2011年12月29日

会津若松 鶴ヶ城(2011.12.17)

鶴ヶ城を初めて観たのは…2008年のことだった…

1808年…会津松平家中の武士達が大挙して宗谷の地に乗り込み、一部は樺太にも渡っている…これは、ロシア船との悶着が発生していたことを踏まえ、幕府が奥州の諸大名に命じた「北方警固」の一環である。

2008年…郷土の歴史を大切にしている会津若松の皆さんが、「北方警固200年」というようなことで、稚内を訪れたという話しが伝わった。それを聞いて思った。「そういう人達が居るなら…彼らがどんな場所から宗谷、樺太までの長い旅に出発したのか、それを観に行く“稚内の物好き”が一人位居ても良かろう…」とである。

そういう経過で鶴ヶ城を観に出掛け、そこから会津関連の本を色々読み、会津の日本酒も愉しむようになって行き、関係情報にも眼を向けるようになった…「典雅な外観の建物が堅牢な陣地の中核に聳え立つ」という趣の鶴ヶ城には魅了され、再訪をことある毎に思うようになっていた…

鶴ヶ城は戊辰戦争で損傷を受けてしまったことなどから、明治時代に取り壊されてしまっている。昭和に入ってから、地元の皆さんの想いを受けて天守閣等の再建が行われた経過が在る…それを承知で鶴ヶ城を見学し、会津若松の街を歩いたが…気になったことが在った…

鶴ヶ城の建物の一部が、市内の七日町に在る寺に移築された経過が在るらしく、その建物は現在も大切にされているのだが…その建物の屋根は赤茶色を帯びた瓦だった…対して鶴ヶ城の再建天守閣は黒っぽい瓦だった…

赤茶色を帯びた瓦は、粘土の中の鉄分の色が表出したもので、高温で処理されたものであるために寒さに強いとされ、山間部等の「冬は寒い!!」場所で好んで用いられたのだという。恐らく…会津若松でも、この赤茶色を帯びた瓦が城に用いられていた筈である…

そんなことを思ったのだったが…そのうち鶴ヶ城の改修工事が始まったという話しが伝わってきた…瓦を赤茶色のモノに換えるのだという…

「それは是非観たい!!」と思っていた。竣工は今年の3月だった。3月と言えば…大震災だった…「お城は如何に!?」と随分気に掛けたのだが…「お城は健在なり!!」という状況だった…会津若松では、強い地震で、一部の建物の壁が傷むというようなことは在ったらしいが、既にそれが判らないまでに復旧している…

↓前置きが長くなってしまったが…これがその、赤茶色を帯びた瓦に換わった鶴ヶ城である!!
6581890247_9a7ca12931[1].jpg

ここに寄った後に乗車した「SL X'masトレイン」に乗り合わせて話しをした会津若松在住の方によれば、市民から寄附を募り、寄附をした方の氏名が瓦の一部に刻まれているということである…

この日は積雪で屋根の一部が覆われていたが…それでも私はこの眺めが素晴らしいと思った。2008年に訪ねた折りには積雪が無かったからだ…こうして雪を被ると「奥州の要となる城」という風格、貫禄のようなものが加わるのではないかと思う…

↓石垣もほんのりと雪で染まっている…
6581932439_0b4ac1a368[1].jpg

「城」と言えば…どうしても美しい建物が目立つのだが、“城”とは「堅牢な石垣等を組み合わせた防衛拠点」で、「優勢な敵に対峙して立て篭もる」という性質のものなので、石垣も「見所!!」だと思う。そして、その石垣と建物が組み合わさった見栄えがまた素晴らしい!!

↓鶴ヶ城の画…
wakkanai097 - View my 'Tsurugajo-Castle at Aizu Wakamatsu-HDR on DEC 17, 2011' set on Flickriver

福島県は3月の震災で最も激しい被害を被ってしまった3県の一つであるが…内陸部の会津地方は、現在では全く問題が無い。(寧ろ、夏の水害で鉄道の一部が未だに復旧工事中であったりする…)震災の少し後から、海岸部の本当に困っている地域の人々に手を差し伸べたのは、会津地方の皆さんである。それは記憶に留めたい…

一つ会津若松関係の話題を記しておきたい…地元で少し盛り上がっていたようだが…2013年の大河ドラマ…会津に関係の在る物語になるそうだ…明治時代の教育者、新島襄の妻であった八重が主人公になるのだという…彼女は、戊辰戦争当時は鶴ヶ城に篭って戦っていたのだ…

会津若松の鶴ヶ城…地元の歴史を伝え、未来を見詰めて佇む美しい姿が、強く印象に残る…
posted by Charlie at 20:04| Comment(0) | HDR/2011年12月の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月28日

7100型蒸気機関車6号機 “しづか”(小樽市総合博物館)(2011.12.16)

小樽の手宮地区は「北海道で初めて鉄道が敷設された場所」として知られている。1880(明治13)年のことで、日本国内で3例目の鉄道だったという。

鉄道が敷設されたのは、需要先へ積み出す港へ石炭を輸送するというのが主目的であった。当初は、旅客輸送は然程盛んでもなかった。若干の「要人の移動」に利用される例が在った程度のようだ。と言うよりも…1880(明治13)年当時の北海道は、開拓の途上、或いは始まったばかりであり、大きな旅客需要が望めるような大きな都市は未だ無い…

その北海道の鉄路で運用する機関車は、米国のピッツバーグに在った会社に発注され、北海道に輸入された。

この機関車が「7100型」である。計8輌在った。

1880年(2両) : 1, 2(製造番号368, 369)
1882年(2両) : 3, 4(製造番号487, 488)
1884年(1両) : 5(製造番号643)
1885年(1両) : 6(製造番号672)
1889年(2両) : 9, 10(製造番号1009, 1010)
※7、8は欠番らしい…

この時代の米国と言えば…時代は正しく、所謂“西部劇”の時代な訳で、機関車も「西部劇に登場するようなスタイル」そのものな姿で出来あがった…

この7100型の1輌が、小樽市総合博物館に展示されている。

↓小樽市総合博物館の“目玉展示”扱いだ…多分、一番好い場所に鎮座している…
SL7106.jpg
↑正しく「西部劇に登場するようなスタイル」そのもので、馬に乗った列車強盗でもやって来そうな感さえするが…こういう姿の機関車が、開拓者達の入り込んだ北海道を駆けていた時代に想いを巡らせながら観た…

機関車には、番号の他に歴史上の人物に因んだ愛称を付されている。1 - 6には番号順に、「義經(義経/よしつね)」、「辨慶(弁慶/べんけい)」、「比羅夫(ひらふ)」、「光圀(みつくに)」、「信廣(信広/のぶひろ)」、「しづか(静/しづか)」と命名されている。1889年製の2輌に関しては、どういう訳か、こういう命名はされなかった。

この機関車は、「7100型」という形式名ではなく、寧ろ“愛称”でお馴染みな車輌となっていると思う。小樽に在るのは、1885年に登場している6号機で、“しづか”という名が冠せられている。これは“義経”(源九郎義経)が愛したと伝えられる女性の名だ…

↓機関車の横には、確りと「SHIZUKA」(じづか)と名前が入っている!!
SL7106 (1).jpg

機関車は永く色々な運用がされていたり、放置されていた経過が在るが、“しづか”は“義経”と共に1952年に往時の姿に綺麗に復元され、1962年から「北海道鉄道記念館」(小樽市総合博物館の前身)に展示されて今日に至っている。

小樽市総合博物館は、この明治時代の機関車の他にも色々な鉄道車輌を保有しているが、大半が屋外展示である。冬季は、それらの車輌を保護するカバーに覆われてしまっていて観ることが叶わない…「観られる時季に!!」と再訪を期したが…それでもこの“しづか”は、なかなかに好い!!

この“しづか”の撮影も、例によって「S95手持ち」だが、好い具合の画になった!!
posted by Charlie at 18:49| Comment(0) | HDR/2011年12月の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月26日

旧日本郵船小樽支店(2011.12.16)

小樽…北海道の発展を支えた経過の在る港町である…

札幌駅・小樽駅間は列車で40分程度…両市の間で通勤・通学というような例も珍しくはない程だ…旅行者は、札幌に滞在している期間の中で「小樽日帰り」という行動を取ることが圧倒的に多い…

「小樽を訪ねて…」と思い付けば、札幌に何かの用事で出た折にでも簡単に訪ねることは出来る筈だが、それでも存外訪ね悪い…

ということで…旅の途上、小樽に寄ってみることにした。

↓こんな建物が市内に在る…
6574733439_9929728ef0.jpg
↑20世紀冒頭に登場した洋館である…

これは大手船会社の小樽支店だった建物だ。北海道内の産品を他所の地域へ運び出したり、北海道内で必要なモノを他地域から運び込むという場面で、海運業は大活躍だ。小樽は永く北海道内で最も隆盛だった港の一つで、大手海運会社の拠点も設けられていた…

この建物は小樽市の博物館として利用されていた経過が在ったが、建物そのものの歴史的価値が注目され、往時の内装が再現された…

↓こういう按配である…
6574724731_51f71ed201[1].jpg
↑御覧のとおり、会議場である…

日露戦争終結後、樺太の北緯50度に日露両国の国境を設けることとなった。その際、国境線を画定する作業に関する、両国実務関係者による会議が、この会議場で催されたのであった。日露両国は佐官級の将校を代表に据え、法務や測量技術に明るい関係者(両国の軍で事務に携わっていたり、技官として測量任務に就いていた人達)、通訳官等からなる代表団を編成し、両代表団がここで話し合った訳である…

↓これは会議場の隣の部屋だ…
6574719847_95ab6d5184[1].jpg
↑“貴賓室”と呼ばれているが、会議後に両国代表が互いの仕事を労いながら杯を交わした場であったという…

こういう場所に寄るのは、なかなかに愉しいと思う。何か「本当の“現場”だけが有し得るもの」が伝わるような気がする…

また、こういう明治時代の建物の内装、外装共「画になる」ものだと思う。中に関しては、勝手に三脚を立てられる訳でもないので、手持ち撮影がし易いS95のようなカメラが非常に重宝する。

冬季のこの辺りは、やや寂しいが…夏季には周辺の広場と絡まった様子も美しいと聞く…

札幌から近くでありながら、余り寄っていない小樽だが…今回立ち寄ってみて、「もっと寄る機会を設けてみたい…」と思った…

↓小樽の画…
wakkanai097 - View my 'Photomatrix - Otaru on DEC 16, 2011' set on Flickriver
posted by Charlie at 23:37| Comment(0) | HDR/2011年12月の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月25日

稚内の積雪(2011.12.25)

去る12月15日午前中、吹雪の中で稚内駅を出発した…12月23日の昼頃に稚内駅へ戻った。雪が堆くなっていたことに多少驚いた…

その後、私が戻って以降も結構な量の雪が降り続いた…

↓今日、一寸戸外に出てみれば、こんな様子だった…
6568419955_9c6b661075[1].jpg

北海道内には「あそこは雪が多い!!」というイメージの地域が幾つも在るのだが、“稚内”はその中に数えられるような場所でもない…

にも拘らず!!今季は妙に多い…稚内市内のスキー場は「1月利用開始」というシーズンが多いのだが、今季は12月23日から利用開始ということになったようだ…

こんなに積もった雪…雪と縁が薄い地域の皆さんは「どうするの!?」と思われるであろうが…

↓こういう作業をするのである…
6568414331_7dfa4c7f95[1].jpg
posted by Charlie at 20:16| Comment(2) | HDR/稚内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月24日

博多駅のイルミネーション(2011.12.18)

今年3月の「九州新幹線全通」に合わせて、博多駅は新しい駅ビルになった…昨年、このビルが工事中だった様子を眼にしていて、駅ビルに関心を持ってはいたのだが、実際に福岡に辿り着いてみると、他にも色々と在ってビルそのものは駅と発券窓口―博多南駅に行ってみて、そこで友人と落ち合った…その際に切符を求めたのだった…―を利用しただけで、素通り同然だった…

それは、それとして…夜になって駅前にやって来て、少々驚いた…

↓博多駅のビルはこんな様子だ…
6563627839_f04b3d46ee[1].jpg

方々の様子を見聞しているつもりだが…或いは「日本一華やか??」とさえ思った…

近年は、方々でクリスマス・イルミネーションというものが盛んになっているようだが…こんなにまで華々しく駅ビルを飾り立てている様子…類例を思い浮かべられない…或いは、今年は「開業年!!」ということで殊更に力が入っているのかもしれないが…「蒼く輝く星々の中に浮かぶ宇宙要塞」というような趣である…

↓少し離れた、角度の違う眺めはこんな感じだ…
6563633517_b9b00575cf[1].jpg
↑バスターミナルやテナント店が入居する、駅に隣接するビルの、バルコニー状になっている2階からの眺めだ…

実は…つい先程まで、今日がクリスマスイブだったことを余り意識していなかったが…こういう光景を視ると、「多くの人の人生に輝き在れ…」などということを考えてしまう…

写真は…S95の手持ちで撮影している…既に後継機のS100が登場して話題になっているが、S95もマダマダ行ける!!

↓未だ多少増やすが…福岡のHDR画…
wakkanai097 - View my 'Photomatrix - Fukuoka on DEC 2011' set on Flickriver
posted by Charlie at 20:44| Comment(0) | HDR/2011年12月の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月23日

西大山駅(JR最南端駅)(2011.12.19)

全て鉄道利用で、「稚内から枕崎まで」という旅をした…本州北部は郡山まで南下し、会津若松を経て新潟に向かい、北陸路から大阪に入って新幹線、更に指宿・枕崎線で動いたが、この分の移動が3,174kmだった…

「JR最北端駅」というものは頻繁に眼にしているが…「JR最南端駅」は視たことが無かった…

↓こんな様子である…
6558135705_7ac6aa9f9c[1].jpg

プラットホームが設けられているだけの小さな駅である…この標柱の記念写真を目的に、明るい時間帯の列車は敢えて2分間停車する…

指宿・枕崎線だが、鹿児島中央・指宿間は通勤・通学や他の利用者がそれなりに多い。一部は鹿児島市内の住宅地を通っているようだ。列車本数は多く、黄色い塗装の“菜の花”号も往来している。指宿の向こうの山川・枕崎間は無人駅が延々と続く間だ…

「JR最北端駅」は北緯45度だが…「JR最南端駅」は北緯31度…日本は広い…
posted by Charlie at 18:01| Comment(0) | HDR/2011年12月の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<ラピート>(2011.12.22)

「関西国際空港を利用」と言うと…空港との往来に関しては色々なやり方が在る…その各々に長短が色々と在るとは思うのだが…

大阪市内からであれば、“南海電車”の“特急”というのは、有力な選択肢で在るように思うが、如何であろうか?なんば・関西国際空港間は40分強である…もしかすると、「なんばへ向かう方が面倒…」という状況さえ多いかもしれない…

実はこの「“南海電車”の“特急”」というもの…随分と以前に一度りようしているが、今回、久々に利用した!!

↓これがその「“南海電車”の“特急”」である…
6554259313_3b7c1db2a7[1].jpg
↑<ラピート>という愛称が在る…

この<ラピート>…斬新なデザインだが、斬新に「過ぎる」という視方も在るのかもしれない…兎に角目立つ…

↓何処となく“古典SF”の宇宙船を想わせる…
6554261451_b23ee6806e[1].jpg
↑「速さ」を想起させる<ラピート>という愛称…肯けるような気もする…

↓しかし…“空気抵抗”を顧慮しての凝った設計のようにも…思えない…
6554257225_8d0b02afb6[1].jpg
↑何処となく『鉄人28号』のようでもある…

いずれにしても…とりあえず「画になる!!」鉄道車輌ではないかと思う…好き嫌いはかなりハッキリ別れそうだが…今回の画は、S95の手持ち撮影だ…三脚はやや憚られるような、なんば駅のホームで撮っているのだが…

“国際空港”へ向かう列車だけに、車内では聞き慣れない外国語での話し声も結構聞えていた…乗車券と特急指定券とをセットで求めて乗車する…近年は“乗車券”部分に関しては“ICカード”というのも「よく在る」ようだ。私は窓口で双方を合わせた型で求めたのだが、駅員さんに「乗車券も合わせてですか?」と尋ねられた程だった…

この<ラピート>で空港に向かい、日航機で大阪から雪の札幌へ飛び、更に旭川に北上した…今回、往路は「全て鉄道」を利用して「稚内・枕崎」(JRの南北の端)の行程で動いたが…復路は航空機利用で、かなり呆気なかった…その航空機利用を支えたのが<ラピート>である…

また機会が在れば、この<ラピート>を利用したい!!
posted by Charlie at 00:29| Comment(0) | HDR/2011年12月の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月20日

急行<きたぐに>(新潟駅で発車を待つ583系電車)(2011.12.17)

鹿児島のホテルで寛いでいる…

稚内→旭川→札幌・小樽→郡山→会津若松→新潟→新大阪→博多→鹿児島中央→枕崎→鹿児島中央という移動だ…

↓この中、「新潟・新大阪」はこれを使った…
6540389175_0be1a7bf07[1].jpg
↑急行<きたぐに>である…

3月のダイヤ改正で、この<きたぐに>は姿を消すことになったそうだ…

↓“座席”または“三段寝台”で使用可能という内装の583系電車…
6540391603_1a4802b855[1].jpg
↑一時代を画したような車輌だったそうだが…定期運行での運用は…3月のダイヤ改正までだ…

今回の旅行では「思い付き」で乗車しているが…貴重な経験ということになった…
posted by Charlie at 08:40| Comment(0) | HDR/2011年12月の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月19日

C57 180(2011.12.17)※2011年最後の磐越西線SL運行

鹿児島中央駅傍のネットカフェで、「夜遅く到着。翌早朝に出発」というスケジュール故に、何となく眠れない夜を過ごしていたが…一寸ブログの記事を…

磐越西線の「新潟・会津若松・新潟」の蒸気機関車牽引列車の運行は、新津で保存されていた「C57 180」を動くようにして、1999年から続けられている。熱心なファンと沿線の皆さんの暖かい応援で続けられているものだ…

今回の旅が12月ということになったのには色々な理由が在ると思うが、その中の一つが「C57 180」だった。毎年、5月から11月の運行の後、12月に「SL X'mas トレイン」ということで運行を行っているというのだが、それが12月17日に催されることを知ったのだった。そして、それに乗車出来た!!

その「SL X'mas トレイン」がなかなかに愉しかった!!その想いを胸に…新大阪・博多の新幹線車中で、持ち込んだパソコンを駆使してHDR画を創った…

↓会津若松駅で出発を待つ様である…
6532694589_4ab70267da[1].jpg

とにかく、なかなかの人出で、写真を撮るのも難しい…三脚は機動性を損ねるので、手持ちが好適だ…そういう場面で、S95が有効だ…

SLの写真…走行している様子を撮るのが善いのかもしれないが…静止している場面を撮って、HDR画を創るのも善いと思う…「雪が降りました」というような条件の会津若松から新潟のような区間で、上記を噴き上げ、憂愁を帯びた汽笛を鳴らす「金属製の生き物」を思わせる蒸気機関車は、非常に魅力的な被写体だ!!

↓何か、妙に気に入っている画である…
6532702479_b8bc058093[1].jpg
↑12月であれば既に暗い時間帯…少し長めに停車して、水の補給等を行っている時に撮った画だ…

「動態保存の蒸気機関車を撮ったものを駆使したHDR」というもの…なかなか難しいかもしれないが、手持ちでも、暗くても、存外に良い画が撮れてしまうS95のような「強い味方」が手元に在れば、「或いは可能」かもしれない…
posted by Charlie at 04:22| Comment(0) | HDR/2011年12月の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月15日

稚内駅(ホーム)(2011.12.15)

朝から稚内は酷く吹雪いていた…

工事中の稚内駅…多少歩き難い中、駅舎に辿り着いてみるとホッとする…

今日は列車に乗る…

↓ホームに待機中のキハ54…名寄へ向かう…
6515185047_29336c05f1[1].jpg

粉雪は強風に舞い、四方八方から飛んでくる…ホームに屋根は在るが…雪を被ってしまう…
posted by Charlie at 20:20| Comment(0) | HDR/稚内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月10日

電話ボックス(第二副港)(2011.12.10)

戯れに「正しい休日の過し方」と呼んでいるが、今日は拙宅・マクドナルド間―片道4km程度か?―往復を歩いてしまった…途中に寄り道で、食べたり、サウナを利用したり、珈琲を愉しむなどもしているが…客観的に視れば、「何やら暇な男が歩き回っているだけ」に過ぎないのだが…

こういうようなことは、「用足しに出る」というようなことでもなければ、殊に雪が降った後の時季などは億劫この上ないのだが…「レンタルDVDの返却」というような、些細な用事が在ると、それが格好の「出る切っ掛け」になってくれたりする…そうなれば「“朝マック”…“サウナ”…」と「序で」と言うと「多少、無理も…」というようなことまでしてしまうのである…

そして、こういうような具合に戸外へ出る際、愛用のデジタルカメラ“S95”も持参する場合が多い…何となく、写真を撮りたくなってしまうことが多々在るのだ…見慣れている筈のモノ、様子も「偶々一味違った風情」になっているのに出会す場合が存外に多い。また「ここに、こういうのが在った?!」とか「あれが無くなっている?!」という“発見”も時々在る…

今日もそんな具合で、歩き回っていて、思い付いた場面で写真を撮ってみたのだったが…

↓こういう様子に出会した…
6485897649_35085205a4[1].jpg
↑第二副港辺り、魚介類の市場が在る辺りに設けられた電話ボックスである…今日は市場に何かが入ったらしく、物を運んでいる様子や、入口辺りで一息入れている人達の様子が見受けられたのだが…脇の電話ボックス辺りは静かだった…

電話ボックス…「現在の幼児は、“電話ボックス”というモノを知らないまま大人に?」等と思える位、近年は急速に数を減らしてきた代物である。電話ボックスに関しては「何時の間にか無くなっている…」と気付く場面が、この何年間かで随分在った。今日は、珍しく「こんな所に在った!!」と気付いた型である…

電話ボックスが「こんな所に!!」と気付いたのは良いが…昨日辺りの降雪量が多かったためか…「一寸、直ぐにこのボックスは利用出来ない…よね?」という状態に陥っている…直ぐに扉に近づけない…また、扉の開閉が積雪で多少妨げられてしまっている…

電話ボックスのこんな状態…「利用頻度が低い」ことの証左かもしれない…

↓雪が急に多くなった12月の稚内の様子などはこちらで…
wakkanai097 - View my 'Photomatrix - DEC 2011' set on Flickriver
posted by Charlie at 19:59| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月09日

近所の煙草自動販売機と北門神社鳥居(2011.12.09)

「少し前」に比べると、早朝の窓辺が明るめである。積雪が極弱い早朝の光を反射するためであろう…

何気なく、煙草でも求めようと戸外へ…

拙宅で大人しくDVDを愉しむなどしていて、ずっと部屋に篭っていた夜の間に雪が降り続いたらしく…雪がやや堆くなっていた…

積雪が深めになっていた…履物が完全に埋まるような按配で、車輌が通過した跡(=轍)に沿うように…と言うより「轍に立ち、轍を歩む」という具合で進んだ…

↓最も利用頻度が高い自販機…
6479043687_edda7b8844[1].jpg

自販機に至ってみると…この自販機のオーナーであるおじさんが歩道―彼の自宅前ということになるが…―で一生懸命除雪作業をしているところだった…

↓振り返ると神社の鳥居が見える…
6479048571_3496256ffe[1].jpg

煙草を求め、また、「轍に立ち、轍を歩む」という具合で帰宅である…

↓雪が急に多くなった12月の稚内の様子などはこちらで…
wakkanai097 - View my 'Photomatrix - DEC 2011' set on Flickriver
posted by Charlie at 08:12| Comment(0) | HDR/稚内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月07日

稚内港北防波堤ドーム(2011.12.07)

煙草を求めようと、未だ薄暗い戸外へ…何となく愛用のS95もぶら下げて出る…

結構強めに雪が…夜の間、少々雪の時間帯が長かったらしく、存外に積もっている…除雪車輌も登場している…

↓「明るくなり切る前」の“色合い”が気に入っている…
6468463135_5a030dc61d[1].jpg

手持ちのAE撮影…レンズの絞りは“開放”周辺に自ずとなってしまう…多少ぼんやりした調子の画だが、「“見た目”のイメージ」に近いように思う…

↓存外雪が激しい…
6468448069_fde9ecc754[1].jpg

こういう雪の日は…何となく一日の殆どの時間帯が、こういう写真のようなイメージになってしまうように思う…

今日も雪の時間帯が長いのであろうか?気温は氷点下1℃程度であろう…
posted by Charlie at 08:13| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月06日

稚内全日空ホテル12階からの眺望(2011.12.06)

降ったり、融けたりを繰り返し、何時の間にやら居座るのが雪である…

更に…何時の間にか「そう言えば…今日は0℃を超えていない…」という“真冬日”が日常化してしまう…

何となく周囲が雪で染め尽くされたようになってしまった…

こういう時は…「高い場所からの眺め」が様子を確かめるには好適だ…近所のホテルの12階…「展望室」ということになっていて、市街の眺めを愉しむことも出来る…

今日は少々早めに昼食を切り上げて、一寸市街を眺める時間を設けてみた…上着のポケットにS95…写真も撮った…

6465116097_b969dd1a96[1].jpg

手前の金属の丸い屋根は、温水プールやジムが入っている施設である。真ん中辺りは中央埠頭で、利尻島や礼文島との間を往来するフェリーが停泊中である…

6465112881_901f18e3d0[1].jpg

画面の左側に「稚内港北防波堤ドーム」が見える。雪で覆われているのは“北埠頭”ということになるのだが、この辺りは「北防波堤ドーム公園」と称して整備が進められている…

6465132041_dccac55c00[1].jpg

上記2枚の画とは逆の側だ…手前が広めな駐車場になっていて、丘の側に向かって市街が拡がっている…画面左側には、工事中の稚内駅の様子が一寸入っている…

今日は、概ね氷点下2℃程度だったと思う…画で観て判るように、風浪は穏やかであったが、足下が一部凍っていた…
posted by Charlie at 21:35| Comment(0) | HDR/稚内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月05日

稚内副港市場(わっかないふっこういちば)(2011.12.05)

早朝の、道路上が凍り付いた状態は、午前中で氷が融けて何となく落ち着いたが…午後からは雪が断続し、何時の間にか白い世界が復活している…

こういうような12月…方々でクリスマスの飾り付けが見受けられる…

↓副港市場の中…存外に大きなツリーが飾ってある…
6459182731_73bc1f560b[1].jpg

↓入口も華やかだ…
6459193485_a24e847f6c[1].jpg

↓こんなスノーマンの飾りも在るが…意外に好きだ…
6459189841_065217bcd6[1].jpg

ということで…偶々出掛けた際に、ちゃっかり“屋内”の飾りを撮影していた…戸外のモノ…撮影は少々キツい場合も多い…
posted by Charlie at 21:25| Comment(0) | HDR/稚内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする