このユジノサハリンスクの<シティーモール>に在るモノは、定着して拡がるであろうか?
posted by Charlie at 18:02| Comment(0) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サハリンで求めたトラックジャケット(2012.06.06)

旅先でTシャツ等を求めるのが存外に好きである…そういう志向はサハリンでも変わらない…

↓こんなものを求めてしまった…
7347576926_05540fa146[1].jpg
↑ユジノサハリンスクの<シティーモール>で視付けた。1,890ルーブルだった。私が両替した時点で「1ルーブル=2円90銭」だったので、5千数百円という感じか…

胸に「РОССИЯ」とロシア語の文字が入っている。「ロシア」とロシア語が入っている…「綿80%・化繊20%」の、何の変哲もないトラックジャケットだが、こういうデザインであると、何か“特別”な感じもする…

このトラックジャケット…帰国する際に着てきた…サハリンが酷く寒い感じだった中、存外に温かく、なかなか具合が好い…「寒かったサハリン」という想い出と共に、長く愛用することになりそうである。実は現在もこれを着ている…
posted by Charlie at 17:38| Comment(0) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

稚内港北埠頭&中央埠頭(2012.06.07)

サハリンのコルサコフ港からフェリーに乗船し、「北緯45度42分・東経142度01分」の日ロ国境線を越え、稚内港へ向かう…

“港町”に住んでいるが、港の埠頭周辺を歩き廻る、または車で通り過ぎる機会は多々在るものの、「海から港と背後の市街を眺める」という機会は必ずしも多くない…というだけのことだが、フェリーに乗って稚内港を眺めるというような機会が出来ると非常に嬉しい…

何か遠景が見えるような霞むような状況の航海が続いたが、稚内港周辺は明るかった…日差しが見受けられる…

↓蒼い空の下に紺碧の海が波打ち、建造物の金属部が光を照り返す…
7347598152_91d2310143[1].jpg

フェリーはサハリン航路も利尻・礼文航路も中央埠頭に発着している…私が乗船した<アインス宗谷>も、文字どおり「家路を急ぐ」かのように、速度が上る気がする…
posted by Charlie at 17:17| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする