2010年12月31日

和歌山城(2010.12.22)

若干、旅(2010.12.16-25)の写真でHDRを創っている…それを御紹介したい…

↓和歌山城である!!
DEC22-Wakayama.jpg

早朝の電車を乗り継ぎ、和歌山に辿り着いた辺りでは雨交じりの曇天であったが、次第に天候が好転し、何か強い印象を与えてくれた和歌山城である。

駅前からの“けや木通”という、大変に気持ちの好い広い道路をゆっくり進むと和歌山城である。古く「虎が伏せたような型」と呼ばれた、やや小高くなった辺りに和歌山城の天守閣が佇み、市街を睥睨している…

和歌山城の天守閣はなかなかに好い!!地域を育んだ川、海、山林が観え、そして市街が広がっている…実に清々しい感じの眺めで愉しかった。

城の辺りは「都心のなかなかに広く豊かな緑地」という様相を呈している。実際、随分と多くの鳶を観掛けて、気になったので管理事務所に照会してみると、29種もの野鳥が確認されているのだとか…

和歌山…失敬ながら、ややマイナーな旅先かもしれないが、そういう場所に何気なく立ち寄って「気に入った!!」と言えるようになるというのも、旅の慶びかもしれない…

↓これからも少々増やすが、2010年12月の旅行で撮影した写真で創ったHDRはこちらに…
wakkanai097 - View my 'Photomatrix - Trip on DEC 2010' set on Flickriver
posted by Charlie at 16:23| Comment(0) | HDR/2010年12月の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

彦根城(2010.12.18)

若干、旅(2010.12.16-25)の写真でHDRを創っている…それを御紹介したい…

↓彦根城である…
DEC18-Hikone.jpg

彦根城は琵琶湖の北東岸に築かれた城である。琵琶湖の水運や、人や物資が往来する街道の交わる要地に築かれた要塞であり、名門譜代大名である井伊家の居城だった…

この城については、天守閣など江戸時代の建築がかなり綺麗に残っており、それも貴重なのだが、私は寧ろ愉しく読んだ時代小説のイメージを求めてここを訪ねた…

>『奸婦にあらず』
>『花の生涯』

幕末期、この井伊家から大老の井伊直弼が登場した訳だが、彼、彼の腹心の部下だった長野主膳、愛人だった時期もあるという村山たかと言った人物達が織り成す上記の物語がなかなか面白い…

井伊直弼と言えば、最近観た映画にも出ているのだが…

>映画『桜田門外ノ変』

こういう、愉しく読んだり観たりの作品に縁の地域に立ち寄ってみる旅も好いものだ…

↓これからも少々増やすが、2010年12月の旅行で撮影した写真で創ったHDRはこちらに…
wakkanai097 - View my 'Photomatrix - Trip on DEC 2010' set on Flickriver
posted by Charlie at 16:11| Comment(0) | HDR/2010年12月の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<ひかりレールスター>(2010.12.21)

12月16〜25日の旅から戻って落ち着いたのだが、また“居候”のために地元稚内を離れた…札幌からの発信となる…

若干、旅の写真でHDRを創っている…それを御紹介したい…

↓新大阪駅の<ひかりレールスター>…
DEC21-HikariRailStar.jpg

御存知の方には当たり前なのだろうが…私にとって驚いたこと…それは<ひかりレールスター>に“喫煙席”が在ったことである!!!今や“絶滅危惧”の“喫煙席”であると想うのだが…岡山から新大阪の極短い乗車ながら、“喫煙席”での旅を、岡山駅の売店でicocaを使って求めた“山田錦”を頂きながら愉しんだのが忘れられない…

↓これからも少々増やすが、2010年12月の旅行で撮影した写真で創ったHDRはこちらに…
wakkanai097 - View my 'Photomatrix - Trip on DEC 2010' set on Flickriver
posted by Charlie at 15:55| Comment(0) | HDR/2010年12月の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月27日

「行き先不詳」だった“南下”から戻った旨…

出掛けていた旨を御報告させて頂いていたが、去る12月25日に戻った…精力的に過ぎる旅行から戻った現在は、言わば“回復期”なのであろう…未だ落ち着かない感じもする…

一つ気付いた…今日、何気なく鏡を覗いた…どうも顔が赤みを帯びている…“日焼け”したようだ…旅の途中では好天の場面も多く、そんな時は元気に戸外を歩き回っていたので、御蔭で日に焼けたのであろう…“夏”でもないのに“日焼け”というのも何か妙だが…

頭の中の「行ってみたい場所リスト」というようなものが無制限に分厚く、結局それらに関する知識を色々と仕入れた上で「風任せ」に歩く時間を過した…そんな中、常時デジカメをぶら下げていて、思い付いたままにシャッターを押していた…結果、「未だに整理出来ない、夥しい量の画像」が在る…

事前に「何処へ行く?」とでも問われれば「実は確定しておらず…」とでも応えるしかない状態だった…そんな「風任せ」だった動きを整理し、既に整理した分の写真リンクを入れ、一寸だけ全体の整理を図りたい…写真はHDR画ではない…普通に撮ったものである…

如何に、日付、行程、写真リンクの順に綴る…尚、行程の中に挙げた地名は一夜を明かしたり、歩き回った場所を記す…

12月16日(木)
稚内―札幌
>札幌(夜景)

12月17日(金)
稚内―新千歳空港―羽田空港―横浜―東静岡―名古屋
>横浜(ランドマークタワー)
>東静岡(ガンダム)
>名古屋(夜景)

12月18日(土)
名古屋―彦根―京都
>彦根(彦根城)
>京都(梅小路蒸気機関車館)

12月19日(日)
京都―児島―高松―松山
>児島(瀬戸大橋)
>瀬戸大橋内部
>高松

12月20日(月)
松山―宮島―下関―博多
>宮島(厳島神社等)
>下関(夕景・夜景)
>博多(夜景)

12月21日(火)
博多―門司港―岡山―新大阪
>門司港
>岡山(路面電車)

12月22日(水)
新大阪―和歌山―堺―大阪―新大阪
>和歌山(和歌山城)
>堺
>阪堺電気軌道

12月23日(木)
新大阪―奈良―関西国際空港―新千歳空港―札幌
>奈良(東大寺)
>関西国際空港

12月24日(金)
札幌―旭川
>旭川(旭山動物園)

12月25日(土)
旭川―稚内

とりあえずこういう按配だ…写真はそのうち追加もする…

結局、航空券、2枚の青春18きっぷ、四国で止むを得ず求めた乗車券と特急券、松山・呉のフェリー、岡山・新大阪のひかりレイルスター、その外若干の地下鉄・私鉄・路面電車の乗車券…そして奈良(法隆寺)・関西国際空港のタクシーという交通費だった…こんなことをして、“JR6社”全ての列車に乗車した…四国や九州の地も踏んだのである…

「次への課題」を残してしまうというのも、或いは「風任せ」なやり方故なのだが、早くも「次回」への期待を抱き始めている…困った性分だ…
posted by Charlie at 22:14| Comment(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月17日

南下中…

現在、「風任せ」に動いていて…この瞬間は「眠れぬ夜」を過ごしている…

>リアルタイムに近い動きはこちら…

>写真リンクを含む、やや詳しい話しがこちら…


ということで…写真はかなり積極的に撮っている…「後からHDR画創りのお愉しみを…」と“ブラケット”も利用しているところである…
posted by Charlie at 04:44| Comment(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月15日

稚内港北防波堤ドーム(2010.12.15)

2010DEC15.jpg

“モノクロ”で何回か撮ったものを利用してみた。面白い試みかもしれない…

↓このモノクロの他、モノクロと見紛うもの等、色々と御覧頂ける…
wakkanai097 - View my 'Photomatrix - DEC 2010' set on Flickriver

この時季の稚内の景色の場合…モノクロの方が「雪の感触」が伝わり易いかもしれない…今日は「低温のサラサラ雪」だ…
posted by Charlie at 23:52| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月13日

稚内港北防波堤ドーム(2010.12.13)

朝の間は前日の雪が吹き飛んでいた感であったが…
2010DEC13.jpg

一日で雪が積もり、そして積もった粒子の細かい雪が風に舞っていた…
2010DEC13 (1).jpg

同じ場所でも、雪や風で無限に変化する…

↓そんな様子を下記で御覧頂ける…
wakkanai097 - View my 'Photomatrix - DEC 2010' set on Flickriver

朝の間はやや風が強く、手持ちで写真を撮ったが、夕方は風が弱かったので三脚を使用した…
posted by Charlie at 21:26| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Generating HDR "Mirage"...

新しいカメラの入手を機会に“HDR”というものを知り、それが「“黒潰れ”や“白飛び”を避ける」というのに止まらず、“作品創り”の手法になっていることに気付くに至った。そして“YoHDR!”というサービスに出くわした…

>詳しい経過はこちらに…

そうこうしている間に…手軽なソフトを入手して、もっと積極的に“HDR”の画を創ってみたくなり…入手に至ってしまった…

↓こちらのサイトが非常に参考になった…
>HDR Works : HDR画像作品と作成時の試行錯誤を紹介します。

上述サイトで紹介している“Photomatrix”というソフトを入手した。

Download HDR photo software Photomatix
>HDRソフト社の“Photomatrix”をダウンロード出来るページ


「普通・暗・明」の3枚組みをソフトに読み込ませると、HDR画像が生成される…その際に“Generating HDR image...”という表示が出て来る。「HDRイメージ生成中」ということだが…“imege”が“mirage”に見えてしまった…

“mirage”…蜃気楼のことである。HDRというものは、画像データや人の「視た印象の記憶」というようなものの中から湧き上がる蜃気楼のようなものなのかもしれない…

ということで“Mirage - HDR”というブログのタイトルを思いつき、それを早速開設してしまった…

「広くブログに親しんで頂く」という意味では若干“邪道”かもしれないが、「見た感じのクールさ…」に惹かれて“< Мираж > - высокий динамический диапазон”等とロシア語の題名を関してしまった…しかし、もしブログを気に入って頂けたのであれば、「蜃気楼―HDR」とか「ミラージュ―HDR」と記憶して頂ければ幸いである。

このブログは「展示館入口ロビーのカフェ」というような位置付けと考えている。創ったHDRは他の写真と共にFlickrに“wakkanai097”というHNでどんどん出しているのだが、あちらは「世界中対応」ということで、専ら英語で標題を付けて画をどんどん出すだけにしてあるので、こちらに「殊に気に入った何点か」を出す型にしてみた。また、HDR画創りを愉しむ皆さんとの交流の場にでもなればと思っている。

現在、私が住む稚内は「写真撮影には不向き」な状態になっているが…それはそれで、これからも色々と愉しんでみたいものである…
posted by Charlie at 06:33| Comment(0) | アバウト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月12日

稚内港北防波堤ドーム(2010.12.12)

いきなり雪になり、氷点下5℃以下で、粒子の細かい雪が宙を舞う“地吹雪”さえ見受けられる稚内である…

戸外に出た際に手にしていた“S95”…「プログラムAEで“AEB”(ブラケット)」という設定になっていた…そそくさとケースから出して「酷い雪に見舞われている様子」の写真を一寸撮っておこうと思ったのだが、そういう設定だったことに気付き…「手持ちで連写」ということに…

雪の粒子を着衣に吹き付けられて真っ白になって帰宅後、撮った写真を…悪くない按配のブラケット(3枚組)が手元に…

↓HDR画を創ってみた…
2010DEC12.jpg

普通にカラーで…色味設定は“ポジフィルム風”ということになっているのだが…一見して“モノクロ”のような感じである。降っているのか、強風に乗って宙に舞っているのか、何となく判然としない雪の粒子が、暗色のコンクリートの上に浮かんでいる感じがする…信号の赤ランプが、控え目に“カラー写真”であることを主張している…

“ドーム”は、冬の厳しさを踏まえてデザインされた施設だけに、冬が似合う被写体だ…

↓この他、最近手掛けているものは下記で御覧頂ける…
wakkanai097 - View my 'Photomatrix - DEC 2010' set on Flickriver
posted by Charlie at 11:24| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月11日

撮影地:稚内港北防波堤ドーム

拙宅近隣の最も気に入っている風景が「稚内港北防波堤ドームの在る風景」ということになる。

「気に入っている」に関して、理由が在る場合も在るが、理由がハッキリしない場合も在る。「稚内港北防波堤ドームの在る風景」が気に入っている事に関しては、後者の「理由がハッキリしない」という要素が大きいように思える。

“稚内港北防波堤ドーム”とは何か?

創建当初、この施設は「稚内港屋蓋式防波堤」と呼ばれたようだ。港の施設なのである。

稚内港は1905年に日本領ということになった樺太との連絡港として注目され、1920年代から整備が本格化した。当時は、現在の北埠頭に相当する地区が稚内港であった。

1920年代に入り、天北線(現在は廃止…)、宗谷線と鉄道が稚内に到達し、1923年には稚内・大泊(現在のコルサコフ)航路、1924年には稚内・本斗(現在のネベリスク)航路と樺太への定期航路も運航が始まった。

現在“ドーム”が在る辺りで貨物や旅客を船に載せようとしていた訳だが、冬季の風浪が激しく、貨物や旅客の輸送に際してはなかなか大変であった。当時は殊に「貨物輸送」と言えば鉄道であったが、埠頭に線路を引き込んでも高浪が埠頭に被って線路も傷んでしまうような状況が危惧された。またそのような場所で旅客が移動するのも危険である…そして、埠頭の位置は当時の稚内駅から1.5km程度とやや距離が在る―現在の稚内駅と現在の南稚内駅の中間辺りだった…―ため、「埠頭まで安全に鉄道を敷設したい」という考え方も在った。

ということで、「それでは屋根を…」と「稚内港屋蓋式防波堤」が設計され、1931年から約5年間に亘る工事を経て完成した。

これが“ドーム”として今日知られている施設の誕生なのだが、あのドームの屋根の下は列車のプラットホームになっていて、柱の前に線路が在って列車が発着していたのである。そして「稚内港駅」と旅客連絡橋も設けられ、樺太への船に連絡していた。

1945年に樺太への航路が途絶え、「稚内港駅」も廃止になり、“ドーム”は資材置場のような状況であった。建設時のコンクリート建築の技術では、海の砂を使用した関係で、1970年代には傷みも目立ち始めた…そして、線路を完全に撤去して北埠頭周辺を整備する際に再建を行った…1990から2000年代には耐震補強工事も施されている…

この“ドーム”は全長が427mで、太い円柱は70本で“屋根”を支えている。冬の高浪が酷い場合…この“ドーム”の屋根のかなり上の辺りまで浪が被って、飛沫が屋根を越える場合も在ったようだ…近年は「飛沫が屋根を越える」次元の高浪は聞かないが…

現在、この“ドーム”が在る北埠頭辺りは“緑地”として整備が進められている。数年の間に多少様子も変わることであろう…

この“ドーム”に関しては、以前から親しんでいるのだが…なかなか魅力的な被写体で、新しいカメラを入手してからというもの、散策に出て撮影という機会が増えている…

↓この“ドーム”を含む、2010年12月撮影の画を利用したHDR画像はこちらで御覧頂ける…
wakkanai097 - View my 'Photomatrix - DEC 2010' set on Flickriver

例えば札幌で“ドーム”と言えば「ファイターズの本拠地になっているスタジアム」であろうし、他所でも東京ドーム、ナゴヤドーム、大阪ドーム、福岡ドームとスタジアムが思い浮かぶケースが多いと思うが…「稚内では」、“ドーム”と言えば“稚内港北防波堤ドーム”である!!さもなければ…日本海側にある温泉の“童夢”(ドーム)であろう…
posted by Charlie at 18:16| Comment(0) | 撮影地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

稚内港北防波堤ドーム(2010.12.11)

今日は“対岸”からこれを眺めた…

2010DEC11 (2).jpg

やや長めの露光なので、海水が面白い様子になったが、曇天で光線はフラットだ…

↓この画の他、順次追加中のものも御覧頂ける…
wakkanai097 - View my 'Photomatrix - DEC 2010' set on Flickriver
posted by Charlie at 12:12| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

稚内港フェリーターミナル(2010.12.11)

休日なので、朝は少しゆっくりめに散策を愉しんだ…

2010DEC11 (1).jpg

朝のフェリーが出航する辺りの時間帯は、未だ夜のような感じだ…

2010DEC11.jpg

“3,500トン級”という礼文島や利尻島に向かうフェリーも、近くで視るとなかなかに迫力が在る…

↓これらの他、順次追加中の画をこちらで御覧頂ける…
wakkanai097 - View my 'Photomatrix - DEC 2010' set on Flickriver
posted by Charlie at 12:09| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月10日

稚内港北防波堤ドーム(2010.12.10)

暫くぶりに、東の空が若干明るかった今朝の稚内…

2010DEC10 (1).jpg

“蒼”や“暁色”が入り、なかなかに好い空の色になった…

2010DEC10.jpg

何時も繋留している海上保安部の巡視船も、こうしてHDR画像の中で視るとなかなかに趣が在る…

2010DEC10 (2).jpg

垂れ込める雲の間に覗く空を背後に佇む北防波堤ドーム…この場所“らしい”感じかもしれない…

↓下記でこれらの画を御覧頂ける…画は今後も順次追加予定…
wakkanai097 - View my 'Photomatrix - DEC 2010' set on Flickriver
posted by Charlie at 19:24| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

稚内港北防波堤ドーム(2010.12.07)

2010DEC07.jpg

これもとりあえず試行した画だが、なかなか気に入っている…

↓下記の画は順次追加予定…
wakkanai097 - View my 'Photomatrix - DEC 2010' set on Flickriver
posted by Charlie at 05:35| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月09日

稚内港北防波堤ドーム(2010.12.09)

2010DEC09A (1).jpg

これもとりあえず試行した画だ…

↓下記の画は順次追加予定…
wakkanai097 - View my 'Photomatrix - DEC 2010' set on Flickriver
posted by Charlie at 19:19| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

稚内港北防波堤ドーム(2010.12.08)

2010DEC09A.jpg

とりあえず、入手したPhotomatrixで試作したものの一つである…

↓12月のHDR画像はこちらに…
wakkanai097 - View my 'Photomatrix - DEC 2010' set on Flickriver
posted by Charlie at 19:14| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする